北海道警察 の検索結果: 89 件

北海道網走市の消された横断歩道

北海道網走市の消された横断歩道

関連記事

連載 網走 消された横断歩道 (1) 2020/01/04掲載(網走市/社会・本誌連載) 「新設せず」の方針踏まえ / 網走市大曲地区の市道・山下通線にあった押しボタン式信号機が撤去され、道道・網走港線 南中央通に移設された。伴って、押しボタン式信号機のそばに設置されていた横断歩道も消された。道などは人口減少社会を見据え、今後は信号機の新設を控え、再配置によって対応する方針という。ただ、信号機と横断歩道が〝セット撤去〟されたことについて、付近住民は「私たちはまちに見捨てられた気分です」と肩を落とす。詳細を調べてみた。=3回連載=(大)
山下通線、押しボタン信号機の移設で ■複雑な心境 / 山下通線は国道39号に平行するように通り、道路からはJR網走駅などを近くに見ることができる。今回、撤去されたのは大曲地区に設置されていた押しボタン式信号機と横断歩道だ。「警察に言えばいいのか、市役所なのか、道の機関なのか、どこに相談していいのかわからないのです」。先日、本紙網走支店を訪れた男性市民は、複雑な心境を記者に打ち明けてくれた。男性の主な悩みは、①信号機と横断歩道を利用する地域住民が撤去の議論に加われなかった②なぜ横断歩道も撤去されてしまったのか③横断歩道を改めて設置することは不可能なのか―である。【撤去の経緯】市内で利用者の少ない信号機の撤去・再配置の議論は、網走署を中心に以前から進められていた。背景には、人口減少を見据えた既存の信号機の有効活用についての議論が、全国的に本格化したことがある。同署によると、今後は同署管内において信号機の新設計画はない。ただ、市民の安全を守るため、既存の信号機の再配置を効果的に進めていく考えだ。こうした状況の中、同署は昨年12月までに、利用の少ない信号機をリストアップし、対象となる町内会単位に撤去の可否を打診、回答を得た。そして、今年10月下旬、大曲地区の撤去工事が行われ、押しボタン式信号機と横断歩道が姿を消した。
この連載は「誰が悪いのか」という犯人探しがテーマではない。人口減少社会の到来に伴って起こりうる問題の一例として、押しボタン式信号機の撤去を取り上げた。取材を通じて、様々な課題が浮かび上がった。網走において、信号機の撤去は今後も進められることは確実だ。大曲地区のケースを教訓に、網走がさらに住みよいまちになることに期待している。次回は、横断歩道も撤去された理由、再設置の可能性などについて紹介する。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 網走 消された横断歩道 (2) 2020/01/06掲載(網走市/社会・本誌連載)
関係者の認識にズレ / 網走市大曲地区の市道・山下通線の押しボタン式信号機と横断歩道が撤去されたことについて取材を進めると、関係者(機関)相互の認識のズレを感じた。網走署や撤去対象となった町内会側に、恣意的な考えがあったようには思えなかった。ただ、撤去議論の中心に信号機と横断歩道を利用する住民が不在だったことは確かなようだ。 山下通線、押しボタン信号機の移設で 住民「横断歩道までとは…」 ■素直に反省 山下通線の押しボタン式信号機と横断歩道は、昨年10月に撤去され、信号機は道道・網走港線南中央通りに移設された。主な撤去理由は、利用者が少ないことだ。撤去を検討し、準備を進めてきた網走署。撤去後、戸惑う住民の声を聞いた本紙の取材に対して同署は「(住民には)事前にもっと詳しく説明しておけばよかったと感じている」と、率直な姿勢を示してくれた。ただ、横断歩道も一緒に撤去した理由については、歯切れが悪かった。取材した記者は、北海道警察という巨大な組織は、今回のような「小さなまちの少数市民の声」にきめ細かく反応できなかったのではないかと推測する。■再設置は可能か? 取材で集めた住民の声の大半は、「横断歩道まで撤去されるとは思わなかった」である。男性住民は「横断歩道の利用者の中には子どももいる。登下校する際、交通量の多い山下通線を横断するのは危険だ」と指摘する。大曲地区を通る市道・山下通線沿いに並ぶ住居は、道路を隔てて「天都山側」と「市街地側」に分かれる。「天都山側」の子どもが通学する際、山下通線を横断しなければ、かなり遠回りすることになってしまう。「通学する子どもを含めた住民の安全を守るために、横断歩道の再設置は不可能でしょうか?」。記者の問いに対し、同署は「交通量の多い道路だと認識している。住民の要望を踏まえ、必要であれば再び設置する方向で検討したい」との考えを示してくれた。
信号機の撤去について、網走署が対象となる町内会側に説明したことは事実だ。同署はこの時点で、住民の同意を得たと受け取ったようだ。しかし実際には、広く住民に参加を呼びかけた説明会は開催されていなかった。同署から打診を受けた町内会側を一方的に責めることも難しい。町内会役員はボランティアで任を担っており、今回のケースにおいては、限られた時間の中で住民の総意をまとめる役目は少し重いように感じた。(大) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 網走 消された横断歩道 (完) 2020/01/13掲載(網走市/社会・本誌連載) 少ない歩行者 山下通線、押しボタン信号機の移設で / 市内大曲地区の市道・山下通線にあった押しボタン式信号機を撤去した理由(根拠)の一つに、網走署は「歩行者の少なさ」を挙げる。また、信号機を新設しない理由については「設置・維持費の負担」などとする。人口減少、財政難―。小さなまち網走において、この壁を乗り超えるために必要なことは、行政と市民が互いに敬意を払った上での十分な議論だと、取材を通して感じた。(大)
横断歩道なぜ消した / ■調査 / 網走署は今年8月下旬、押しボタン式信号機があった市道・山下通線の1日の交通量(車両台数)と歩行者数を調査した。登校時間や通勤時間と重なる「午前7時半~8時半」の交通量は約300台と多かった一方、歩行者は10人。1時間平均だと車両160台、歩行者は4.5人だった。この調査からは、交通量は多いものの歩行者は少ないことがわかる。同署はこうした理由からも、信号機の撤去・移設を決定した。■維持費 / はたして、信号機の〝お値段〟はいくらなのか? 押しボタン式信号機の場合(道路の両脇に1基ずつ)、「300万円から400万円ほどかかるそうで、設置にかかる工事費はこの価格に含まれてはいないそうです」(同署)。信号機の新設に係る費用は決して安価ではないようで、維持費の詳細は調べきれなかったが、「電球交換などのメンテナンス代、電気代など安くないはずです」(同署)。同署はこうした事情も踏まえ、署管内にある2基の1灯式信号機も撤去することを決めている。
山下通線は市街地と比べ交差点や信号機が少ないため、ドライバーにとっては走りやすい道路だ。大型トラックもひんぱんに行き交う。撤去された押しボタン式信号機付近の道路は勾配があり、「背の低い子どもは通行車両を発見しにくいこともあるはず」(男性住民)。記者も同感だ。信号機を新設しない―という方針は理解できる。ただ、歩行者は少ないが、交通量は多いといった今回のようなケースだと、横断歩道は残しておくべきではなかったろうか? 人口減少社会は、様々な課題を浮上させる。今回の信号機撤去はほんの一例で、記者は日々の取材の中で「高齢者宅の除雪・ごみ出し」「中学校にある部活動の廃部・休部」問題などにふれる。行政(役所、警察、学校など)、そして住民(児童や生徒、学生含む)相互による丁ねいな、時間をかけた「議論スタイルの構築」がそれらの解決策の一つだと感じた。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

