子ども食堂 の検索結果: 4 件

美幌こども食堂のニュース (北海道美幌町)

800px-Nabeyaki_udon.jpg

美幌こども食堂のニュース (北海道美幌町)

関連記事

美幌こども食堂が千人突破 2019/02/06掲載(美幌町/社会) 20回目で / 登録者は308人、今も増加中 3月に3つ目の拠点開設も計画 ボランティアも随時募集中 / 子どもに無料で食事を提供する「美幌こども食堂」が1月29日、昨年8月のスタートから20回目を迎えた。登録者は308人を数え、利用者も29日で合計千人を超えた。今年3月には3つ目の拠点も開設する計画。代表(43)は「皆さんに支えられて20回目を迎えられた」と感謝する。 美幌こども食堂は、子どもに加え保護者や地域住民など誰でも利用できるのが特徴。子ども達を栄養面で支えることに加え、異世代が食卓を囲む交流の場にもなっている。 現在は美幌小学校区の地域用水広報館(元町)、旭小学校区の青稲地区ふれあい会館(稲美)の2カ所で、月2回(火曜日)のペースで開設。東陽小学校区の旧喫茶店(栄町)を改装中で、3月中には3カ所目を開設する考え。 農業を営む代表が生産する野菜をはじめ食材はできる限り地産地消にこだわり、カレーライスやシチュー、豚汁などのメニューを高校生以下は無料、18歳以上200円で提供している。 食材の準備やアレルギーを把握する観点から、利用は登録制にしており、毎回5人前後が新規に登録するなど増え続けている。1回当たりの利用者は51.6人。 利用者が増える半面、運営は厳しさも抱える。有志からの寄付金や、提供される食材を役立てているものの「毎回“赤字”」(代表)。調理などのボランティアも随時、募集している。 代表は「誰もが利用できることで、孤食や貧困など特別な事情を抱えた人も特定されないメリットがある。今後もおいしい食事の場を提供したい」と話している。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連動画

関連サイト

美幌こども食堂 プロジェクト

関連エントリ

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌こども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市内の 子ども支援食堂 (北の大地)

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道北見市内の 子ども支援食堂 (北の大地)

関連記事

「子ども支援食堂」オープン 北見市幸町に / 安心して楽しく過ごせる / 小中学生を主な対象にした子ども食堂が北見市幸町1の「お食事処てんてこまい」(幸ビル2階)にオープンした。未就学の妹、弟や高校生の姉、兄も利用ができる。安心して楽しく過ごせる子ども達の新しい居場所になりそうだ。子ども食堂の名称は「子ども支援食堂」。社会福祉法人・北の大地が地域貢献活動の一環として開店した。月曜と金曜の週2回、いずれも午後5時半から6時半まで営業する。食事の代金は1食100円。同法人では「まず、子ども達の居場所をつくり、将来的には開店時間や学習支援など、子どものニーズに合わせて検討したい」と、従来の子ども食堂にとらわれず、地域に合った居場所づくりを目指す。問い合わせは、同法人(TEL 0157-23-1867)へ。 (2018年8月20日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

社会福祉法人 北の大地ホームページ

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

支援食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市内の 高齢者・こども地域食堂 (きたほっと)

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道北見市内の 高齢者・こども地域食堂 (きたほっと)

関連記事

対象に子ども加えリニューアル 北見市新生町の地域食堂「きたほっと」 / ボランティアの運営により毎月2回、高齢者に格安でランチを提供する北見市新生町の地域食堂「きたほっと」が、利用対象に子どもを加えリニューアルオープンした。新名称は「高齢者・こども地域食堂きたほっと」。営業は従来通り第2土曜と第4火曜の午前10時~午後1時で、広く利用を呼び掛ける。従来通り高齢者も格安ランチ…交流の場にも 営業時間は変わらず、広く利用呼び掛け / きたほっとは、お年寄りやその家族の相談を受け専門機関につなぐ組織「北見高齢者110番の家」の拠点施設として、2012年3月にオープンした。誰でも気軽に立ち寄れることをコンセプトに毎月2回、ボランティアの運営によりランチを200円程度で提供。食事や会話を楽しみながら、困り事や心配事を打ち明けられる場となっている。これまで子ども連れの家族の利用があったが、孤食でさびしい思いをしている子どもも利用できる場にしたいと利用対象の拡大を明確にし、リニューアルした。北見高齢者110番の家は4月、認知症による徘徊(はいかい)などの行方不明者を捜索する組織「行方不明から安全に戻れる事を願う会」と合併。新組織「北見高齢者・こども110番の家」(中崎孝俊会長)となっており、きたほっとを行方不明者の捜索拠点としても活用する。リニューアル後、初の営業となった11日にオープニングセレモニーが行われた(写真)。福祉関係者や地域住民ら約50人が出席し、中崎会長が「子どもと高齢者が生き生き活動する場所になるよう、ご支援、ご協力をお願いします」と呼び掛けた。きたほっとの問い合わせは、デイサービスエーデルワイス5号館(TEL 0157-33-5671)へ。 (匡) (2018年8月20日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

