同志社 の検索結果: 16 件

日本の作曲家・指揮者 西田直道 (マンドリン)

日本の作曲家・指揮者 西田直道 (マンドリン)

関連記事

西田 直道(にしだ なおみち、1907年12月21日 – 1978年1月9日)は、日本の作曲家、指揮者。 経歴 / 北海道名寄市出身。同志社大学法学部卒業。在学中はマンドリンクラブに所属し、指揮をしていた菅原明朗から和声、対位法、管弦楽法、指揮法を学んだ。また池内友次郎からも対位法とフーガを学んだ。1941年にNHK札幌放送管弦楽団が創設されると、指揮者として招かれた。また札幌大谷短期大学(現在の札幌大谷大学短期大学部)や札幌商科大学(現在の札幌学院大学)などで指導にあたった。 1957年には北海道文化賞を受賞した。 作品 / 管弦楽曲 管弦楽のための組曲 古風な舞曲(1952) アイヌの民謡によるパラフレーズ – 2台のピアノとオーケストラのための(1965) バレエ「那古と不比羅」 合唱曲 / 交声曲「札幌ひらく」(林哲男作詞、1944) 組曲「雪の日」(1960) 組曲「白鳥」(1961) 声楽曲 / 寒蝉鈔(佐藤春夫詩、1940) 啄木のうた五章 マンドリンオーケストラ / 秋の前奏曲 ピアノ曲 / 大和(1941) 放送劇 / 「光を掲げた人々」違星北斗(森本儀一郎脚本、1955年) 校歌 / 札幌市立東園小学校(樋口秀雄作詞) 北見市立東相内小学校(宇野親美作詞) 中標津町立中標津中学校(更科源蔵作詞) 北海道北見工業高等学校(宇野親美作詞)
(西田直道 – Wikipedia)

「市民の歌」(しみんのうた)は日本の政令指定都市の1市で、北海道の道庁所在地である札幌市の市歌。作詞・能條伸樹、作曲・川越守、補佐・西田直道。 表題は「札幌市民の歌」でなく、自治体名を含まない「市民の歌」が正式名称である。 (市民の歌 (札幌市) – Wikipedia)

関連動画

市民の歌 – YouTube

市民の歌 (札幌市) – YouTube

関連サイト

市民の歌 – 札幌市ホームページ

関連エントリ

市民の歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

西田直道 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Naomichi Nishida の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

同志社大学マンドリンクラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 菅原明朗 (マンドリンオーケストラ)

220px-Meireau_Soegaharat

日本の作曲家 菅原明朗 (マンドリンオーケストラ)

