二十四節気 の検索結果: 10 件

2019 日本の国民の祝日 秋分の日 (9月23日)

ET_Moon.jpg

004.jpg

2019 日本の国民の祝日 秋分の日 (9月23日)

関連記事

秋分の日 日本の国民の祝日 / 秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされる。通例、9月22日から9月23日ごろのいずれか1日。 しばしば昼が短くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。詳細は秋分を参照のこと。 (秋分の日 – Wikipedia)

秋分(しゅうぶん、英: autumnal equinox)は、二十四節気の第16番目の節気。昼と夜の長さがほぼ等しいが厳密には昼が若干長い。現行暦9月内、旧暦8月内。 現在広く採用される定気法では、太陽が秋分点を通過した瞬間の太陽黄経が180度になったときで、9月23日ごろである。暦で該当する日が秋分日(しゅうぶんび)で、天文学ではその瞬間を指す。恒気法では冬至から3/4年経過した約273.93日後で、9月21日ごろである。期間としては、秋分日から次の節気の寒露前日までである。 西洋占星術では、秋分を天秤宮(てんびん座)の始まりとする。 (秋分 – Wikipedia)

関連エントリ

月天心 かなしきものに とどまりぬ (美幌白雲) – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋分の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

国民の祝日 3月21日 春分の日

450px-Gosechi_no_Mai-Hime_Shozoku.JPG

国民の祝日 3月21日 春分の日

関連記事

春分の日(しゅんぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされる。しばしば昼が長くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。国民の祝日 / 「春分の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律によって制定された。同法第2条では「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを趣旨としている。行事 / 仏教各派ではこの日「春季彼岸会」が行われ、宗派問わず墓参りをする人も多い。(春分の日 – Wikipedia

春分(しゅんぶん、英: vernal equinox)は、二十四節気の第4。よく昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなるとされるが、実際には昼の方が14分ほど長い(日本の場合。)。記念日 / 日本ではこの日は国民の祝日の「春分の日」となる。春分の日は、国立天文台の算出する定気法による春分日を基にして閣議決定され、前年2月1日に暦要項として官報で告示される。天文学に基づいて年ごとに決定される国家の祝日は世界的にみても珍しい。また、この日をはさんで前後7日間が春の彼岸である。第二次大戦前は春季皇霊祭として祭日であった。(春分 – Wikipedia

皇霊祭(こうれいさい)は、歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式で、宮中祭祀のひとつ。大祭。概要 / 毎年2回、春分日に春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)、秋分日に秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)が斎行される。元々この日はお彼岸であって、先祖を祭る日であった。またお彼岸に最も近い戊の日は、社日として氏子が氏神たる神社に参詣し、春は五穀豊穣を祈り、秋は実りある収穫に感謝する習わしがあった。(皇霊祭 – Wikipedia

関連サイト

皇居乾通り一般公開について – 宮内庁

関連エントリ

春分の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

国民の祝日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年の節分の日(立春)

477px-Oni2WP.jpg

408px-Peanuts.jpg

450px-Arachis_hypogaea3.jpg

2018年の節分の日(立春)

関連記事

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。 一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。(節分 – Wikipedia

立春(りっしゅん、英: Imbolc)は、二十四節気の第1。正月節(旧暦12月後半から1月前半)。 季節 / 春の初め。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる。九州など暖かい地方では梅が咲き始める。二十四節気が成立した中国内陸部は大陸性気候のためこの時期は気温が上がり始めているが、海に囲まれた日本列島ではずれ込み、立春の頃に寒気や荒天のピークとなることが多い。 立春は八十八夜、二百十日、二百二十日など、雑節の起算日(第1日目)となっている。立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風を春一番と呼ぶ。 一般的な節分とは、立春の前日のことである。立春の早朝、禅寺では門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣がある。また、中国では立春の日に春餅(チュンビン)を食べる習慣がある。(立春 – Wikipedia

関連エントリ

節分の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

立春 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2017年の冬至(日本 12月22日)

800px-Candles_in_the_dark.jpg

2017年の冬至(日本 12月22日 )