網走市移動等円滑化のために必要な市道の構造に関する基準を定める条例

音響式信号機の設置場所(北見方面) – 北海道警察のホームページ

高齢者等感応式信号機の設置場所(北見方面) – 北海道警察のホームページ

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 秋の交通安全運動

poster

2019年(令和元年) 秋の交通安全運動

関連記事

全国交通安全運動(ぜんこくこうつうあんぜんうんどう)とは、交通対策本部の定める要領に基づいて日本全国で実施される交通安全に関する啓発活動期間。 時期 / 原則では春季は4月6日–4月15日、秋季は9月21日–9月30日とされているが、正式な日程は毎年交通対策本部によって決定される。 また4年に1度行われる統一地方選挙の年は春季が5月11日–5月20日へと変更される。 運動期間中の交通事故を低減する趣旨から、主な啓発活動については通常運動期間前から実施されている。 (全国交通安全運動 – Wikipedia)

関連サイト

秋の全国交通安全運動(9月21日(土)から9月30日(月)まで)
交通安全運動 – 北海道警察ホームページ

令和元年 秋の全国交通安全運動が行われます – シンク出版株式会社ホームページ

令和元年秋の全国交通安全運動推進要綱 – 内閣府ホームページ

関連エントリ

全国交通安全運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月11日は警察相談の日です (#9110 日本)

9月11日は察相談の日です (#9110 日本)

関連記事

#9110(シャープきゅういちいちまる)は、日本において、生活の安全や悩み事に関する事柄を警察に相談する目的で設定されている電話番号である。 概要 / ストーカーや家庭内暴力、悪質商法など、生活の安全・平穏に関しての悩み事などを相談するための電話番号である。実際に事件が発生する前に手立てを打つことが出来ず、重大な事件にまで発展してしまったこともあることから、警察に身近に相談できる手段として、1989年から運用が開始された。警察や警察官に対する意見・苦情も受け付けている。 北海道警察の各方面本部を含む、全都道府県警察本部に対応のための相談室が設置されているが、名称はそれぞれ異なる。日本全国どこからでも利用可能で、携帯電話からも利用可能である。電話を掛けると、その場所を管轄する警察本部の相談室につながる。なお、土日・祝日及び夜間については、当直に接続されるか、自動音声での対応となる。 「#9110」にダイヤルすることで、始めにオペレーターが電話を取り、担当する部署などに電話を繋げることができる。対応時間は各警察署によって異なるが、夕方17:00頃までとする所が多い。 日本語以外の言語や年齢、性別や国籍等に関わりなく相談を受け付けている(多言語対応者が常時待機)。各警察によっては、聴覚障害者へのファクシミリでの対応を行っている所もある。 110番が、事件や事故の際に直ちに警察官の出動を要求するための電話番号であるのに対して、#9110は、警察に対して緊急性の低い連絡を行うための電話番号である。しかし2014年時点では未だ110番のように浸透していないのが実情である[3]。警察では、#9110にちなんで毎年9月11日を「警察相談の日」と定め、#9110や警察の相談窓口を有効に利用することを呼びかけている。 (9110 – ウィキペディア)

