三笠宮 の検索結果: 4 件

桂宮宜仁親王殿下の薨去に伴う御弔問記帳所の設置。(北海道 北見市)

120px-Cercidiphyllum_japonicum_JPG01d.jpg

桂宮宜仁親王
Yoshihito, Prince Katsura
桂宮宜仁親王(かつらのみや よしひとしんのう、1948年(昭和23年)2月11日 – 2014年(平成26年)6月8日)は、日本の皇族。三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第二男子。今上天皇の従兄弟にあたる。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。お印は桂(かつら)。勲等は大勲位。学位は政治学士(学習院大学)。 戦後初めて、独身で宮家を創設した。住居(桂宮邸・御仮寓)は東京都千代田区三番町6番地18宮内庁分室。(ja.wikipedia.org/wiki/桂宮宜仁親王

桂宮宜仁親王殿下の薨去に伴う御弔問記帳所の設置。(北海道 北見市)

桂宮宜仁親王殿下の薨去に伴う御弔問記帳所の設置。(北海道 北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて

Tomohito.jpg

800px-Hibiscus_Syriacus.jpg

Prince Tomohito of Mikasa
寛仁親王(ともひとしんのう、1946年(昭和21年)1月5日 – 2012年(平成24年)6月6日)は、日本の皇族。三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第一男子。今上天皇の従弟、麻生太郎元内閣総理大臣の義弟にあたる。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。 髭をたくわえた容貌から、「ヒゲの殿下」の愛称で国民に親しまれた。(Wikipedia

墓所百日祭の儀 のニュースブログ(Google 検索)
寬仁親王殿下 のニュースブログ(Google 検索)

寬仁親王殿下の「墓所百日祭の儀」に寄せて の全文を読む

このページの先頭へ戻る

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町)

天皇明仁(Akihito) 皇后美智子(Michiko) 両陛下ご結婚50年、おめでとうございます。50年前、ご成婚パレードをNHKテレビで拝見、49年前は皇太子徳仁(ナルちゃん)誕生、47年前は日本・アジアジャンボリー(ボーイスカウト)で謁見行進。はっきりと覚えています。
天皇皇后両陛下に「努力賞と感謝状」そして「思い出」を贈ります。ありがとう!弥栄!

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

50代 1997〜

1997 平成9年 50歳

* 美幌町立美幌小学校/北海道美幌町
 台湾台中市から中山国民小学音楽隊(25人)訪問、楽しい演奏交流会開催。
  訪問団長/劉活源(校長) 音楽監督/葉紅旗(笛子)

7.20~26
台中縣中山國小國樂團 25人 日本訪問
劉活源校長(團長) 葉紅旗(音樂監督) 學生 教職員 PTA
北海道友好交流音樂會演出 合作 加藤雅夫(美幌音樂人)
美幌町 美幌小學校 交流音樂會
札幌市 札幌天神山國際賓館 市民交流音樂會
七飯町 小學校 町民會館 交流音樂會
東京迪斯尼樂園參觀 台北駐日經濟文化代表處訪問 

台中縣中山國小學  台北駐日経済文化代表処(日本語)

 

50代 1997〜 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る