大晦日 の検索結果: 19 件

2019 宇宙から 地球の除夜の鐘

2019 宇宙から 地球の除夜の鐘

関連記事

除夜の鐘 日本仏教にて年末年始に行われる年中行事の一つ / 除夜の鐘(じょやのかね)は、日本仏教にて年末年始に行われる年中行事の一つ。12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、寺院の梵鐘を撞(つ)くことである。除夜の鐘は多くの寺で108回撞かれる。 (除夜の鐘 – Wikipedia)

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アンデルセン童話 マッチ売りの少女 (クリスマス・イヴ)

450px-Little_Match_Girl_-_Anne_Anderson.jpg

HCA_by_Thora_Hallager_1869.jpg

アンデルセン童話 マッチ売りの少女 (クリスマス・イヴ)

関連記事

マッチ売りの少女(マッチうりのしょうじょ、Den lille Pige med Svovlstikkerne、The little match girl)は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ。彼の5番目の作品として1848年に発表された。アンデルセンは、経済的に全く恵まれない少女時代を送った母親をモデルにして、この作品を作ったといわれている。 ストーリー / 年の瀬も押し迫った大晦日の夜、小さな少女が一人、寒空の下でマッチを売っていた。マッチが売れなければ父親に叱られるので、すべてを売り切るまでは家には帰れない。しかし、街ゆく人々は、年の瀬の慌ただしさから少女には目もくれず、目の前を通り過ぎていくばかりだった。 夜も更け、少女は少しでも暖まろうとマッチに火を付けた。マッチの炎と共に、暖かいストーブや七面鳥などのごちそう、飾られたクリスマスツリーなどの幻影が一つ一つと現れ、炎が消えると同時に幻影も消えるという不思議な体験をした。 天を向くと流れ星が流れ、少女は可愛がってくれた祖母が「流れ星は誰かの命が消えようとしている象徴なのだ」と言ったことを思いだした。次のマッチをすると、その祖母の幻影が現れた。マッチの炎が消えると祖母も消えてしまうことを恐れた少女は、慌てて持っていたマッチ全てに火を付けた。祖母の姿は明るい光に包まれ、少女を優しく抱きしめながら天国へと昇っていった。 新しい年の朝、少女はマッチの燃えかすを抱えて幸せそうに微笑みながら死んでいた。しかし、この少女がマッチの火で祖母に会い、天国へのぼったことは誰一人知る由はなかった。 (マッチ売りの少女 – Wikipedia)

関連エントリ

マッチ売りの少女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

The little match girl の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北の国から(黒板蛍 中嶋朋子)について

Vulpes_vulpes_laying_in_snow.jpg

北の国から(黒板蛍 中嶋朋子)について

関連記事

『北の国から』(きたのくにから、Kitanokunikara)は、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマ。主演は田中邦衛。1981年10月9日から1982年3月26日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に「金曜劇場」枠で連続ドラマが、1983年から2002年までドラマスペシャルが放送された。北海道富良野市(主に麓郷地区)が舞台。概要 / 東京から故郷の北海道に帰郷して、大自然の中で暮らす一家の姿を描く。脚本は倉本聰で、北海道の雄大な自然の中で繰り広げられる。連続ドラマ放送後、8編に及ぶドラマスペシャルが放映された。主題歌の作曲・スキャットは、さだまさし。登場人物 / 黒板(笠松) 蛍(くろいた(かさまつ) ほたる)演 – 中嶋朋子 五郎の長女で、純の妹。幼稚園で過ごした純とは違い保育園に通う。第一話の時点では小学2年生。兄とは対照的に父親っ子。令子の不倫現場を目撃してしまったこともあり、当初から五郎を気遣っていた。吉野のことも避けており、母の発病時も上京には同行しなかった。正式な離婚手続きに伴う別れの際にも令子に対しては素直になれず、そのことで純からは責められた。幼い頃は純真で五郎に対し従順だったが、その反動か、成長するにつれて五郎の意思と異なった自分の道を歩み始める。中学卒業後に看護学校へ通い、「’89」では看護学校へ通う電車の中で出会った和久井勇次と恋に落ちる。しかし彼も受験勉強のため東京へと去ってしまう。「’92」では大学に進学した勇次に会うため富良野線を行き来するも五郎を訪ねず、その姿を正吉に目撃される。勇次から正看になるよう勧められ札幌の病院を紹介されて五郎より勇次を選んでしまい、蛍が麓郷に戻ると思い、就職に奔走していた五郎を落胆させる。その結果、五郎が大晦日の夜に遭難。麓郷に戻る決意を固めた純の勧めで札幌の病院に就職するため、富良野を離れる。その後、「’95」では勤務していた札幌の医師・黒木光彦と不倫し、根室市落石に駆け落ちする。「’98」では別れるが、黒木の子を身ごもっていた。彼には知らせず一人で産むつもりで札幌に引っ越し清掃業に従事していたが、事情を知った草太の計らいで正吉から求婚される。最初は拒んだものの、正吉の情熱に打たれ結婚する。「2002」では快を出産。正吉が借金返済のために離道した後は富良野市内の病院に看護師として勤務し、市内に一軒家を借り二人で暮らす。母親となってからは気が強く逞しい女性に成長し、快に夢中の五郎を煙たく思うようになる反面、老いた五郎の健康面を心配する。正吉に棄てられたという不安を抱え続けていた。みずえの死後、正吉からの手紙で栃木に居ることを知り、快を連れて富良野を離れ正吉の許に行く。(北の国から – Wikipedia