関連サイト

サイトメニユー – 北見方面美幌警察署ホームページ

北海道警察北見方面本部ホームページ – サイトメニユー

北海道警察ホームページ 相談センターの紹介

関連エントリ

警察相談の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

#9110 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

連載 高齢ドライバーの現状 (北海道オホーツク管内)

連載 高齢ドライバーの現状 (北海道オホーツク管内)

関連記事

高齢ドライバー(こうれいドライバー)は、いつ逮捕されても不思議ではない犯罪予備軍である。 高齢者ドライバー、老人ドライバーなどと呼ばれることもある。 概要 / 高速道路をはじめとする一方通行道の逆走や、ブレーキの代わりにアクセルを踏み込むことによる暴走行為など、道路交通法規に違反する無秩序な運転を行い交通の危険を生じさせる運転者群である。若年ドライバーによる暴走族と類似性があるが、暴走族が故意に危険な運転をするのに対して、高齢ドライバーの場合には危険な運転をしているという自覚がないのが特徴である。 高齢ドライバーの一部には、飲酒運転や、免許の更新をしていないのに運転する無免許運転のように、明確な犯罪といえる行為に及ぶ者も一部には存在する。しかし、そのようにあからさまな犯罪行為など、高齢ドライバーの問題においてはほんの氷山の一角に過ぎない。 高齢ドライバーによる典型的な犯罪は、自動車運転過失致死傷罪と道路交通法違反である。前者は7年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金という刑が定められており、これは、若年の犯罪予備軍にみられがちな暴行罪(2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は勾留若しくは科料)や公務執行妨害罪(3年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金)よりも重い罪となっている。高齢ドライバーは、いつ逮捕され刑務所に送られることになっても不思議はないのである。 人間は年を経るに従って身体的機能が衰えるものであり、このことは運転についても同様である。ところが、多くの高齢ドライバーには運転能力が衰えているという自覚がなく、それどころか、運転だけは誰にも負けないという奇妙な自信を持っている。長年の経験を積んでいることがその自信の根拠のようである。どんなに経験が長くても、年を取ったスポーツ選手は能力が衰えて引退せざるをえなくなることを考えてみれば、とっさのときに自分が適切な行動を取れるかどうかわかりそうなものであるが。 人生を犯罪者として終える前に、免許を返納すべきである。 (高齢ドライバー – アンサイクロペディア)

