七十二候 の検索結果: 5 件

3月27日 さくらの日(日本)

Haniwa2.jpg

3月27日 さくらの日(日本)

関連記事

3月27日 さくらの日 / 日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから。日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める日。(3月27日 今日は何の日~毎日が記念日~

3月27日 さくらの日(日本)日本さくらの会が1992年に制定。3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることから。(3月27日 – Wikipedia

サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。サクラは日本文化に馴染みの深い植物である。また、日本において観賞用として植えられているサクラの多くはソメイヨシノという品種である。英語では桜の花のことをCherry blossomと呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から、sakuraと呼ばれることも多くなってきている。現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布している。サクラの果実はサクランボまたはチェリーと呼ばれ、世界中で広く食用とされる。サクラ全般の花言葉は「精神の美」「優美な女性」西洋では「優れた教育」も追加される。日本人とサクラ / 日本を象徴する花 / 桜では開花のみならず、散って行く儚さや潔さも、愛玩の対象となっている。古くから桜は、諸行無常といった感覚にたとえられており、ぱっと咲き、さっと散る姿ははかない人生を投影する対象である。人気 / 桜は春を象徴する花として日本人にはなじみが深く、春本番を告げる役割を果たす。桜の開花予報、開花速報はメディアを賑わすなど、話題・関心の対象としては他の植物を圧倒する。入学式を演出する春の花として多くの学校に植えられている。利用 / 日本では国花が法定されておらず天皇や皇室の象徴する花は菊であるが、サクラは多くの公的機関でシンボルとして用いられており、『事実上の国花』のような扱いを受けている。桜と日本文化 / 桜は春の象徴、花の代名詞として和歌、俳句をはじめ文学全般において非常に良く使われており、現代でも多くの音楽、文化作品が生み出されている。(サクラ – Wikipedia

日本さくら名所100選(にほんさくらめいしょひゃくせん)は、1990年に公益財団法人日本さくらの会の創立25周年記念として選定、建設省、運輸省、環境庁、林野庁、全国知事会、財団法人国際花と緑の博覧会協会の後援によって行われたものである。各都道府県から最低1か所を選ぶなど、9つの選定基準によって選ばれた。(日本さくら名所100選 – Wikipedia

関連サイト

日本さくらの会

関連エントリ

600px-Cherry_Stella444.jpg

サクラ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

さくら の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

桜 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

さくらの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

「立秋」 (2014年 8月7日、日本)

360px-Pedicularis_verticillata_01.jpg

Hyakuninisshu_018.jpg

「立秋」 (2014年 8月7日、日本)
“The beginning of fall” (August 7, 2014, Japan)

立秋(りっしゅう)は、二十四節気の1つ。太陽の黄経が135度の時で、夏至と秋分の中間にあたる。暦の上ではこの日から秋になるが、実際には残暑が厳しく一年で最も暑い時期。この日を境に、暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すようになる。 藤原敏行は 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」 と詠んだ。 全国高等学校野球選手権大会も立秋辺りで開幕を迎える。

「立秋」 (2014年 8月7日、日本) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「大寒」 (2014年 1月20日)

1200px-A_girl_in_a_swimming_pool_-_underwater.jpg

「大寒」(2014年 1月20日)
“Coldest season” (January 20, 2014)

大寒
大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。十二月中(通常旧暦12月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日ごろ。 期間としての意味もあり、1月20日~2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。 西洋占星術では、大寒を宝瓶宮(みずがめ座)の始まりとする。 季節: 寒さが最も厳しくなるころ。 寒(小寒 – 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。 大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。(wiki/大寒

「大寒」 (2014年 1月20日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

330px-Sagittarius2.jpg

The_Last_Samurai.jpg

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国)

小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。 現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。 西洋占星術では、小雪を人馬宮(いて座)の始まりとする。 季節: わずかながら雪が降り始めるころ。『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。 七十二候: 小雪の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 虹蔵不見(にじ かくれて みえず) : 虹を見かけなくなる(日本・中国)。 次候: 朔風払葉(きたかぜ このはを はらう) : 北風が木の葉を払い除ける(日本)。 天気上勝地気下降(てんき じょうとうし ちき かこうす) : 天地の寒暖が逆になる(中国)。 末候: 橘始黄(たちばな はじめて きばむ) : 橘の葉が黄葉し始める(日本)。 閉塞而成冬(へいそくして ふゆをなす) : 天地の気が塞がって冬となる(中国)。 前後の節気: 立冬 → 小雪 → 大雪。 ja.wikipedia.org/wiki/小雪

今年2013年の小雪は11月22日です。(日本・中国) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月7日、今日から立冬です。

Sasanqua960.jpg

Meretrix_lusoria.jpg

Phasianus_versicolor_in_field.JPG

立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11月7日ごろ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日までである。 特徴: 初めて冬の気配が現われてくる日。 秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。 七十二候: 立冬の期間の七十二候は以下のとおり。 初候: 山茶始開(つばき はじめて ひらく) : 山茶花が咲き始める(日本)。 水始氷(みず はじめて こおる) : 水が凍り始める(中国)。 次候: 地始凍(ち はじめて こおる) : 大地が凍り始める(日本・中国)。 末候: 金盞香(きんせんか さく) : 水仙の花が咲く(日本)。 野鶏入水為蜃(やけい みずにいり おおはまぐりと なる) : 雉が海に入って大蛤になる(中国)。
ja.wikipedia.org/wiki/立冬

11月7日、今日から立冬です。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る