高齢者・こども地域食堂 きたほっとホームページ

北見高齢者・こども110番の家 きたほっとホームページ

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

きたほっと の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

地域食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走郡美幌町内の 美幌こども食堂

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道網走郡美幌町内の 美幌こども食堂

関連記事

21日から「美幌こども食堂」 わいわい楽しく食事を 当面2カ所、月2回ずつ開設 / 子ども達に無料で食事を提供する「美幌こども食堂」が、美幌町内に開設される。子どもに限らず誰でも利用できるのが大きな特徴。町内で農業を営む代表の大屋充さん(43)は「子ども達を中心に、みんなでわいわい楽しく食事ができる場に」と、気軽な参加を呼び掛けている。町民だれでも利用可能 地域の輪づくり”ひと役 / 美幌こども食堂の狙いは、子ども達を栄養面でサポートすることに加え、誰もが利用できるようにすることで異世代交流や見守りなど子どもを中心にしたコミュニティづくり。大屋さん自身東陽小学校PTA役員でもあり「活動を通じて孤食や欠食など子ども達の食事事情を耳にした。少しでも力になれたら」と、学校の夏休み明けのスタートを目指し、準備を進めてきた。野菜は大屋さん自らが用意するほか、農業の仲間が無償で提供。開設の話を聞いた知人らから米や缶詰などの食材や寄付金も寄せられた。町内3つの小学校各校区での開設を目指すが、当面は旭小校区の青稲地区ふれあい会館(稲美)、美幌小校区の地域用水広報館(元町)の2カ所で、それぞれ月2回、午後5~7時に開設する。メニューは管理栄養士と相談して決定。8月はカレーライスを提供する予定という。大屋さんは「地産地消の安心できるメニューを提供したい。将来的には開設回数を週1回まで増やし、ゲームなど食事プラスアルファの部分も考えたい」と話している。利用料は一般200円で、高校生以下は無料。食物アレルギーの有無の把握などのため、登録が必要。9月までの開設日は次の通り。▽青稲地区ふれあい会館=8月21日、9月11日、18日 ▽地域用水広報館=8月23日、9月13日、20日 (浩) (8月18日の記事 経済の伝書鳩)

「美幌こども食堂」スタート 異世代和やかに食卓囲み / 子ども達に無料で夕食を提供する「美幌こども食堂」が21日、青稲地区ふれあい会館で初めて開かれた。子どもからお年寄りまで30人以上が訪れ、食卓を囲んでカレーライスに舌つづみを打った。子ども達を栄養面で支え、異世代交流の場を設けたいと、町内で農業を営む大屋充さん(43)が中心になって立ち上げた。高校生以下は無料、18歳以上は200円で夕食を提供する。初回は小中高生や親子連れを中心に5歳から88歳まで幅広い年齢層が訪れた。食卓を囲んで“来店客”同士の会話も生まれるなど、それぞれ和やかに食事を楽しんだ。町内から5歳の娘と訪れた女性(37)は「おいしい。さまざまな方と食事を楽しめるのがいい」と話した。大屋さんは「次回の予約も入り、思った以上のスタート。ふれあいの場として互いの見守りにつなげていきたい」と話している。9月は11、18日に青稲地区ふれあい会館、13、20日に地域用水広報館で開設。時間いずれもは午後5~7時。(浩) (2018年8月24日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌こども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る