関連記事

冬至
冬至(とうじ、英: winter solstice)は、二十四節気の第22。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。 現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。 なお、1年で日の出の時刻が最も遅い日・日の入りの時刻が最も早い日と、冬至の日とは一致しない。日本では、日の出が最も遅い日は冬至の約半月後(年明け)であり、日の入りが最も早い日は冬至の約半月前である。 冬至(あるいは、冬至から翌日にかけて、冬至の直後、など)には、太陽の力が最も弱まった日を無事過ぎ去ったことを祝って、世界各地で冬至祭が祝われる。クリスマスも、イラン発祥のミトラ教の冬至祭儀やドイツ北欧のユール(キリスト教以前のゲルマン人の冬至祭)がキリト教と混淆してできたものである。(冬至ー Wikipedia

関連エントリ

冬至 (2014年 12月22日、日本、中国)
http://masaokato.jp/2014/12/22/011040

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)
http://masaokato.jp/2013/12/22/003040 

冬至音楽(Winter Solstice Music)
http://masaokato.jp/2011/12/22/002226

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

「立秋」 (2014年 8月7日、日本)

360px-Pedicularis_verticillata_01.jpg

Hyakuninisshu_018.jpg

「立秋」 (2014年 8月7日、日本)
“The beginning of fall” (August 7, 2014, Japan)

立秋(りっしゅう)は、二十四節気の1つ。太陽の黄経が135度の時で、夏至と秋分の中間にあたる。暦の上ではこの日から秋になるが、実際には残暑が厳しく一年で最も暑い時期。この日を境に、暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すようになる。 藤原敏行は 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」 と詠んだ。 全国高等学校野球選手権大会も立秋辺りで開幕を迎える。

「立秋」 (2014年 8月7日、日本) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2月3日、節分。 2月4日、立春。(日本や中華圏)

330px-Candy_Box.jpg

節分
節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。 大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。 一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。(wiki/節分

立春
立春(りっしゅん)は、二十四節気の第1。 季節: 春の初め。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる。 この日が寒さの頂点となり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。 一般的な節分とは、立春の前日のことである。立春の早朝、禅寺では門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣がある。また、中国では立春の日に春餅(チュンビン)を食べる習慣がある。また、地域によるが節分の日までが日本で一番寒い時期であり、初めて気温が上昇傾向になる日が立春である。(wiki/立春

2月3日、節分。 2月4日、立春。(日本や中華圏) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「大寒」 (2014年 1月20日)

1200px-A_girl_in_a_swimming_pool_-_underwater.jpg

「大寒」(2014年 1月20日)
“Coldest season” (January 20, 2014)

大寒
大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。十二月中(通常旧暦12月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日ごろ。 期間としての意味もあり、1月20日~2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。 西洋占星術では、大寒を宝瓶宮(みずがめ座)の始まりとする。 季節: 寒さが最も厳しくなるころ。 寒(小寒 – 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。 大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。(wiki/大寒

「大寒」 (2014年 1月20日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

330px-Sagittarius2.jpg

The_Last_Samurai.jpg

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。 現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。 西洋占星術では、小雪を人馬宮(いて座)の始まりとする。 季節: わずかながら雪が降り始めるころ。『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。 七十二候: 小雪の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる(日本・中国)。 次候: 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける(日本)。 天気上勝地気下降(てんき じょうとうし ちき かこうす) : 天地の寒暖が逆になる(中国)。 末候: 橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の葉が黄葉し始める(日本)。 閉塞而成冬(へいそくして ふゆをなす) : 天地の気が塞がって冬となる(中国)。 前後の節気: 立冬 → 小雪 → 大雪。 ja.wikipedia.org/wiki/小雪

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月7日、今日から立冬です。

Sasanqua960.jpg

Meretrix_lusoria.jpg

Phasianus_versicolor_in_field.JPG

立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11月7日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日までである。 特徴: 初めて冬の気配が現われてくる日。 秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。 七十二候: 立冬の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める(日本)。 水始氷(みず はじめて こおる) : 水が凍り始める(中国)。 次候: 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める(日本・中国)。 末候: 金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く(日本)。 野鶏入水為蜃(やけい みずにいり おおはまぐりと なる) : 雉が海に入って大蛤になる(中国)。
ja.wikipedia.org/wiki/立冬

11月7日、今日から立冬です。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

東北地方、それは北海道の隣人です

526px-Japan_Tohoku_Region_large.png

469px-Satellite_View_of_Japan_1999.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

東北地方 についてのニュースブログ記事(Google)
北海道 についてのニュースブログ記事(Google)

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第302号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

東北地方、それは北海道の隣人です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る