安岡康弥 の検索結果: 1 件

厚紙模型製作の安岡さんについて

576PX-~1.PNG

厚紙模型製作の安岡さんについて

関連記事

半年かけ8駅完成 (上) JR石北本線・2000年以降廃止の駅舎 / 北見・男性(44) 150分の1スケールで細部も再現「他線の廃駅も作れたら」 / 北見市内の男性(44)が、2000年以降に廃止されたJR石北本線の駅舎8駅すべての模型を約半年かけて完成させた。「とうとう終わったという感じ。根気はいりましたが、楽しかったです」と笑顔をみせる。模型は150分の1の大きさ。現存している駅舎は実際に訪れ、すでに取り壊されている駅舎は雑誌やDVDといった資料を参考に、昨年8月から厚紙やプラバンなどを使用して制作した。中には電灯を付けたり、室内のポスターなど細かいところまで再現している駅舎もある。「最後の金華駅を作っている時はついに最後か、と思いました。長いようで早かった。他の廃駅も作ってみたいですね」と話している。(菊) / 掲載画像 / 天幕駅:この駅はもう取り壊されているので、友人の撮った写真や雑誌、DVDなどを参考にしました。自分の想像も加わっています。(上川管内上川町) / 中越駅:建物が残っていたので、昨年3月に実際に見に行って作りました。外装の細かいディテールが再現できていると思います。(上川管内上川町) / 奥白滝駅:外部がほとんど変わってしまっていたので、DVDを見て作りました。かつて桜が咲いている写真を見たことがあったので、本来はこの場所ではなかったと思いますが、駅舎の近くに桜を植えました。 / 上白滝駅:廃止が決まってすぐに行くことができたので、室内も詳しく作ることができました。地元の人が手入れをしていた花畑も作りました。実はトイレに人が入っています。(2018年4月13日の記事 経済の伝書鳩

半年かけ8駅完成 (下) JR石北本線・2000年以降廃止の駅舎 / 北見・男性 / 旧白滝駅:簡単な待合室だけの駅。唯一この駅を使っていた女子高生の卒業を待っての廃止だったので、始発列車を待つ女子高生というシチュエーションにしました。下白滝駅:実際に行って写真を撮ったりメジャーで図ったりしていたので、細かく作ることができました。実物にほぼ近い感じで作れたと思います。駅前に牧場があったので、牛と犬も入れました。栄野駅:瀬戸瀬と遠軽の間にあって2016年に廃駅になりました。手元に資料がなかったので、DVDを参考に、少し想像を加えて作りました。新栄野駅:瀬戸瀬と遠軽の間にあって2016年に廃駅になりました。手元に資料がなかったので、DVDを参考に、少し想像を加えて作りました。金華駅:室内に明かりがつきます。駅の壁に設置された常紋トンネル工事殉職者追悼碑の看板にも明かりをつけました。(2018年4月19日の記事経済の伝書鳩

鉄道駅(てつどうえき、仏: gare ferroviaire、英: railway station、米: train station)は、鉄道を構成する施設の一つで、列車への旅客の乗降、貨物の積降に使用する場所。構造・配置 / 鉄道駅は駅舎とプラットホーム、線路などから構成される。一方、小規模な駅にはプラットホームと線路だけで構成され、駅舎を持たないものもある。(鉄道駅 – Wikipedia

石北本線(せきほくほんせん)は、北海道旭川市の新旭川駅から北見市の北見駅を経て、網走市の網走駅を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線(地方交通線)である。(石北本線 – Wikipedia

天幕駅(てんまくえき)は、北海道上川郡上川町字天幕鉄道用地に存在した北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の鉄道駅である。周辺が無人地帯となり、利用客が皆無となったため、2001年(平成13年)7月1日に廃止された。電報略号はテマ。駅名の由来 / 石北本線を敷設するための調査を行っていた鉄道建設部長の田辺朔郎(琵琶湖疏水を設計した技術者)が、この付近で寝食の世話をしてもらった天幕三次郎という人物に感謝の意を込めてこの駅名をつけたといわれている。(天幕駅 – Wikipedia

中越信号場(なかこししんごうじょう)は、北海道上川郡上川町字中越にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場である。電報略号はナコ。かつては駅として設置されたが、現在は信号場として運用される。構造 / 3線あり列車交換が可能。かつては中越駅として営業していたが、付近の住民がすべていなくなったため、2001年(平成13年)7月1日に廃駅となり、信号場となった。(中越信号場 – Wikipedia

奥白滝信号場(おくしらたきしんごうじょう)は、北海道紋別郡遠軽町奥白滝にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場である。電報略号はオク。2001年までは駅であった。(奥白滝信号場 – Wikipedia

上白滝駅(かみしらたきえき)は、かつて北海道紋別郡遠軽町上白滝にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅 (廃駅) 。駅番号はA44であった。電報略号はカラ。駅構造 / 相対式ホーム2面2線だったが、合理化により棒線化され、廃止時は単式ホーム1面1線の地上駅であった。遠軽駅管理の無人駅。北海道で一番古い[要出典]木造駅舎が存在した。別棟に木造のトイレもあった。(上白滝駅 – Wikipedia

旧白滝駅(きゅうしらたきえき)は、かつて北海道紋別郡遠軽町旧白滝にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅 (廃駅) 。駅番号はA46であった。JR各社の駅において「旧」という文字が最初に置かれている唯一の駅でもあった。(旧白滝駅 – Wikipedia

下白滝信号場(しもしらたきしんごうじょう)は、北海道紋別郡遠軽町下白滝にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場である。かつては駅であったが、2016年(平成28年)3月26日に旅客営業を廃止し、信号場となった。駅番号はA47であった。電報略号はモキ。(◄下白滝信号場 – Wikipedia

新栄野駅(しんさかえのえき)は、北海道紋別郡遠軽町栄野にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅。利用者僅少に伴い2006年(平成18年)3月18日に廃駅となった。廃止時の駅構造 / 板張りの単式ホーム1面1線をもつ地上駅だった。駅舎はなく、荒れた待合室のみがある無人駅で、いわゆる秘境駅の1つに数えられていた。(新栄野駅 – Wikipedia

金華信号場(かねはなしんごうじょう)は、北海道北見市留辺蘂町金華にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場。かつては駅であったが、2016年(平成28年)3月26日に旅客営業を廃止し、信号場となった。駅番号はA54であった。電報略号はカネ。(金華信号場 – Wikipedia

北見市内のSLが春の“お目覚め” 重い保護シートはずされ、勇壮な姿を現す / 連休明けには艶出し塗装 夏休みには運転台公開も / 北見市栄町のSL広場と南仲町の三治公園に展示されているSL車両の保護シートがはずされ「デゴイチ」の愛称で親しまれたD51型式蒸気機関車などが長い冬ごもりからお目覚めした。SL広場にはD51型式とC58型式の蒸気機関車など3両、三治公園にはD50型式蒸気機関車1両が展示され、いずれも市教委が管理している。これらのSLは大正から昭和初期にかけて製造され、昭和50年代まで北見地方や道内各地の路線で乗客や貨物を運んだ。この日は市教委から委託された北見市シルバー人材センターの会員数人が作業。手際よく保護シートをはずすと、黒々とした勇壮な車両が姿を現した。GW連休明けには清掃と車両の艶出し塗装を行う予定。夏休みには運転台を開放する体験会が開かれる。(柏)(2018年4月21日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

芽室駅の厚紙模型製作 帯広出身の安岡さん【芽室】 | 北海道ニュースリンク

関連エントリ

安岡康弥 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る