大寒 の検索結果: 3 件

2月3日、節分。 2月4日、立春。(日本や中華圏)

330px-Candy_Box.jpg

節分
節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。 大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。 一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。(wiki/節分

立春
立春(りっしゅん)は、二十四節気の第1。 季節: 春の初め。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる。 この日が寒さの頂点となり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。 一般的な節分とは、立春の前日のことである。立春の早朝、禅寺では門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣がある。また、中国では立春の日に春餅(チュンビン)を食べる習慣がある。また、地域によるが節分の日までが日本で一番寒い時期であり、初めて気温が上昇傾向になる日が立春である。(wiki/立春

2月3日、節分。 2月4日、立春。(日本や中華圏) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「大寒」 (2014年 1月20日)

1200px-A_girl_in_a_swimming_pool_-_underwater.jpg

「大寒」(2014年 1月20日)
“Coldest season” (January 20, 2014)

大寒
大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。十二月中(通常旧暦12月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日ごろ。 期間としての意味もあり、1月20日~2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。 西洋占星術では、大寒を宝瓶宮(みずがめ座)の始まりとする。 季節: 寒さが最も厳しくなるころ。 寒(小寒 – 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。 大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。(wiki/大寒

「大寒」 (2014年 1月20日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

330px-Sagittarius2.jpg

The_Last_Samurai.jpg

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。 現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。 西洋占星術では、小雪を人馬宮(いて座)の始まりとする。 季節: わずかながら雪が降り始めるころ。『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。 七十二候: 小雪の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる(日本・中国)。 次候: 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける(日本)。 天気上勝地気下降(てんき じょうとうし ちき かこうす) : 天地の寒暖が逆になる(中国)。 末候: 橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の葉が黄葉し始める(日本)。 閉塞而成冬(へいそくして ふゆをなす) : 天地の気が塞がって冬となる(中国)。 前後の節気: 立冬 → 小雪 → 大雪。 ja.wikipedia.org/wiki/小雪

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る