連載 高齢ドライバーの現状 (1) 2019/08/03掲載(網走管内/社会・本誌連載) 管内の運転免許証自主返納が急増 / 高齢ドライバーによる痛ましい交通事故が全国各地で相次ぎ、各メディアが大きく報じるなど社会問題化している。都市部に比べ公共交通網の手薄なオホーツク地方では、高齢になってもマイカーを手放せない人も多く、難しい課題となっている。運転免許証自主返納の状況や高齢ドライバーの特徴などを連載で紹介する。 前年比で5月は1.5倍、6月2倍 4月の東京・池袋の暴走事故影響か / オホーツク管内で自動車の運転免許証を自主返納する人が、5月から急増している。道警北見方面本部交通課によると、5月は前年同月比30人増の97人、6月は同54人増の104人だった。同課は、高齢ドライバーによる交通事故が相次いで報道されていることが一因とみている。 東京・池袋で高齢ドライバーの暴走により2人が死亡した4月の交通事故発生以降、全国各地の高齢ドライバーによる交通事故が相次いで報道されるようになった。 管内における運転免許証の自主返納者数は月によってばらつきがあるものの、2017年が計724人、18年が計706人で月平均約60件だった。今年は1月55人、2月49人、3月83人、4月65人で推移。5、6月と急増した。 運転に関する適正相談を受けている北見運転免許試験場(北見市大正、0157・36・7700)には、加齢や病気で運転に不安がある人などからの相談が寄せられている。 内容はさまざまだが、医師から認知能力の低下を指摘されても自覚がないため運転を続け、心配する家族が相談に訪れるケースもあるという。 一方で「通院や買い物に困るので、運転に不安があっても免許証を返納できない」という声も多い。 糖尿病を患う70代の男性は「運転には自信があるが、ウインカーを出そうと思ってワイパーを動かしてしまったことがあり、一瞬、パニックになった。返納も考えたが、通院や生活のことを考えると、まだ免許証は必要」と語る。 同試験場は「運転に不安を感じたら、遠慮なく早めに相談を。家族だけでなく、町内会など身近に運転の心配な人がいたら、警察や試験場に連絡してください」と呼び掛けている。(匡) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 高齢ドライバーの現状 (2) 2019/08/06掲載(北見市/社会・本誌連載) 加齢とともに視力や判断力低下 / 民間シンクタンクの調査によると、65歳以上のドライバーは自分の運転に自信を持つ人の割合が高く、80歳以上になると約7割が「自信がある」と回答。しかし身体能力や認知能力、判断能力などは、程度の差こそあれ加齢による低下は避けられない。免許更新時の高齢者講習や北見市主催の高齢運転者講習を受託する野付牛自動車学校の中尾利美校長に高齢ドライバーの特徴や注意すべき点などを聞いた。 北見の野付牛自動車学校 中尾 利美校長に聞く 踏み間違いは全世代で発生も、高齢者は重大事故が増加 運転経験から得た自信が操作ミスを誘発 / 【視力の低下】動体視力が低下し、視野が狭くなると相手の車を見落としたり、速度や距離感覚の誤認により出合い頭の衝突事故などが起きる恐れがあります。また信号や標識、歩行者や自転車などの見落としや見誤りも懸念されます。 【判断能力の低下】とっさの判断の遅れや誤操作が起きやすくなります。また一度に複数の操作をする際に判断や決定までの情報処理に時間がかかるようになります。【操作能力の低下】判断能力と身体能力の低下により瞬間的な対応が難しくなります。また、今までの運転経験で得た自信と、現在の身体能力の差により操作ミスを起こしやすくなります。 【踏み間違えはなぜ起きる?】ペダルの踏み間違いは高齢者に特別多いというわけではなく、他の年代にもありがちな操作ミスです。しかし高齢になると踏み間違いによる重大事故が一気に増加します。これはアクセルとブレーキの踏み間違いに気付くのが遅れることが原因と考えられます。 通常、ドライバーはブレーキとアクセルを踏み間違えた場合、瞬時に気付いて修正します。しかし誤操作に気付くのが遅れるとパニック状態となり、重大事故につながることがあります。!踏み間違いが起きる事例として「後退時に窓やドアを開けて上体をひねる」「有料駐車場の出入り口で腕を伸ばす」が挙げられます。 こうした動作により下半身とのずれが生じ、右足がブレーキペダルからアクセルペダルにずれてしまう事故例があります。 もちろん個人差はありますが、加齢に伴い股関節が硬くなり、頭の中ではブレーキペダルを踏んでいるつもりが、実際はアクセルペダルを踏んでしまうということが起きるようです。 すべての事故原因がこれらに当てはまるわけではありませんが、このような状態(体勢)になると誤操作が起きてしまうという意識を持つことが大切です。 【高齢ドライバーが注意すべき点】高齢運転者の中には安全運転意識の高い方、自分の身体能力、認知能力を自覚して運転している方も多数います。しかし高齢になれば様々な機能に変化が生じます。重大事故を防止するためにも運転前の体調を確認し、無理をせず状況に見合った運転をすることが大切です。また、日頃から足腰を鍛え、柔軟性を保つ運動を実践しましょう。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 高齢ドライバーの現状 (3) 2019/08/09掲載(北見市/社会・本誌連載) 自動車の自動ブレーキシステム あくまで補助、過信は禁物 / 北見地方自動車整備振興会 男性に聞く 機能や役割を理解して活用を 自動車の日ごろのメンテナンスも重要 / 相次ぐ高齢運転者の事故により、衝突を回避したり衝撃を緩和する自動ブレーキシステム(衝突被害軽減ブレーキ)への関心が高まっている。しかし、システムの機能や役割については、誤解も少なくないという。北見地方自動車整備振興会の中田吉則さんに自動ブレーキシステムの基礎知識を聞いた。?【自動ブレーキシステムとは】自動ブレーキシステムは、メーカーによって方式や仕組みに違いはありますが、基本的には自動車が前方の障害物と衝突するのを避ける、または衝突速度を下げるために自動的に作動する安全装備です。