中嶋 朋子(なかじま ともこ、Tomoko Nakajima、1971年6月5日 – )は、日本の元子役、女優、ナレーター、エッセイスト。身長157cm、血液型はO型。砂岡事務所所属。東京都出身。文化学院卒業。人物・来歴 / 1975年、劇団ひまわりに入団して翌年テレビドラマデビュー。1981年から2002年までの『北の国から』で黒板蛍を演じ、黒板純役の吉岡秀隆とともに名子役と云われる。(中嶋朋子 – Wikipedia

関連エントリ

中嶋朋子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北の国から の検索 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北の国から(黒板五郎 田中邦衛)について

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

北の国から(黒板五郎 田中邦衛)について

関連記事

『北の国から』(きたのくにから、Kitanokunikara)は、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマ。主演は田中邦衛。1981年10月9日から1982年3月26日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に「金曜劇場」枠で連続ドラマが、1983年から2002年までドラマスペシャルが放送された。北海道富良野市(主に麓郷地区)が舞台。概要 / 東京から故郷の北海道に帰郷して、大自然の中で暮らす一家の姿を描く。脚本は倉本聰で、北海道の雄大な自然の中で繰り広げられる。連続ドラマ放送後、8編に及ぶドラマスペシャルが放映された。主題歌の作曲・スキャットは、さだまさし。登場人物 / 黒板 五郎(くろいた ごろう)演 – 田中邦衛 本作の主人公。先祖は阿波徳島藩出身。東京のガソリンスタンドで働きながら一家4人で暮らしていたが、妻・令子の不倫をきっかけに純と蛍を連れて郷里の富良野へ帰ってくる。その時の所持金はわずか7万~8万円だった。その後、令子とは正式に離婚したが、それから2ヶ月あまり後に死別する。富良野では、中畑木材の仕事を手伝ったり、小規模の農業や炭焼きなどで生計を立てる。発想力と行動力があり、沢から水道を引いたり風力発電を作ったり、井戸を独力で掘る、廃品で家を建築する。性格は基本的に温厚だが、頑固なところもあり一度ヘソを曲げると手が付けられなくなることもある。また、初期には内弁慶なところもあり、外で面白くないことがあると家に帰ってから子供たちに当たることもあった。「’83冬」では内地(本州)へ出稼ぎへ行く様子も伺える。みどりの借金を被せられ土地を追われる危機に瀕するも、村の仲間たちの助けもあり危機を逃れる。「’84夏」では出稼ぎから帰った当日に丸太小屋が焼失する事件が起き、心身が疲弊する様子が描かれた。「’89」で再び丸太小屋の制作に着工するが、「’92」では一人の寂しさから「アキナ」という柴犬を飼いはじめる。やがて、純がタマコを妊娠させてしまい、純の不始末を購うため上京して謝罪し、建設用の木材を売り払って100万の金を作り慰謝料として支払う。かわりに廃石を利用して石の家を建設する。久しぶりに3人が富良野に集う大晦日、蛍から就職のため札幌に行くと宣言されて失意に打ちのめされ、純が和久井家に居る蛍を迎えに出た間に石の家の建設作業中に屋根から転落。材木に足を挟まれて猛吹雪の中遭難。未明になっても帰らないことを心配した純が近隣を訪ね歩いた際に加納から建設現場の話を知らされ、三人が駆けつけたことで発見され、九死に一生を得る。「’95」では蛍の駆け落ちに動揺するが娘の想いをどうにか理解しようと苦悶する。純の彼女であるシュウから慕われ、二人の交際を応援する。「’98」では無農薬農法に熱意を注ぎ、五郎を慕い教えを請う完次に目をかけていたが、疫病の発生と完次に対する草太の惨い仕打ち、完次の自殺未遂と夜逃げについて草太を責めることもなくじっと見守る。妊娠し、正吉と結婚すると言ってきた蛍には感動の余り涙を流すが、和夫から蛍の子の父親が黒木だと聞き、動揺して雪子に相談。