北見赤十字病院 の検索結果: 26 件

NPO法人 ぷくぷく (北海道北見市)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

NPO法人 ぷくぷく (北海道北見市)

関連記事

北見「かふぇとすぺーすくぷくぷ」に力強い助っ人 2019/07/15掲載(北見市/社会) 障がいを持つ調理人が加入 / プロの味で日替わりランチが刷新 / 北見市の北見赤十字病院1階福祉ショップくぷくぷの院外店として5月12日、病院の近くにオープンした「かふぇとすぺーすくぷくぷ」(双進ビル1階)にこのほど、力強い調理人メンバーが加わった。メニューのバリエーションが増え「ぜひ食べに来てください」と呼び掛けている。 障がい者が、自ら働く場所を作りたい-と北見赤十字病院精神科の通院患者らが1995(平成7)年に創業。ソーシャルワーカー、院内ボランティア、患者家族の会などが活動を支援してきた。 本格的な厨房を備えた新店舗ながら、メニューの「日替わりランチ」(500円)は単品料理の欧風カレーや焼き鳥丼にサラダやみそ汁を組み合わせたものだった。 ここに、障がいを持ちながらも市内の福祉施設の調理場で10年以上にわたり腕を磨いた、助っ人調理人が加わった。すると「鶏のつみれの中華風あんかけ、明太子のスパゲティ添え」(写真)などと料理の幅が広がった。 調理人は「メンバーさんが買って来た素材を見てから、その日の献立を考えています」。和・洋・中華と一通り調理でき、その日のメニューを考えるのがワクワク楽しみのよう。仲間が増えメンバー達も笑顔で働いている。 平日午前11時~午後1時半に営業。問い合わせは同店(0157・57・9292)。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

13日・北見日赤内福祉ショップがオープン 2019/05/11掲載(北見市/社会)
かふぇとすぺーす「くぷくぷ」 / 北見赤十字病院1階でおにぎりなどを提供する福祉ショップ「くぷくぷ」の院外店が13日オープンする。院外の新たな店舗が加わる。通院する精神障がい者・身障者の就労の場として平成7年7月、旧病院内に開業。新病院の1階で継続営業し、障がいを持つ人達の社会参加の支えとなってきた。新店は、これまでにない広い厨房と客席を構えるカフェ様式で新たなメニューも増やし、メンバーは「初めてなので不安もある。でも楽しみ」と準備に励む。
障がい者ら就労の場 院外に出店 / 病院にほど近い双進ビル1階(北見市北4東1)に「かふぇとすぺーす くぷくぷ」の店名でオープンする。平日のランチタイムに営業。これまでなかった客席があり、誰でも気軽に来店し、ゆっくりと過ごしてもらいたい考え。営業は平日の午前11時~午後1時半、院内の「福祉ショップくぷくぷ」もほぼそのまま午前10時半~午後1時半に営業する。 手づくりの18種類の自慢のおにぎり(120円~140円)をはじめ、人気の焼き鳥丼、欧風カレー丼は各200円、最高額の日替わりランチ(サラダ、小鉢、みそ汁、コーヒー付き)で500円。院内店にはないうどん、つけ麺などの麺類が新たに加わる。平成7年当初、店はソフトクリーム1品で立ち上げた。新店ではぜんざいやフロートなどスイーツ類は28種類に増え、全メニュー70品を誇る。 店舗の営業は午前11時~午後1時半で、メンバーは仕込みや仕出しの準備、片付けを含め午前8時半から午後3時半の間で働く。 北見赤十字病院精神神経科患者家族会が病院内の一室を借用し、営業者となって喫茶KUPUKUPUの名で営業してきた。家族会の会員の高齢化により活動休止となるなか、働いてきた障がいのある人達は「まだ働きたい」と意思表示。病院職員で同ショップ立ち上げ時から関わるソーシャルワーカーで前・同院精神保健対策推進室副室長兼臨床心理室長の男性(58)が奔走し昨年NPOを設立した。家族会に代わり、特定非営利活動法人くぷくぷが昨年から院内で活動し、北見市地域活動支援センターIII型事業の運営主体として院外店の開業を実現する。 働くメンバーは精神障がいと身体障がいの合わせて8人。NPO理事ら3人がサポートする。仕事の内容はおおまかに調理や洗い物などの厨房部門、テーブル・ホール清掃などのホール部門、それに食品表示シール貼りなど作業部門の3通り。メンバー達はこれまで以上のやりがいを感じており「一緒に働きませんか」と精神障がい、身体障がいの仲間を募っている。軽作業などできることから始められる。問い合わせは、かふぇとすぺーす「くぷくぷ」(0157・57・9292)。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