車載のカメラやレーダーが捉えた情報をコンピューターが解析し、車や自転車、歩行者などと認識すると警告音を発します。それでも衝突の危険があると判断した場合、自動ブレーキが作動して被害軽減を図ります。!【状況により誤作動も】大変心強いシステムですが、あくまでも運転をサポートするための技術です。また、周囲の環境や速度によっては誤作動を起こしたり、作動しない場合もあることを理解しましょう。たとえば、前方にある金網や壁を障害物と認識しないケースがある一方、道路工事中に路上に敷かれている鉄板や道路脇に生い茂った樹木を障害物と認識してしまうケースなどがあります。また、逆光時やトンネル進入直後なども誤作動が起きる可能性があります。 【日ごろのメンテナンスが重要】自動ブレーキシステムが性能を十分発揮するには日ごろのメンテナンスも重要です。主なチェック項目はタイヤの空気圧や溝の磨耗状況、ブレーキなど。車載カメラはフロントガラスの汚れや油膜の影響を受けますので、各メーカーの規定などに準じて適切に管理しなければなりません。また、自動ブレーキの作動中にドライバーがアクセルを踏み込んだり急ハンドルなどの回避行動を取ると解除されることがありますので、注意が必要です。 【あくまでも運転の補助】自動ブレーキシステムは現在、新車の約8割に標準装備されており、近い将来は100%となる見通しです。今後はさらに技術が進歩し、検知機能の向上や誤作動の減少が期待されるところです。ドライバーは、自動ブレーキシステムにできること、できないことを十分に理解し、あくまでも運転の補助であることを意識して運転することが大切です。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 高齢ドライバーの現状 (4) 2019/08/12掲載(北見市/社会・本誌連載) 北見市の高齢者運転講習 自分の運転に“気付く”機会に / 北見市は70歳以上の運転免許所持者を対象とする「高齢者運転講習」を春と秋の年2回、開催している。高齢ドライバーの事故に関する報道が相次いでいたころの今年5月の講習会には、定員を大きく上回る申し込みがあった。参加者には改めて自分自身の運転を見直す良い機会となっているようで、市は回数増などの拡充を検討している。 年2回開催、前回は定員の2倍近い申し込み ミント宅配便のメニューにも交通安全教室が / この講習は、高齢運転者の安全意識を高める狙いで昨年度にスタート。野付牛自動車学校に委託し、春と秋の交通安全運動に合わせて年2回開催している。5月に開かれた今年度1回目の講習会は7歳から89歳まで定員いっぱいの20人が受講。申し込みは定員の2倍近くに上ったという。 講習では最初に実車教習が行われ、参加者は方向転換や縦列駐車、カーブ走行、段差の乗り上げなどに取り組んだ。車両感覚やアクセル・ブレーキの操作などに感覚のずれや遅れがないかをチェックし、同乗した教官から指摘やアドバイスを受けた。 座学では免許更新時の注意点や社会問題化する高齢ドライバーの事故について学び、ドライビングシミュレーターも体験した。 講習後に回収したアンケートでは「今後のことを考えるきっかけになった」「無理して運転するのはいけないと思った」などの声が寄せられている。9月26日には今年度2回目の講習が行われる予定だ。 市民の関心の高さを受け、市は講習の拡充や別の形態による啓発事業などを検討している。 このほか市は出前講座「ミント宅配便」のメニュー(行政編)に交通安全教室を設けている。町内会や老人クラブなどの利用があり、参加者は身体能力や認知能力などを試す簡単なテストに取り組みながらセーフティドライブを学んでいる。 市民生活課交通安全担当係長の北村浩一さんは「運転講習や交通安全教室の大きな目的が、自分自身の現在の状態を知る“気付きの場”になること。受講後に、それぞれ感じたことを実践してくれればいいですね」と語る。 また「身体・認知機能は個人差が大きく、年齢を重ねたからといって必ずしも衰える一方ではありません。長く安全に運転するためには日ごろの運動も大切です」と呼びかけている。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 高齢ドライバーの現状 (完) 2019/08/16掲載(その他/本誌連載) 高齢ドライバーの事故は増加? 内閣府の交通安全白書より / 件数は横ばいも比率が増加 死亡事故の割合高く / 高齢ドライバーによる痛ましい交通事故の報道が相次いでいるが、果たして高齢ドライバーの事故は増えているのだろうか。内閣府の「平成29年交通安全白書」から高齢ドライバーの事故状況や運転特性などをひも解いた。 白書によると交通死亡事故の総数はこの10年、減少傾向が続く。そうした中、75歳以上の運転者による死亡事故は、ほぼ横ばいで推移。そのため高齢者の事故の割合が相対的に増加している(グラフ (1)参照)。 一方、75歳以上の運転者の死亡事故件数(免許証所有者10万人あたり)は75歳未満の運転者に比べ2倍余りに上る(グラフ (2)参照)。このように高齢ドライバーの事故は件数自体が増えているわけではないが全体に占める割合が増加し、死亡事故の比率が高いというのが実情のようだ。高齢化の進行とともに75歳以上の免許所有者は今後も増加する見通しで、事故の増加が懸念されている。 白書では高齢ドライバーの特性として動体視力の低下や、同時に複数の情報を処理したり瞬時の判断が苦手になることなどを指摘。死亡事故の原因ではハンドルなどの操作不適(運転ミス)が他の年代に比べて多いのが特徴で、このうちアクセルとブレーキの踏み間違いは他の年代の8倍に上る。 今年上半期に起きた痛ましい交通事故を受けて国は6月、「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」を策定。高齢者に関する対策として衝突被害軽減ブレーキの国内基準策定や高齢者に特化した免許制度創設の検討、自主返納制度の支援、公共交通機関の活用などを掲げている。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

