大空町図書館 の検索結果: 6 件

北海道 大空町の「女満別文芸」と「東藻琴文芸」について

04jagaimo.jpg

北海道 大空町の「女満別文芸」と「東藻琴文芸」について

関連記事

女満別・東藻琴文芸11号発刊 大空町の両図書館が創作広場の参加を歓迎 / 大空町図書館の文芸創作広場参加者の作品を収めた「女満別文芸」と「東藻琴文芸」の第11号がこのほど、発刊された。女満別文芸は7人が26編、東藻琴文芸は8人が32編を寄稿。ともに日常のできごとや思い出などを題材にしたエッセーが多い。A5判で女満別文芸は95ページ、東藻琴文芸は104ページ。1部300円。図書館(女満別TEL 0152-74-4650、東藻琴TEL 0152-66-2010)で扱っている。両図書館では5月から30年度の文芸創作広場が始まっている。途中からの参加も歓迎している。(浩)(2018年5月21日の記事 経済の伝書鳩

女満別町(めまんべつちょう)は、北海道網走支庁管内の網走郡に属した町。女満別空港の所在地として知られる。町名の由来はアイヌ語の「メマンペッ」(泉池がある川)。2006年3月31日、東藻琴村と合併し、大空町となった。(女満別町 – Wikipedia

東藻琴村(ひがしもことむら)は、かつて北海道網走支庁管内の網走郡にあった村。 2006年3月31日、女満別町と合併し、大空町となった。村名の由来は、アイヌ語「モコト」または「モムト」(眠っている沼)から。(東藻琴村 – Wikipedia

関連サイト

東藻琴図書館 | 大空町ホームページ

女満別図書館 | 大空町ホームページ

北海道 大空町図書館ホームページ

関連エントリ

女満別文芸 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

東藻琴文芸 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

大空町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

網走郡のニュース。美幌町。津別町。大空町。

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


網走郡のニュース

美幌町 に関するブログ記事ニュースの検索結果
津別町 に関するブログ記事ニュースの検索結果
大空町 に関するブログ記事ニュースの検索結果

網走郡のニュース。美幌町。津別町。大空町。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道 大空町の図書館(女満別図書館、東藻琴図書館)

Hokkaido_Memanbetsu-town.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

800px-Marchen-no-oka01bs10.jpg

 

女満別図書館 のニュースブログ(Google 検索) 

東藻琴図書館 のニュースブログ(Google 検索) 

図書館 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道 大空町の図書館(女満別図書館、東藻琴図書館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第51回北海道人形劇フェスティバルin大空町

04jagaimo.jpg

shisetu007.jpg

800PX-~1_2.JPG

「第51回北海道人形劇フェスティバルin大空町」開催のお知らせ: 9月17日(金)~9月19日(日) 道内外から多数の人形劇団が集います。子どもから大人まで楽しめるステージです。ぜひご覧ください。

PDF: 「北海道人形劇フェスティバルin大空町」開催のおしらせ – in 大空

主催:「第51回北海道人形劇フェスティバルin大空町」実行委員会
共催:女満別青少年育成事業協会 / NPO法人北海道人形劇協会

写真: ジャガイモの花と大空町図書館大空町ホームページ
北海道 大空町の移動図書館メルヘン号

第51回北海道人形劇フェスティバルin大空町 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Hokkaido Heritage “Pearson Memorial House” (Kitami) ②

isanlogo.jpg

Pierson_museum.jpg

ピアソン記念館(北海道遺産、Pearson Memorial House)
 ピアソン記念館は、北見の創成期の精神・文化などに大きな役割を果たしたアメリカ人宣教師ピアソン夫妻の私邸を、記念館として復元したものである。この私邸は、ピアソン夫妻が15年間にわたって生活した木造2階建の西洋館で、建築技師のウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計により建設された。この記念館は、ピアソン夫妻の功績を広く知らせるだけではなく、ヴォーリズが設計した日本最北の建築物を保存するという機能をもっている。 (Wikipedia

Hokkaido Heritage “Pearson Memorial House” (Kitami) ② の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道遺産「ピアソン記念館」(北見市)③

isanlog.jpg

Pierson_museum.jpg

北見市民劇場(ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク 2010)、松岡義和(北見ピアソン会理事長)について。

北海道遺産「ピアソン記念館」(北見市)③ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る