くぷくぷ | NPO法人ポータルサイト – 内閣府のホームページ

関連エントリ

くぷくぷ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

内視鏡の手術支援ロボット「ダヴィンチ」(北海道北見市の北見赤十字病院)

TheRestOfTheRobots.jpg

内視鏡の手術支援ロボット「ダヴィンチ」(北海道北見市の北見赤十字病院)

関連記事

北見赤十字病院・前院長が退任?2019/05/09掲載(北見市/社会)
特別顧問に…地域医療への情熱これからも / 北見赤十字病院と地域医療の発展に、長く心を注いできた同病院の吉田茂夫氏が3月末で院長職を退任した。常々「拠点病院としての責任」を口にしてきた吉田氏。今後は特別顧問として見守っていく。 2008年に就任。人と設備、ソフトとハードの両面で尽力した。 「今となっては懐かしい思い出ですが順番からいうと新病院建設、それから内科医退職問題がやはり印象深いですね」と振り返る。「職員が一致して取り組んでくれたおかげ。地域の反対意見もありましたが、首長さんをはじめ多くの方々とよく話し合えたのが大きかったと思います」 地域の医療機関との連携にも尽力してきた。「今では紹介率が70%近くとすごく良いですし、救急患者も多く搬送されます。かつて紹介率20~30%というときもありました。困ったときの関係も今はすごく良いと思います」 昨年暮れには脊椎外科手術をサポートする最新システム、今春には手術支援ロボットダヴィンチと、次々と最新機器を積極的に導入した。特にダヴィンチへの思い入れは強く、「これが発表されたときから導入したかった。自分が病気したらこの治療を受けたい」 最先端医療を取り入れていくのは三次医療の役割。「患者さんが本当に大変なときに助かる。それでこそ地域住民に理解してもらえる」と考える。「どんどん新しい医療が入って来るから医者は常に勉強しなければならない。漫然としていたらダメ。それらを含めて医師達に選ばれる、就職したいと言われる、高い医療の質の病院でありたい」。今後も内科医として外来に立つ。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

北見赤十字病院が手術ロボ導入 2019/05/09掲載(北見市/社会・健康)
内視鏡手術支援ダヴィンチ… より安全・正確に / 北見赤十字病院は、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入した。従来の腹腔鏡手術をさらに進化させ、患者の負担が少なくなるよう開発されたハイテク技術で管内では初めて。当面は前立腺がん手術に限定して運用する。札幌や旭川に行かなければ受けられなかった手術がオホーツク圏で可能になる。
10日に一般公開 / 実施を前に同病院の前院長で現・特別顧問の吉田茂夫氏が導入を報告。「ダヴィンチを知ったときから導入したかった。拠点病院として責任がある。質の良い手術をこの地で-という念願が実現する」と稼働開始を見守る。 吉田氏によると「前立腺疾患は年々増えている。繊細な組織で手術中の出血量も多い。体に負担を掛け、術後の尿漏れなどの心配もあった」そう。医者が直接患部にふれる従来の手術は細かな動作の際に器具の先端が小さくブレることがあるが、ロボットが手術するダヴィンチでは執刀医はコンソール(操作装置)のモニターに映し出される3D映像に集中。ハンドルとフットペダルでカメラや鉗子(かんし)を取り付けた4本のロボットアームを操作し、代わってロボットが手ブレ補正を行った上で動作する。執刀医が仮に誤った動きをしても補正により組織を傷つける心配は少なく、出血量も大幅に抑えられるそう。腹部に1~2センチの小さな穴を助手用を含め6カ所開けるだけで済むため、患者の体への負担が軽く、術後の回復も早い。 良いことだらけだが、機器や洗浄器などが高額なのがネック。日本赤十字社の十数病院で共同購入をすることで導入が実現できた。 同病院では昨年12月から半年近く掛けて導入準備を進めてきた。前立腺がんのほか今後は肺がんなど呼吸器疾患の手術も手掛けていく予定だ。 吉田氏は「より安全な医療を提供するというのが目的。三次医療圏には必要な機器だ。これからも医療の進歩とともにどんどんロボットや人工知能による治療が増えていく。その第一歩です」と自身も大いに注目している。 同病院はダヴィンチの一般公開を10日(金)午前10時~午後2時、本館1階で行う。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