高齢ドライバー | NHKクローズアップ現代+

高齢者を取りまく現状 | 平成29年交通安全白書(概要) – 内閣府ホームページ

高齢者講習と認知機能検査 – 北海道警察ホームページ

関連エントリ

高齢ドライバー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年)6月 ほくとくん防犯メール (北海道警察)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

2019年(令和元年)6月 ほくとくん防犯メール (北海道警察)

関連記事

ほくとくん防犯メールに登録しましょう / ほくとくん防犯メールとは ?  北海道警察では、犯罪から子どもを守るために、子どもに対する声かけ事案や犯罪の発生・防犯対策情報などを希望者のパソコン、携帯電話にメールで配信するサービスを行っています。通信料はご利用者の負担となりますが、どなたでも無料で登録することができます。 (ほくとくん防犯メールに登録しましょう | 美幌町ホームページ)

不審者情報について / 不審者情報がよせられましたので、あんしんネットびほろでメール配信しました。 (不審者情報について | 美幌町ホームページ)

関連動画

子どもの安全 不審者対応 「あっ!危ないきみならどうする」 – YouTube
子どもの不審者対応 2「知らない人から声をかけられた時 1」 – YouTUbe
子どもの不審者対応3「知らない人から声をかけられた時 2」 – YouTube

関連サイト

過去に配信したほくとくん防犯メール – 美幌警察署ホームページ

ほくとくん防犯メール – 北海道警察ホームページ

子どもコーナー – 北海道警察ホームページ

バリアフリー – 北海道警察ホームページ

関連エントリ

あんしんねっとびほろ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ほくとくん防犯メール の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

交番・駐在所 (北海道警察北見方面美幌警察署ホームページ)

300px-Menschliches_Auge.jpg

交番・駐在所 (北海道警察北見方面美幌警察署ホームページ)

関連記事

交番 日本の警察が設置している、警察官の詰所 / 交番(こうばん)は、日本の警察が設置している施設で、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。通常は警察署地域課の警察官が勤務している。英訳語としては、ポリスボックス(英語: police box)が当てられるが、音訳のローマ字で(kōban)と表記される場合もある。警察官の間ではハコと呼ばれる。警察用語ではPBと呼ばれている。 交番の役割 / 交番と駐在所には、都道府県公安委員会の規則などにより管轄区域が割り当てられており、交番の勤務員は通常はその範囲内の治安維持にあたる。ただし、本署の指示があったときや緊急の場合には管轄区域にかかわらず出動する。また、交番の勤務員は、例えばパトロールカーによるパトロール、留置管理、被疑者の護送、重大な事件の捜査など警察署の他の部署の職務の応援に回ることもある。これを「補勤」(ほきん)という。市街地の各所に警察官の詰め所を設けることで、周辺地域の治安の維持と住民の利便を図ろうというものである。交替で番をするところであるためこのように呼ばれる。日本の治安が良好な要因のひとつは全国の交番にあるのではないかと、他の国からの注目は高い。 (交番 – Wikipedia)

駐在所(ちゅうざいしょ、英: Residential police box)は、警察、消防または海上保安庁の施設で、郊外や過疎地域・山間部・離島などで、それぞれ警察官、消防吏員、海上保安官が常駐する。 警察 / 交番と同等の役割を有するが、交番が交代制であるのに対し、通常、駐在所員である警察官とその家族が住む官舎を兼ねていることが違う点である。 (駐在所 – Wikipedia)

美幌警察署(びほろけいさつしょ)は、北海道警察北見方面本部が管轄する警察署の一つである。 管轄区域 / 美幌町、津別町。所在地 / 北海道網走郡美幌町字大通南1丁目19。 沿革 / 1907年3月 網走警察署美幌派出所設置。1925年6月 美幌警察署に昇格。1948年3月 美幌・津別町の両自治体警察が分離発足。1952年7月 美幌町警察廃止。国家地方警察美幌地区警察署設置。1954年7月 北海道警察に統合。現在に至る。 交番・駐在所 / 美幌町 / 仲町交番(網走郡美幌町字仲町2-38) 上美幌駐在所(網走郡美幌町字美富461-11) 福住駐在所(網走郡美幌町字福住381) 津別町 / 津別駐在所(網走郡津別町字旭町7) 活汲駐在所(網走郡津別町字活汲237-1) 本岐駐在所(網走郡津別町字本岐4-11) ※相生駐在所は平成26年4月に廃止となった。 エピソード / テレビドラマ『踊る大捜査線』の登場人物の室井慎次が、副総監誘拐事件(『踊る大捜査線 THE MOVIE』)以後に降格され、この警察署に署長として赴任したとの設定がなされた事から、一躍全国的に有名な警察署となった。 (Wikipedia ー 美幌警察署)