関連記事

菅原 明朗(すがはら めいろう、Meiro Sugawara、Méireaux Sœgaharat、1897年(明治30年)3月21日 – 1988年(昭和63年)4月2日)は、日本の作曲家、音楽の教育者、指導者、啓蒙家。本名は吉治郎。 経歴 / 兵庫県明石市大蔵町生まれ。菅原道真の菅原氏の末流。プロテスタントの幼稚園に通ったことから、明石第二尋常小学校(現在の市立人丸小学校)通学中の1908年(11歳)、洗礼を受ける(後年、カトリックに改宗)。1910年(13歳)京都二中(現在の京都府立鳥羽高等学校)に入学。その時代、陸軍軍楽隊長小畠賢八郎にホルンとソルフェージュを習った。 1914年(17歳)上京し、1918年(21歳)まで川端画学校洋画科で藤島武二に学んだ。画学校に通うかたわら作曲家の大沼哲に師事し、1915年(18歳)より作曲を発表。また、大田黒元雄・堀内敬三等の「新音楽グループ」に入り、雑誌「音楽と文学」同人となった。 1917年(20歳)、武井守成主宰のマンドリン楽団、「オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ」に入団し、また、「軍艦行進曲」で有名な瀬戸口藤吉に対位法を学んだ。1924年(27歳)初夏より1年あまり同志社大学マンドリン倶楽部の指揮をとり、1926年(29歳)、「オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ」の指揮者となった。この頃から、音楽作品が認められるようになった。当時のマンドリンオーケストラの編成は巨大化する傾向にあり、菅原の代表作「内燃機関」もフルート、バスクラリネット、トロンボーン、ピアノ、ハーモニウム、打楽器を加えたものであった。しかし1932年に「雑感」という文章を発表し、本格的な管弦楽の普及により、その代用としての巨大化したマンドリンオーケストラの役割は終わったとして、新しいマンドリンオーケストラの在り方を模索するよう主張し、マンドリン音楽界から去った。 その一方で1930年(33歳)、私立「帝国音楽学校」の作曲科主任教授となり、また、箕作秋吉、清瀬保二、橋本国彦、松平頼則ら16人と「新興作曲家連盟」を、さらに、1936年、門下の深井史郎らと「楽団創生」を結成した。 1938年、歌劇「葛飾情話」の上演後、そのときのアルト歌手、永井智子と結婚。 ドイツ系が主流だった当時の日本の洋楽界に、彼はフランス流の新風を吹き込んだが、1930年代中ごろからはイタリア音楽に接近し、チマローザやピツェッティに傾倒した。指揮活動は、自作の指揮ばかりでなく、たとえば1942年には、アルチュール・オネゲルのオラトリオ「ダヴィデ王」を松竹交響楽団により日本初演している。戦後はグレゴリオ聖歌に影響を受けた作品が多く、またキリスト教に関連する作品も多数残した。さらに1963年に神戸で活動する関西マンドリン合奏団と出会ってマンドリン界に復帰し、最晩年まで関西マンドリン合奏団のために多くの作曲や編曲を行った。 1967年の最初のイタリア旅行以降、彼はたびたびイタリアに長期滞在し、ピツェッティと親交を深めた。長寿の最期まで現役で、ハーモニカ奏者の崎元譲やアコーディオン奏者の御喜美江など若い演奏者のために作品を提供した。 1988年4月2日(91歳)、「ヨハネの黙示録」に基づいたカンタータの作曲中に、急死した。 (菅原明朗 – Wikipedia)

関連サイト

菅原明朗 公式ホームページ – Jimdo

関西マンドリン合奏団 (菅原明朗)

日本マンドリン連盟 (マンドリン略史) – Jimdo

関連エントリ

日本のマンドリンオーケストラについて – 美幌音楽人 加藤雅夫

菅原明朗 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Meiro Sugawara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

記念日 4月16日 ボーイズビーアンビシャスデーについて

ClarkBoysBeAmbitious.jpg

記念日 4月16日 ボーイズビーアンビシャスデーについて

関連記事

記念日 4月16日 ボーイズビーアンビシャスデー / 1877年のこの日、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の基礎を築いた教頭・クラーク博士が、「Boys,be ambitious.(少年よ、大志を抱け)」という有名な言葉を残して北海道を去った。(4月16日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月16日 できごと / 1877年 – 札幌農学校教頭のウィリアム・スミス・クラークが、「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」の言葉を残して帰国の途につく。(4月16日 – Wikipedia

4月16日 記念日 ボーイズビーアンビシャスデー / 1877年のこの日、札幌農学校(現・北海道大学農学部)教頭のウィリアム・スミス・クラークが、「Boys, be ambitious」の言葉を残して北海道を去ったことにちなむ。(4月16日 – Wikipedia

札幌農学校(さっぽろのうがっこう)とは、明治初期に北海道札幌に置かれた教育機関であり、現在の北海道大学の前身である。札幌農学校の初代校長は調所広丈が務めたが、当時の校長職は開拓使関連の多くの要職を兼務しているうちの一つにすぎず、実質的な責任者は教頭職であった。教頭にはマサチューセッツ農科大学学長のウィリアム・スミス・クラークが招かれた。クラークはわずか8ヶ月の滞在ではあったが、彼に直接科学とキリスト教的道徳教育の薫陶を受けた1期生からは、佐藤昌介(北海道帝国大学初代総長)や渡瀬寅次郎(東京農学校講師、実業家)らを輩出した。また、2代目のウィリアム・ホイーラー教頭もクラークの精神を引き継ぎ、2期生からは新渡戸稲造(教育者)、内村鑑三(思想家)、広井勇(土木工学)、宮部金吾(植物学)、伊藤一隆(中川翔子高祖父)らを出した。彼らは「札幌バンド」と呼ばれ、北海道開拓のみならず、その後の日本の発展に大きな影響を与えた。(札幌農学校 – Wikipedia

