信時潔 の検索結果: 8 件

日本の作曲家 信時潔 (海ゆかば)

800px-Sunflowers.jpg

日本の作曲家 信時潔 (海ゆかば)

関連記事

『海行かば』(うみゆかば)とは、日本の国民歌謡の一つ。軍歌として分類されることもある。詞は、『万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」(『国歌大観』番号4094番。『新編国歌大観』番号4119番。大伴家持作)の長歌から採られている。作曲された歌詞の部分は、「陸奥国出金詔書」(『続日本紀』第13詔)の引用部分にほぼ相当する。信時潔の作品 / 当時の大日本帝国政府が国民精神総動員強調週間を制定した際のテーマ曲。信時潔がNHKの嘱託を受けて1937年(昭和12年)に作曲した。信時の自筆譜では「海ゆかば」である。 (海行かば – Wikipedia)

信時 潔(のぶとき きよし、Kiyoshi Nobutoki、1887年(明治20年)12月29日 – 1965年(昭和40年)8月1日)は、大正・昭和時代日本の作曲家、音楽学者、チェロ奏者。大阪市出身。略歴 / 牧師・吉岡弘毅(元津山藩士の外交官で明治初期の日朝外交を担当)の子として大阪市北区中之島に生まれ、幼少より賛美歌に親しんだ。東京音楽学校助教授を勤めたのち、留学先のドイツでゲオルク・シューマンに師事、帰国後に東京音楽学校教授となる。主な作品には、国民唱歌『海ゆかば』(大日本帝国海軍の将官礼式用儀制曲『海ゆかば』とは同名異曲)などがある。校歌・社歌・団体歌等の作曲も数多く手がけ、生涯で少なくとも1000曲以上を数える。太平洋戦争後は作品数が減るが、これは『海ゆかば』が軍国主義に利用され、学徒出陣の際に用いられたことに対抗できなかったことを恥じたものだとも言われる。 (信時潔 – Wikipedia)

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、マル4計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合って開隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。 (美幌海軍航空隊 – Wikipedia)

関連サイト

信時潔研究ガイド (明治生まれ、大正-昭和中期の作曲家・信時潔 に関する研究情報ページです Research guidance pages about Kiyoshi Nobutoki (1887-1965), Japanese composer.)

太平洋戦争中、“第二の国歌”といわれた軍歌「海行かば」に作曲家・信時潔のキリスト教信仰 – クリスチャントゥデイ : キリスト教ニュース

海ゆかば – NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

関連エントリ

海ゆかば の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

信時潔 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kiyoshi Nobutoki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北原白秋命日(11月2日)

A_picture_training_ship_investigation_ship_Unyou-maru_of_a_sailing_boat_type_stored_in_Tokyo_ocean_University_is_sailing_over_the_sea.jpg

Kitahara_Hakushu.jpg

北原 白秋(きたはら はくしゅう、1885年(明治18年)1月25日 – 1942年(昭和17年)11月2日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど、活躍した時代は「白露時代」と呼ばれる近代の日本を代表する詩人である。 作品: 童謡集: からたちの花、トンボの眼玉。 童謡・作詞: 雨降り、ゆりかごのうた、砂山、からたちの花、この道、ペチカ、あわて床屋、待ちぼうけ、城ヶ島の雨、ちゃっきり節、雲鷹丸記念歌。
ja.wikipedia.org/wiki/北原白秋

北原白秋命日(11月2日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

校友会誌、「菫香(きんか)」(北海道北見柏陽高校)