室井 慎次(むろい しんじ)は、1997年1月 – 3月にフジテレビ系で放送された刑事ドラマ『踊る大捜査線』およびその劇場版の登場人物。俳優は柳葉敏郎。 経歴 / 公式出版物による経歴。平成10年 4月 警察庁警備局 警務課首席監察官 警視正、10月 警視庁刑事部 参事官、12月 北海道警察 美幌警察署 署長 警視。 人物 / いわゆるキャリア組の官僚である。TVシリーズ当時は警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査担当管理官、その後歳末SPでは警察庁警備局警備課長、秋SPでは警察庁長官官房警務課首席監察官、『THE MOVIE』の時点で警視庁刑事部参事官(警視正)にまで出世したが、本庁上層部の命令を無視して行動した為、降格となり、北海道警察本部美幌警察署長(警視)に左遷された。 (Wikipedia ー 室井慎次)

関連動画

子どもの安全 不審者対応 「あっ!危ないきみならどうする」 – YouTube
子どもの不審者対応 2「知らない人から声をかけられた時 1」 – YouTUbe
子どもの不審者対応3「知らない人から声をかけられた時 2」 – YouTube

関連サイト

交番・駐在所だより(交番速報 ミニ広報誌) – 美幌警察署ホームページ

交番・駐在所一覧 – 美幌警察署ホームページ

管轄区域と管内概要 – 美幌警察署ホームページ

バリアフリー版トップページ – 美幌警察署ホームページ

関連エントリ

美幌警察署ホームページ(北海道 美幌町)- 美幌音楽人 加藤雅夫

交番・駐在所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道北見市 常呂自治区)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道北見市 常呂自治区)

関連記事

早くもヒグマ出没 2019/04/13掲載(北見市/社会・話題)
北見市常呂町日吉の市道沿い / 10日午後2時過ぎ、道道から300メートルほど入った北見市常呂町日吉の市道沿いで、親子とみられるヒグマが目撃された。ヒグマの出没には慣れっこの日吉地区 の住民も、車の走行が頻繁な道道付近で白昼堂々と現れたのには驚いている。積雪が少なく、これからの山菜採りシーズンは特に注意が必要だ。
親子連れが市街地付近で白昼堂々 山菜採りシーズン控え…特に注意を / 北見市常呂総合支所によると、10日午後2時15分ころ、常呂郵便局の配達員が道道北見常呂線から吉野地区に向かう市道沿いで、小さなヒグマを見掛けた。配達業務の帰りに同じ市道を通行すると、今度は大きなヒグマを目撃したと同支所に連絡があったという。 地元の猟友会に連絡し、現地を確認したところ、クマの足跡が確認されたことから注意看板を設置し、関係機関に通報した。 日吉の市街地に近く、道道沿いにガソリンスタンドがあり、そこから吉野浄水場に向かう市道に入って約300メートル付近。道道を通行する車両が、丸見えの個所で、しかも日中の親子連れ。地域住民は「日吉や吉野にはクマがいると思って生活している。でもずいぶん大胆」と話す。 同支所によると、常呂自治区の年間のヒグマの駆除数は一昨年が1頭で昨年はゼロ。人身事故は近年起きていない。「目撃情報は例年、5月の連休ころから寄せられるが、今年は早いのかもしれない」と警戒する。 冬眠から目覚めたヒグマは、フキなど軟らかな山菜を食べる傾向にあり、これからの山菜採りシーズンに、夢中になって採取する人間と出合い頭の遭遇が最も危険と言われる。 同支所は「クマの足跡やふんを見つけたらすぐに引き返し、連絡を」と注意を呼び掛けている。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ヒグマ目撃情報【常呂自治区】 | 北見市ホームページ

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

北海道警察北見方面本部 – ヒグマの出没状況

関連エントリ

ヒグマの出没 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道網走市)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2019 春のヒグマ出没情報 (北海道網走市)

関連記事

ヒグマの道 解明へ 2019/04/10掲載(網走市/社会)
網走市が調査 本格化 / 網走市は、市内で目撃情報が相次ぐヒグマの出没ルートなどを解明する本格的な調査に乗り出す。近年、市街地でも出没情報が目立つことから、ヒグマの生態に詳しい知床財団に調査を委託するほか、関係者らを対象にした“最新情報”を学ぶ講習会も開催する。
市街地でも相次ぐ目撃情報 / ヒグマ生息実態調査は、市の独自事業として実施する。主な調査は、 (1)DNA分析による出没するヒグマの個体特定 (2)出没ルートの解明-だ。市は年度当初予算に関連事業費60万円を計上した。 (1)は、ヒグマの残した糞や肉片などから採取したDNAを基に、市内各地に出没するヒグマの頭数などを把握したい考え。例えば、市内A地点で採取したDNAと、市内B地点でのDNAが一致すれば、同一個体と判断でき、ある程度の出没ルートも絞ることができる。 (2)は、市内の数カ所に小型カメラを設置し、ヒグマの動向をチェックする。カメラに収録した画像を基に出没ルートをある程度把握できれば、効果的な人的被害の防止策や捕獲などにつながる。 近年、網走市内においてヒグマの出没件数は増加傾向にある。市が公表する関連情報によれば、平成26年度の出没件数15件に対し、28年26件、29年35件、30年28件と増えている。 昨年6月にはアパートなどのある天都山地区の住宅街に出没し、関係者を驚かせた。市の担当者は「予想のできない動向になっている」と懸念する。 市は調査のほか、地元猟友会、市職員などの関係者や一般市民を対象にした講習会も企画。今後、開催時期などを具体化し、ヒグマによる事故防止策に力を入れる考えだ。
網走市では幸い、ヒグマによる人的被害は発生していない。しかし、近年の出没増加ペースを踏まえると、今回のような調査は重要だ。ヒグマの生態に詳しい関係者は「市には単年度で調査を終えるのではなく、数年かけた上での詳細結果を市民の生命と財産を守ることにつなげてほしい」と期待を寄せている。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ヒグマの出没にご注意を | 網走市ホームページ

