天皇家 の検索結果: 83 件

日本のピロリ菌学者、浅香正博。(美幌小学校、同期の卒業生)

bi_bo.jpg

日本のピロリ菌学者、浅香正博。(美幌小学校、同期の卒業生)

日本のピロリ菌学者、浅香正博。(美幌小学校、同期の卒業生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2月23日、日本の皇太子の誕生日

Naruhito19610204.jpg

日本の皇太子の誕生日
(2月23日)

2月23日、日本の皇太子の誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月23日、日本の天皇誕生日

270px-Empress_Kojun_and_Prince_Akihito.jpg

270px-Crown_Prince_Akihito_1938-10.jpg

天皇誕生日 (日本)
The Emperor’s Birthday (Japan)

明仁(あきひと、1933年(昭和8年)12月23日 – )は、日本の第125代天皇である。平成時代においては「在位中の天皇」を意味する今上天皇とも呼ばれる。 昭和天皇の第一皇男子。母は香淳皇后。御称号は継宮(つぐのみや)。お印は榮(えい、桐の別名)。勲等は大勲位。 皇子女: 皇后美智子との間に3子がいる。 浩宮徳仁親王(ひろのみや なるひと、1960年(昭和35年) – ) – 皇太子。 礼宮文仁親王(あやのみや ふみひと、1965年(昭和40年) – ) – 秋篠宮。 紀宮清子内親王(のりのみや さやこ、1969年(昭和44年) – ) – 黒田慶樹夫人。(wiki/明仁

発言
「皇位継承の制度にかかわることについては、国会の論議にゆだねるべきであると思いますが、将来の皇室の在り方については、皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います。2人は長年私と共に過ごしており、私を支えてくれました。天皇の在り方についても十分考えを深めてきていることと期待しています。」 (即位20年に際する記者会見にて)

12月23日、日本の天皇誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

8月17日、NHKスペシャル「緒方貞子」放送

754px-Sadako_Ogata.jpg

398px-UNHCR_DADAAB_REGION_KENYA_AFRICA_DOD_2006.JPEG

緒方貞子
緒方 貞子(おがた さだこ、绪方贞子、Sadako Ogata、1927年9月16日 – )は、日本の国際政治学者。学位は、博士(政治学、カリフォルニア大学バークレー校)。 経歴(公的活動): 国連公使、国際連合児童基金執行理事会議長、国連人権委員会日本政府代表、第8代国連難民高等弁務官(1990-2000年)他を務める。2001年からアフガニスタン支援政府特別代表、2003年から国際協力機構(JICA)理事長。天皇家からの信頼も厚い。 家族: 曽祖父は元内閣総理大臣の犬養毅で、祖父は外交官で犬養内閣外相の芳沢謙吉。 テレビ出演: NHKスペシャル「緒方貞子 戦争が終わらない この世界で」(2013年8月17日、NHK)
http://ja.wikipedia.org/wiki/緒方貞子

8月17日、NHKスペシャル「緒方貞子」放送 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本ボーイスカウト(北海道) 北見第2団発団50周年

196px-Scout_Association_of_Japan_svg.png


ボーイスカウトソング 「永遠のスカウト」 – YouTube

スカウトのちかいとおきて
日本ボーイスカウト(北海道) 北見第2団発団50周年 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

World Thinking Day 2013 (2月22日、ワールドシンキングデイ)

WikiProject_Scouting_fleur-de-lis_dark.svg.png

414px-Olave_Baden-Powell_2.jpg

Baden-Powell_family_1917.jpg

515px-Baden-Powell_ggbain-39190_cropped.png

800px-Christliche_Pfadfinder.jpg

2月22日
世界友情の日(国際友愛の日、ワールドシンキングデイ、World Thinking Day)
ボーイスカウト世界会議にて1963年に制定、1965年から実施。ボーイスカウトの創立者ロバート・ベーデン=パウエルと妻オレブの誕生日を記念。(Wikipedia