「ダヴィンチ」 2019/06/06掲載(北見市/社会)
内視鏡手術支援ロボット / 北見赤十字病院が導入で一般公開 / 北見赤十字病院に導入された内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」が一般公開された。通院者ら約100人が見守るなか、荒川穣二院長は1階ロビーに展示された機器を前に「オツク圏に住まわれる方々も、ほかのどこの地域とも変わりない医療が受けられるよう努めていきたいと意欲を示し、最先端機器を紹介した。 アメリカ・インテュイティブサージカル社が開発。道内では札幌、旭川を中心に導入されていたが、オホーツク圏の病院にはこれまで入っていなかった。 北見赤十字病院は当面、前立腺がん手術に限定使用。医者が遠隔操作で手術でき、器具の先端が手ブレを補正。荒川院長は「出血量が10分の1以下に抑えられる」などと利点を挙げ、医師のストレスも少なく患者の術後の回復も早いことを紹介した。 公開に来場した市民は「これはすごい。長生きしなければね」などと話し、モニターに映し出されるロボットが小さな折り紙を折る様子に見入っていた。 同病院では今後、呼吸器疾患の手術にも活用していく構え。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

da Vinci(ダ・ヴィンチ)こと、da Vinci Surgical System(ダ・ヴィンチ・サージカルシステム、ダ・ヴィンチ外科手術システム)は、米国インテュイティヴ・サージカル社が開発したマスタースレイブ型内視鏡下手術用の手術用ロボット。名称はレオナルド・ダ・ヴィンチにちなむ。 (da Vinci (医療ロボット))

北見赤十字病院(きたみせきじゅうじびょういん)は、北海道北見市にある病院。通称北見日赤病院。 概要 / オホーツク圏唯一の救命救急センターがあり、地方センター病院、周産期母子医療センター、がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、北海道災害拠点病院などの様々な高度機能を担う地域の中核病院になっている。施設の老朽化・狭隘化に伴い、中心市街地活性化の一環として北見市役所庁舎跡地に新病棟を建設した。3階上空通路で接続している北海道立北見病院はオホーツク圏唯一の心臓血管外科がある病院であり、一体的な医療提供を構築することによって救急・急性期医療の充実化を図っている。 (北見赤十字病院 – Wikipedia)

481px-Mona_Lisa_headcrop.jpg

関連サイト

日本赤十字社 北見赤十字病院のホームページ

関連エントリ

内視鏡 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

手術支援ロボット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見赤十字病院 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北見赤十字病院の がんサロン (北海道北見市)

2009.2.1.jpg

北見赤十字病院の がんサロン (北海道北見市)

関連記事

がんサロン開設10周年 2019/02/25掲載(北見市/社会・告知) 北見赤十字病院 / 語って聴いて…独りじゃない 患者・家族の心の癒しに / 北見赤十字病院が、がん患者と家族の交流を目的に毎月1回、院内に設ける「がんサロン」が開設10周年を迎えた。がんと診断され大きなストレスを抱える患者とその家族が、同じ経験を持つ人同士で語り合い、悩みに耳を傾けてきた。27日に10周年記念の市民公開講座を開催する。 2009年2月18日、第1回北見赤十字病院がんサロンには、患者と家族合わせて40人が足を運んだ。当時、札幌に次ぐ道内さきがけのサロン開設だった。 看護師やソーシャルワーカーが医療相談室やがん相談支援センターを通じて各種相談を受ける一方、がんサロンは、これらとは別に、患者や家族で成り立っている。毎月第3水曜日午後2時~4時、現在は本館3階特別会議室で開催。闘病中に感じたことや悩みなど同じ経験を持つ人だからこそ分かり合えて、大きな力となってきた。 開設から携わり、毎回のサロンを見守ってきた同病院のソーシャルワーカーの男性は「孤立感を抱く患者さんや家族の方は多い。病気のことだけではなく、畑仕事だったり、今晩の献立のことだったり、何気ない日常会話が少なからず気分転換になっているようです」と振り返る。 毎回発行する、がんサロン「ほほえみ通信」は118号を数え、10年の歩みを積み重ねる。 公開講座に向けて、司会役を務める男性は「同じ病気や経験をした人の話を聞くことで『自分ひとりじゃない』と孤独感が和らぎ、気持ちが少し楽になると思います。今回は皆さんに聴いてもらうだけなので、人前でしゃべりたくないという方も来やすいのでは」と参加を誘う。話す立場としても、話を聴いてもらえると気持ちが楽になることもあり「経験や悩みを共有していただけたら」と来場を呼び掛けている。(寒)
27日・北見赤十字病院で記念講演 / がん患者と家族「体験の語りと傾聴が持つ力」 / 北見赤十字病院の市民公開講座、がんサロン開設10周年記念講演「がんについて考える」が27日(水)午後6時~7時、同病院北館1階多目的ホール・ミントで開かれる。参加無料、申し込み不要で誰でも参加できる。?テーマは、がんと診断され、がんとともに生きる患者と家族による「体験の語りと傾聴が持つ力」。乳がん患者、精巣がん患者、肺がん患者家族らが語る言葉に耳を傾ける。司会は医療ソーシャルワーカーで同病院保健福祉係長の男性ん。 上靴・スリッパなどを持参するとよい。 問い合わせは同病院がん対策推進室(0157・24・3115内線2209)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