やがて疑惑は確信となるが、それでも蛍を支えようという正吉の男気に感謝し、蛍の結婚式では酔い潰れるほど舞い上がる。草太の死後、彼の遺した牧場を純と正吉が継ぐ運びになったことを危惧していた。「2002」では五郎の危惧は現実のものとなり、牧場の破綻で五郎の家族は離散状態となってしまう。それでも恨み言一つ言わずに初孫の快を溺愛し、返済のため富良野を離れた純と正吉を案じていた。富良野を訪れたシュウから結婚の報告を受けるが頑なに純の所在は明かさず、彼女の手紙を純に送る。健康面に不安を感じるようになり、蛍の強い勧めもあって精密検査を受けるがそのことで自分の死を意識するようになる。結果的に杞憂だったが不安は拭えず、新吉の勧めで山下に弟子入りして「遺言」を書き始める。中畑家に入り婿することになった正彦が五郎を慕い、すみえとの新居作りを手がけることになる。やがて、みずえの病気が発覚。愛妻の余命を知って動揺する和夫を支えつつ、事情を知る寛次らと共に突貫工事を進める。その頃、羅臼から訪ねてきた吾平を事情を知らずに建築工事に巻き込み、それを謝罪して自宅に泊め、酒を酌み交わす。「流氷を見せたい」という純の招待で羅臼を訪れるが、そこで純から結との結婚を相談される。だが、結が人妻だと聞いて動揺し、純の長時間の説得でようやく納得したものの、吾平の遭難事故に巻き込まれてしまう。生還した吾平から思わぬ歓待を受けるが、そこにみずえの訃報が届き、純と共に富良野に急ぎ戻り、みずえの死に落胆する和夫を見守る。やがて、純に嫁ぐ覚悟で富良野に来た結を歓迎し、蛍も正吉からの手紙で安堵。久しぶりの家族団欒を楽しむ。だが、正吉と暮らすため蛍が富良野を離れることになり、快との別れに最後まで抵抗し、みっともない悪あがきをする。完成した五郎の遺言は物語を振り返り、締めくくるものとなった。倉本の設定では学生時代は女好きであり、付き合った女性はすぐ妊娠することから「一発屋の五郎」というあだ名がつけられていたという。なお、「黒板」という姓は倉本が若い頃に片思いした女性に由来するという。(北の国から – Wikipedia

田中 邦衛(たなか くにえ、Kunie Tanaka、1932年11月23日 – )は、日本の俳優。位階勲章は旭日小綬章[1]。岐阜県土岐郡土岐津町出身。麗澤高等学校、麗澤短期大学英語科卒。来歴 / 1980年代以降は映画への出演は減るが、1981年からの『北の国から』シリーズでの葛藤を持ちつつも2人の子を温かく見守る父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。(田中邦衛 – Wikipedia

関連エントリ

田中邦衛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北の国から の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2017年(平成29年)ありがとうございました さようなら

399px-Snowman-20100106.jpg

2017年(平成29年)ありがとうございました さようなら

関連記事

2017年の日本
2017年の日本(にせんじゅうしちねんのにほん)では、2017年(平成29年)の日本の予定・出来事・流行・世相などについてまとめる。 日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致してい号 平成29年。神武天皇即位紀元。皇紀2677年。 本年は将棋界で様々な記録等が生まれ注目を集めた。 史上最年長プロ棋士(当時77歳)である加藤一二三九段が現役を引退し、62年10か月にわたるプロ棋士生活を終える。その愛らしいキャラクターから「ひふみん」の愛称で親しまれた。 史上最年少プロ棋士(当時14歳)の藤井聡太四段がデビュー戦から半年間負け知らずで、公式戦の新記録となる29連勝を達成した。 羽生善治棋聖が竜王戦で勝利し、史上初の「永世七冠」を達成した。 2017年の流行語 「インスタ映え」、「忖度」が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した。(2017年の日本 ー Wikipedia