オレブ・ベーデン=パウエル
オレブ・ベーデン=パウエル(Olave St Clair Baden-Powell, Baroness Baden-Powell、1889年2月22日 – 1977年6月19日)は、イギリスのボーイスカウトの創始者であるロバート・ベーデン・パウエルの妻、愛称はレディB-P。オレブ・サンクレア・ソームズとしてイギリスのチェスターフィールドで生まれた。ガールスカウト創設時に貢献した一人である。(Wikipedia

ロバート・ベーデン=パウエル
ロバート・スティーヴンソン・スミス・ベーデン=パウエル(Robert Stephenson Smyth Baden-Powell, 1st Baron Baden-Powel of Gilwell、1857年2月22日 – 1941年1月8日)はイギリスの軍人、作家で、スカウト運動(ボーイスカウト)の創立者。初代ベーデン=パウエル・オブ・ギルウェル男爵。 ベーデン=パウエル卿(Lord Baden-Powell)と呼ばれることも多く、またB-Pの愛称でも知られる。(Wikipedia

World Thinking Day 2013 (2月22日、ワールドシンキングデイ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて

Tomohito.jpg

800px-Hibiscus_Syriacus.jpg

Prince Tomohito of Mikasa
寛仁親王(ともひとしんのう、1946年(昭和21年)1月5日 – 2012年(平成24年)6月6日)は、日本の皇族。三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第一男子。今上天皇の従弟、麻生太郎元内閣総理大臣の義弟にあたる。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。 髭をたくわえた容貌から、「ヒゲの殿下」の愛称で国民に親しまれた。(Wikipedia

墓所百日祭の儀 のニュースブログ(Google 検索)
寬仁親王殿下 のニュースブログ(Google 検索)

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて の全文を読む

このページの先頭へ戻る

e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)1月1日号

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)1月1日号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

カナダ についてのニュースブログ記事(Google)
トロント についてのニュースブログ記事(Google)

e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)1月1日号 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日(12月23日)、天皇陛下誕生日(国民の祝日)

220px-AkihitoTallinnas.jpg

今日(12月23日)は、日本の天皇明仁陛下(78)誕生日を記念する国民の祝日。

天皇誕生日 についてのニュースブログ記事(Google)
国民の祝日 についてのニュースブログ記事(Google)

今日(12月23日)、天皇陛下誕生日(国民の祝日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日(10月23日)は眞子さまの誕生日(20歳)

img_history40_04.jpg

800PX-~3_2.JPG

眞子内親王(Princess Mako of Akishino、1991年10月23日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王(Fumihito)と同妃紀子(Kiko)の第一女子。今上天皇(Akihito)の孫にあたる。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。お印は木香茨(もっこうばら)。妹に佳子内親王(Kako)、弟に悠仁親王(Hisahito)がいる。(Wikipedia

眞子さまについてのニュースブログ記事 (Google)

写真: 美幌町の鈴蘭(すずらん)、眞子内親王お印の木香茨(もっこうばら)

※ 1992年(平成4年)夏、日中友好音楽会御案内で日本教育ギター連盟国際部長(美幌音楽人 加藤雅夫)が秋篠宮邸(旧邸)訪問。この年の10月23日、天皇・皇后両陛下が歴代天皇で初めて中国を訪問。

※ 1999年(平成11年)初夏、美幌のススラン(50苗)持参して秋篠宮邸(新邸宅)再訪。2006年(平成18年)初夏、秋篠宮殿下御来道。(三顧の礼を尽くす)

音楽動画: 「茉莉花 Jasmine」(10月23日の誕生花) 江蘇民謡 童麗演唱 (gu7196

※ 茉莉花(マツリカ、Mo Li Hua)は中国の民謡の一つ。茉莉花の曲は、江戸時代以来、日本でも歌われてきた。

関連記事:

眞子内親王殿下の記者会見 – 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/activity03-h23.html

眞子内親王殿下ご成年に際してのご近影 – 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/activity03-h23-ph.html

今日(10月23日)は眞子さまの誕生日(20歳) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る