がん勉強会等のご案内 – 北見赤十字病院ホームページ

がん診療案内 – 北見赤十字病院ホームページ

関連エントリ

乳がん闘病記「4分の3の乳房」(北見市、佐藤りかこ)発行 – 美幌音楽人 加藤雅夫

がんサロン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見赤十字病院 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

職員の募集: 美幌 国保病院 (北海道 美幌町)

330px-RedCrossNursen.jpg

職員の募集: 美幌 国保病院 (北海道 美幌町)
Staff recruitment: Bihoro National Health Insurance hospital (Bihoro, Hokkaido)

職員の募集: 美幌 国保病院 (北海道 美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

重大ニュース 2014年 北海道 北見市

800px-Abashiri_Subprefecture.png

448px-Noah_mosaic.jpg

重大ニュース 2014年 北海道 北見市
News 2014 Hokkaido Kitami

重大ニュース 2014年 北海道 北見市 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ドクターヘリの搬送訓練 (北海道 北見赤十字病院)

140px-Star_of_life2_svg.png

ドクターヘリの搬送訓練 (北海道 北見赤十字病院)
Transport training of Doctor helicopter (Hokkaido Kitami Red Cross Hospital)

ドクターヘリの搬送訓練 (北海道 北見赤十字病院) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「家で最期まで いきる」 (第2回 北見地域在宅医療市民講座)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

「家で最期まで いきる」 (第2回 北見地域在宅医療市民講座)
“Live up to the last moment at home” (2nd Kitami regional home health Public Lecture)

「家で最期まで いきる」 (第2回 北見地域在宅医療市民講座) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

救急車からの映像伝送システム 実証実験

612px-_01540.svg_2.png

608px-_01208.svg.png

救急車からの映像伝送システム 実証実験
Video transmission system demonstration experiments from ambulance

救急車からの映像伝送システム 実証実験 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見赤十字病院の オホーツク PETセンター

330px-PET-image.jpg

PET-MIPS-anim.gif

PET-schema.png

450px-ECAT-Exact-HR--PET-Scanner.jpg

ポジトロン断層法
Positron emission tomography
ポジトロン断層法(ポジトロンだんそうほう、positron emission tomography:PET)とは陽電子検出を利用したコンピューター断層撮影技術である。 CTとPETを比較すると、CTでは外部からX線を照射して全体像を観察しているのに対して、PETなどの核医学検査では生体内部の放射性トレーサーを観察しているという違いがある。 なお、両者の利点を総合的に利用するために、PETとCTを一体化した装置・PET/CTも開発されており、診断には両画像をソフト的に重ね合わせた融合画像が主流となりつつある。(wiki/ポジトロン断層法

北見赤十字病院の オホーツク PETセンター
Okhotsk PET Center of Kitami Red Cross Hospital

北見赤十字病院の オホーツク PETセンター の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2013 北海道オホーツク管内 重大ニュース

800px-Abashiri_Subprefecture.png

448px-Noah_mosaic.jpg

2013年 重大ニュース
北海道オホーツク管内

2013 北海道オホーツク管内 重大ニュース の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る