オールド・ラング・サイン
「オールド・ラング・サイン」(もしくは「オールド・ラング・ザイン」、Auld Lang Syne )はスコットランド民謡、非公式な準国歌である。日本では「蛍の光」の原曲として知られる。 作曲者不詳である。 歌詞を現在伝わる形にしたのは、スコットランドの詩人のロバート・バーンズである。 従来からの歌詞を下敷きにしつつ、事実上彼が一から書き直している。この歌詞は、旧友と再会し、思い出話をしつつ酒を酌み交わすといった内容である。 こうして採譜された「オールド・ラング・サイン」には、ハイドンやベートーヴェン、シューマンといった著名な作曲家たちも伴奏を付けたり編曲したりしている。(Wikipedia ー オールド・ラング・サイン

関連エントリ

大晦日の音楽です。(世界的) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

2017年の日本 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

小晦日(こつごもり)のマーチ

408px-Disability_symbols_svg.png

327px-2005_Honda_ASIMO_02.jpg

小晦日(こつごもり)のマーチ

関連記事

大晦日・小晦日
一年で最後の晦日、つまり最後の日を「大晦日(おおみそか、おおつごもり)」という。現在ではグレゴリオ暦の12月31日を指す。 対して大晦日の前日を「小晦日(こつごもり)」という。現在のグレゴリオ暦では12月30日を指す。(晦日 ー Wikipedia

最近の出来事(美幌音楽人 加藤雅夫)

2015年 11月30日、美幌町 転出。
2015年 12月1日、北海道江別市にある 盲人養護老人ホーム 恵明園に入る。
2016年 4月27日、美幌町 再転入。現在に至る。

関連サイト

目が不自由で在宅生活が困難な方が、視覚障がいによる孤立感や不便を感じないで生活できることを目指して、生活支援を行っています。 恵明園 | 社会福祉法人 北海道友愛福祉会 www.yuaifukushi.net/keimeien

社会福祉法人 北海道友愛福祉会 www.yuaifukushi.net

関連エントリ

在宅酸素療法(HOT) はじめています ー 美幌音楽人 加藤雅夫

投稿を再開いたしました(2017年9月23日) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

新ブログ、こんにちは! ー 美幌音楽人 加藤雅夫

残疾人(障害者)歳時記 ー 美幌音楽人 加藤雅夫の病歴
http://masaokato.jp/convalesce

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

マッチ売りの少女 受難曲 (The Little Match Girl Passion)

450px-Little_Match_Girl_-_Anne_Anderson.jpg

HCA_by_Thora_Hallager_1869.jpg

_004.jpg

マッチ売りの少女 (The Little Match Girl)

マッチ売りの少女 受難曲 (The Little Match Girl Passion)

マッチ売りの少女 受難曲 (The Little Match Girl Passion) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1828年 11月19日、フランツ・シューベルトの死

360px-Loch_Katrine_2.jpg

Franz_Schubert.jpg

1828年 11月19日、フランツ・シューベルトの死。
November 19, 1828, death of Franz Schubert.

1828年 11月19日、フランツ・シューベルトの死 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

大晦日の音楽です。(世界的)

330px-Ussr-robertburns1956_2.jpg

1200px-Geburtshaus_RobertBurns_3_10x15.jpg

友誼萬歲
작별 (민요)
Auld Lang Syne

「オールド・ラング・サイン」(もしくは「オールド・ラング・ザイン」、Auld Lang Syne)はスコットランド民謡、非公式な準国歌である。日本では「蛍の光」の原曲として知られる。 古くからスコットランドに伝わっていた歌で、現在に至るまで、特に年始、披露宴、誕生日 などで歌われる。 タイトル: オールド・ラング・サイン Auld Lang Syne はスコットランド語で、英訳すると逐語訳ではold long since、意訳ではtimes gone byとなる。 日本では「久しき昔」などと訳す。 詞: 歌詞を現在伝わる形にしたのは、スコットランドの詩人のロバート・バーンズである。 各国のAuld Lang Syne: 「オールド・ラング・サイン」のメロディは、スコットランドだけでなく、その他の国にも浸透している。(wiki/オールド・ラング・サイン

大晦日の音楽です。(世界的) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

知事コラム 「年末に当たって」(北海道から)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

450px-Kanesa-black_2013obihirokinen.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第392号)が送られてきました。
日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。(一部掲載)

知事コラム 「年末に当たって」(北海道から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る