Hokkaido_Kitami_Hakuyo_High_School.JPG

Ok-4.jpg

北海道北見柏陽高等学校(Hokkaido Kitami Hakuyo High School)は、北海道北見市にある公立(道立)の高等学校。全日制普通科。 沿革: 1923年(大正12年) 5月1日、北海道常呂郡野付牛町女子職業学校として設立。 1934年(昭和9年) 6月6日、北海道野付牛町立高等家政女学校。 1936年(昭和11年) 3月4日、北海道野付牛町立高等女学校。 1937年(昭和12年) 10月1日、北海道庁立野付牛高等女学校。 1942年(昭和17年) 6月10日、北海道庁立北見女子高等学校。 1948年(昭和23年) 4月1日、北海道立北見女子高等学校。 1950年(昭和25年) 4月1日、北海道立北見柏陽高等学校。 2003年(平成15年) 9月6日、創立80周年記念式典を挙行する。 2013年(平成25年) 10月6日、創立90周年記念式典を挙行する。
ja.wikipedia.org/wiki/北海道北見柏陽高等学校

校友会誌、「菫香(きんか)」(北海道北見柏陽高校) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イランカラプテ川柳(平成23年8月)

800px-Sunflowers.jpg

5c2f2cfc83c7aa5a1e948cd49f247be8.jpg

川柳「イランカラプテ」(2011年8月)開始します。イランカラプテ(Irankarapte)の意は「あなたの心にこんにちは」、川柳は17文字(5・7・5)自由詩。しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」などもどうぞお寄せください。

8月の誕生花: ヒマワリ(向日葵) ユリ(蝦夷黒百合)

イランカラプテ川柳(平成23年8月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Война и музыка 戦争と音楽

Togo_1907.jpg

800px-Naval_Ensign_of_Japan_svg.jpg

Zinovi_Petrovich_Rozhdestvenski.jpg

600px-Naval_Ensign_of_Russia_svg.jpg

5月27日 出来事: 1905年(明治38年)5月27日、日本の帝国海軍は、日本海海戦にて、ロシアのバルチック艦隊を破り歴史的な勝利を収めた。これを記念して、同日(5月27日)は海軍記念日に制定された。 この海軍記念日は戦後になり廃止されたが、現在でも日本海海戦記念式典が毎年開催されている。 (Wikipedia

写真:
 日本海軍 東郷平八郎(Того, Хэйхатиро)
 ロシア海軍 ジノヴィー・ロジェストヴェンスキー(Рожественский, Зиновий Петрович)
 日本とロシアの軍艦旗(Ensign)

Война и музыка 戦争と音楽 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の世界遺産・知床/オホーツク老人の森繁久彌さん死去

rausu12.jpg

rausu11.jpg

羅臼の浜なすの花 / 森繁久弥扮するオホーツク老人(写真提供:Wa☆Daフォトギャラリー
13日放送の、NHK総合テレビ番組「追悼 森繁久弥」を視聴した。テレビ朝日は「徹子の部屋」で第1回ゲスト森繁久弥さんを再放送。16日は、NHKBS2 ビッグショー「森繁久彌 歌は語れ」、NHKラジオ第1オーディオドラマ「日曜名作座」が放送される。

日本の世界遺産・知床/オホーツク老人の森繁久彌さん死去 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イランカラプテ川柳(八月)

人々の心をあたたかい言葉で幸福にしたいと願って、この「イランカラプテ川柳(八月)」を開始します。イランカラプテは「あなたの心にこんにちは!」という意味です。川柳は「5 7 5」17文字の自由詩のことです。しりとり川柳、あたまとり川柳、病み上がり川柳、福祉介護川柳、時事川柳。自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」もOKです。皆さまのあたたかい言葉を、どうぞお寄せください!! Senryu “IRANKARAPTE” Masao Kato (Japan)
イランカラプテ川柳(八月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

OBC(オホーツク・バロック・コンソルテ)演奏会ニュース

OBC(オホーツク・バロック・コンソルテ)は北海道のオホーツク海地域(北見・網走・知床の北網圏)の合唱愛好者で構成する地域ネットワーク混声合唱団。ヨーロッパのバロック時代の音楽・声楽をお楽しみいただけます。
OBC(オホーツク・バロック・コンソルテ)演奏会ニュース の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る