ウィリアム・スミス・クラーク(William Smith Clark、1826年7月31日 – 1886年3月9日)は、アメリカ合衆国の教育者。化学、植物学、動物学の教師。農学教育のリーダー。 1876年(明治9年)札幌農学校(現北海道大学)開校。初代教頭。同大学では専門の植物学だけでなく、自然科学一般を英語で教えた。この他、学生達に聖書を配り、キリスト教についても講じた。のちに学生たちは「イエスを信じる者の誓約」に次々と署名し、キリスト教の信仰に入る決心をした。日本ではクラーク博士として知られる。日本人から見るといわゆる「お雇い外国人」のひとりである。略歴 / マサチューセッツ農科大学(現マサチューセッツ大学アマースト校)第3代学長に就任した(初代と2代学長は開学前に辞任しているため、クラークが実質的な初代学長である)。 途中、南北戦争に参加することになり、クラークのアカデミックなキャリアは一旦中断する。アマースト大学で教えていた時期、学生の中に同大学初の日本人留学生がいたが、それは新島襄(同志社大学の創始者)である。任期中には新島襄の紹介により、日本政府の熱烈な要請を受けて、1876年(明治9年)7月に札幌農学校教頭に赴任する。マサチューセッツ農科大学の1年間の休暇を利用して訪日するという形をとった。クラークの立場は教頭で、名目上は別に校長がいたが、クラークの職名は英語で「President(校長)」と表記することが開拓使によって許可され、ほとんど実質的にはクラークが校内の全てを取り仕切っていた。クラークはマサチューセッツ農科大学のカリキュラムをほぼそのまま移植して,諸科学を統合した全人的な言語中心のカリキュラムを導入,自ら模範となり,学生を鼓舞,激励するだけでなく,マサチューセッツ農科大学の教え子から生え抜きを後継者に据えて規律及び諸活動に厳格かつ高度な標準を作り出し,学生の自律的学習を促した。8ヶ月の札幌滞在の後、翌年の1877年5月に離日した。晩年は心臓病にかかって寝たり起きたりの生活となり、1886年3月9日、失意のうちに59歳でこの世を去った。彼は帰国した後も札幌での生活を忘れることはなく、死の間際には「札幌で過ごした8ヶ月間こそ、私の人生で最も輝かしい時だった」と言い残したと伝えられる。少年よ、大志を抱け この老人の如く / 札幌農学校1期生との別れの際に、北海道札幌郡月寒村島松駅逓所(現在の北広島市島松)でクラークが発したとされるクラークの言葉が、よく知られている。それは「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」として知られていた。(ウィリアム・スミス・クラーク – Wikipedia

関連サイト

“Boys, be ambitious!”について | Hokkaido University Library

関連エントリ

225px-Carl_Larsson_Brita_as_Iduna.jpg

Boys, be ambitious day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ボーイズビーアンビシャスデー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

老いらくの恋~シルバーラブの日(11月30日)

800px-Its_all_about_love.jpg

老いらくの恋~シルバーラブの日(11月30日)

若き日の恋は、はにかみて おもて赤らめ、壮子時の 四十歳の恋は、世の中に かれこれ心配れども、墓場に近き老いらくの 恋は、怖るる何ものもなし。(川田順)

「樫の実の ひとり者にて 終らむと 思へるときに 君現はれぬ」(川田順)
「はしたなき世の人言をくやしともかなしともなしと思へしが悔なし」(鈴鹿俊子)

「たまきはる 命うれしも これの世に 再び生きて 君が声を聴く」(川田順)
「何一つ 成し遂げざりし われながら 君を思ふは つひに貫く」(川田順)

シルバーラブの日
1948(昭和23)年のこの日、歌人の川田順が弟子の大学教授夫人とともに家出した。当時、川田順は68歳で、3年前から続いていた教授夫人との恋の行く末を悲観して、死を覚悟しての行動だったが、養子に連れ戻された。その後2人は結婚した。 川田が詠んだ墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなしから「老いらくの恋」が流行語になった。(11月30日 今日は何の日~毎日が記念日~)