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

北海道警察北見方面本部 – ヒグマの出没状況

関連エントリ

ヒグマの出没 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道警察北見方面本部 本部長の着任会見 (北海道北見市)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

北海道警察北見方面本部 本部長の着任会見 (北海道北見市)

関連記事

道警北見方面本部長が着任会見 2019/03/27掲載(北見市/社会)
「治安維持に全力」 / 道警北見方面本部の本部長(59)が22日に着任し、25日に同本部で会見した。「犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道の実現に向け、治安維持に全力を尽くします」と抱負を述べた。 留萌市出身。札幌方面中央警察署長、道警本部交通部長などを歴任した。北見方面本部管内での勤務は初めて。 会見では交通事故防止や特殊詐欺被害防止への決意を語り「交通事故死者数は減少しているが、特に高齢者の割合が高いので指導や注意喚起を強化したい。特殊詐欺については被害防止のため手口と対応策を理解してもらえるよう、情報発信したい」と力を込めた。(匡) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

バリアフリー – 北海道警察北見方面本部

北海道警察北見方面本部ホームページ

関連エントリ

北海道警察北見方面本部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロコ・ソラーレと北見藤高校による特殊詐欺被害防止メッセージ (北海道北見市)

ダウンロード

ロコ・ソラーレと北見藤高校による特殊詐欺被害防止メッセージ (北海道北見市)

関連記事

特殊詐欺被害防止のメッセージ考案 2019/03/26掲載(北見市/社会・教育)
北見藤女子高生徒会の6人 / 特殊詐欺被害を防ごうと、北見藤女子高校の生徒会のメンバー6人が被害防止のメッセージを考え、これを基に合言葉をつくった。道警北見方面本部の依頼を受けて考案したもので、同本部は女子カーリングチームのロコ・ソラーレのメンバー4人がこのメッセージを呼び掛ける広報映像を制作。19日に同校で発表会が行われ、生徒達が思いを語った。
合言葉は「北海道」…道警北本の依頼受け ロコ・ソラーレのメンバーが呼び掛ける広報映像制作 / 合言葉は『北海道(ほっかいどう)』。考えたメッセージ「ほっ…ほっとかないで」「か…家族と決めよう合い言葉」「い…今すぐ必要と言われても」「ど…動揺しないで」「う…うそを見破ろう」の頭文字をつなげた。 同校の生徒会は、同本部が管内の高校に呼び掛けて昨年10月に立ち上げた「オホーツク高校生安全安心ボランティア」に参加しており、これまで啓発活動に参加している。その縁で、メッセージの考案を託された。 依頼を受けた生徒会の会長(2年女子生徒)ら6人は昨年12月、みんなが覚えやすい合言葉にしようと協議。頭文字が北海道になるようにメッセージを考えた。 発表会には、このうち5人が出席。会長は「1件でも詐欺をなくしたいという思いで考えました。この合言葉が詐欺被害を防ぐきっかけになれば」と語った。 ロコ・ソラーレがメッセージを呼び掛ける映像は、同本部のHPで視聴できる。(匡) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

振り込め詐欺(ふりこめさぎ)とは、電話やはがきなどの文書などで相手をだまし、金銭の振り込みを要求する犯罪行為。詐欺事件の総称として2004年に警察庁が命名した。面識のない不特定多数の者に対し、電話その他の通信手段を用いて、対面することなく被害者をだまし、被害者に現金などを交付させたりする特殊詐欺の一種。 2004年11月まではオレオレ詐欺と呼ばれていたが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったため、特殊詐欺の内の4つの型(成りすまし詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金詐欺)を総称して、2004年12月9日に警察庁により「振り込め詐欺」に統一することが決定された。 (振り込め詐欺 – Wikipedia)

関連サイト

北海道警察北見方面本部ホームページ

北見藤高等学校ホームページ

関連エントリ

オホーツク高校生安心安全ボランティア (北海道警察北見方面本部) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る