地球の出 の検索結果: 4 件

1972年12月7日に撮影: ザ・ブルー・マーブル / The Blue Marble

300px-Ap17recon.jpg

599px-The_Earth_seen_from_Apollo_17.jpg

ザ・ブルー・マーブル(英語名:The Blue Marble)は、1972年12月7日にアポロ17号の乗組員によって、地球からおよそ4万5千キロメートル(2万8千マイル)の距離から撮影された、著名な地球の写真である。英語で「青いビー玉」または「青い円盤」を意味する。宇宙飛行士からは、地球がまるで子供が遊ぶガラスのビー玉のように見えたため、これが写真の題名となった。 「ザ・ブルー・マーブル」は、現存する写真の中で世の中に最も広まった写真の一つである。また、宇宙飛行士が太陽を背に撮影した、完全に輝く地球を捉えた数少ない写真の一つでもある。(wiki/ザ・ブルー・マーブル

1972年12月7日に撮影: ザ・ブルー・マーブル / The Blue Marble の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Ganbare! Japanese Astronauts

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

200px-Apollo-8-patch.png

200px-Apollo_8_Crewmembers_-_GPN-2000-001125.jpg

1968年(昭和43年)12月24日、NASAの有人月周回宇宙船「アポロ8号」が史上初の月周回飛行を開始。(イブのニュース)

写真: アポロ8号から撮影された「地球の出」、アポロ8号の徽章と乗員。

クリスマス・イヴ についてのニュースブログ記事(Google)
宇宙飛行士 についてのニュースブログ記事(Google)

Ganbare! Japanese Astronauts の全文を読む

このページの先頭へ戻る

World’s 1000 Messages for Japan

600px-NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise.jpg

201103270500-00.jpg

2011年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震と福島原発事故の被災者を励ます: 世界から日本へ1000のメッセージ(World’s 1000 Messages for Japan)

写真: 月面から「地球の出」、気象衛星「ひまわり7号」から地球

World’s 1000 Messages for Japan の全文を読む

このページの先頭へ戻る

IYA2009 世界天文年

2007年12月20日、パリで開催されていた国連総会で、2009年を世界天文年とすることが決議されました。国際連合、ユネスコ(国連教育科学文化機関)、国際天文学連合(IAU)が定めた「世界天文年2009」には、すでに135の国と地域が参加を表明しています。

そして、2009年1月15日、パリ(フランス)のユネスコ本部において、「世界天文年2009」開幕記念式典が開催されます。
この式典のようすは、インターネットで全世界に中継される予定です

IYA2009 世界天文年 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る