川田順
川田 順(かわだ じゅん、1882年(明治15年)1月15日1966年(昭和41年)1月22日)は、歌人、実業家。 1939年、和子夫人を脳溢血で亡くす。1944年から、元京都帝国大学経済学部教授・中川与之助夫人で歌人の鈴鹿俊子(中川夫妻は既に3子をもうけていた)の作歌指導にあたる。川田と中川は旧知の間柄であったが、俊子に「新古今集」研究の手伝い等をつとめてもらう中で、川田と俊子の交際は人目を忍ぶ仲へと発展、俊子との仲は中川の知るところともなる。川田は俊子との別れを中川に誓うが、結局逢瀬に再び身をやつすこととなり、1948年8月、中川夫妻は離婚に至る。しかし川田は自責の念に苛まれたことなどから、同年11月30日に家出、12月1日に亡妻の墓前で自殺を図った。一命をとりとめたが、川田が家出の際に谷崎潤一郎たち友人に宛てて遺書を、新聞社に告白録などをそれぞれ送っていたことから、自殺未遂の顛末が報道され、俊子との交際が公になり、いわゆる“老いらくの恋”として騒がれることとなる。翌49年に川田は俊子と結婚、再婚後は京都から神奈川県に転居、俊子の2人の子を引き取って同居生活を送った。(川田順 ー Wikipedia)

鈴鹿俊子
鈴鹿 俊子(すずか としこ、1909年9月18日 – 2008年2月20日)は、日本の歌人、随筆家。川田順の妻。本名・川田俊子。 京都生まれ。同志社女子専門学校(のち同志社女子大学)中退。京都帝国大学教授(経済学者)中川与之助と結婚。1942年「ハハキギ」に入会。1944年から川田順に師事するが恋となり、1948年川田は苦しんで自殺未遂を起こし「老いらくの恋」として世間を騒がせるが、中川が離婚を承諾し、1949年結婚。女人短歌会会員。(鈴鹿俊子 ー Wikipedia)

関連記事

今日(11月30日)は、シルバーラブ(老いらくの恋)の日
http://masaokato.jp/2011/11/30/001242

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年5月7日

427px-Gojira_1954_Japanese_poster.jpg

Inoshiro_Honda_and_Godzilla.jpg

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年5月7日
Canada-Japan Times (e-nikka) Mail News May 7, 2015

日加タイムス(e-nikka) メールニュース 2015年5月7日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第85号)

000066882.jpg

300px-Quetzal01.jpg

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第85号)
E-mail newsletter from the Ministry of Foreign Affairs of Japan. Wakaru! International situation (No. 85)

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第85号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン。わかる!国際情勢 (第84号)

000061443.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

外務省からのメールマガジン。わかる!国際情勢 (第84号)
E-mail newsletter from the Ministry of Foreign Affairs. Wakaru! International situation (No. 84)

外務省からのメールマガジン。わかる!国際情勢 (第84号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

同志社英学校(同志社大学)設立。(1875年 11月29日)

Joe_and_Yae_1876.jpg

同志社英学校(同志社大学)設立。(1875年 11月29日)
Doshisha English School (Doshisha University) was founded. (November 29, 1875)

同志社英学校(同志社大学)設立。(1875年 11月29日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

新島八重と跡見花蹊 – 幕末から明治を駆け抜けた女性たち

000142554.jpg

Terakoya_for_girls.jpg

新島八重と跡見花蹊 – 幕末から明治を駆け抜けた女性たち

日本の観光庁(JTA)メールマガジン第548号(2013年3月6日配信)が送られてきました。日本全国及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

新島八重と跡見花蹊 – 幕末から明治を駆け抜けた女性たち の全文を読む

このページの先頭へ戻る

八重の初夢は「ならぬことは ならぬのです!」

Niijima_Yae.jpg

March_2011_The_Aizu-Wakamatsu_Castle.jpg

Spencer-rifle.JPG

762px-Satsuma-samurai-during-boshin-war-period.jpg

558px-BoshinCampaignMap.jpg

八重の桜 – ニュースブログ(Google 検索)

八重の桜(八重之櫻、야에의 벚꽃、Yae no Sakura)
『八重の桜』(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送される予定のNHK大河ドラマ第52作である。(Wikipedia

新島八重(Yamamoto Yaeko)
新島 八重(にいじま やえ、弘化2年11月3日(1845年12月1日) – 昭和7年(1932年)6月14日)は、幕末から昭和初期の日本女性。同志社創立者の新島襄の妻として知られる。旧姓は「山本」。一部の手紙などでは「八重子」と署名してあることから、史料によっては「新島八重子」と書かれる場合もある。(Wikipedia

八重の初夢は「ならぬことは ならぬのです!」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る