リムスキー=コルサコフ の検索結果: 4 件

シェヘラザード (リムスキー=コルサコフ)について

RimskyScheherezadeThemes.jpg

シェヘラザード (リムスキー=コルサコフ)について

関連記事

『シェヘラザード』(Шехераза́да)作品35は、1888年夏に完成されたニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ作曲の交響組曲である。千夜一夜物語の語り手、シェヘラザード(シャハラザード、シェエラザード)の物語をテーマとしている。シェヘラザードを象徴する独奏ヴァイオリンの主題が全楽章でみられる。各楽章の表題は本来は付けられていない。作曲途中では付けられていたものの、最終的には『アンタール』のように《交響曲第4番》として聴いてもらうために除去したものといわれている。作者の死後の1910年にミハイル・フォーキンの振付によってバレエ『シェヘラザード』が制作された。日本での演奏会、録音媒体などでは「シェエラザード」と表記されることが多い。作曲の経過と初演 / 『シェヘラザード』作曲の頃のリムスキー=コルサコフは、全生涯のうちで最も作曲意欲が湧き上がっていた時期にあり、この作品の前に『スペイン奇想曲』、後に『ロシアの復活祭』序曲といった代表作が作曲されている。1888年8月7日に完成したとみられ、同年中にサンクトペテルブルクの交響楽演奏会にて初演された。総譜は1889年に出版された。日本での初演は1925年4月26日に歌舞伎座における「日露交歓交響管弦楽演奏会」にて、山田耕筰指揮の日露混成オーケストラによるものが初演と見られている。戦前期の日本では難曲とみられており、第二次世界大戦末期の満州でこの曲を指揮したことがある朝比奈隆によれば、当時としては「マーラー級の大曲」だったという。(シェヘラザード (リムスキー=コルサコフ) – Wikipedia

シェヘラザード(またはシャハラザード、ペルシア語: شهرزاد‎, Šahrzād‎)は、『千夜一夜物語』登場人物で語り手。サーサーン朝(ササン朝ペルシャ)のシャフリヤール王(Shahryār)の王妃であり、毎夜、命がけで王に物語を語る。なお、サーサーン朝は実在した国家、2人はこの物語上の架空人物。(シェヘラザード – Wikipedia

『千夜一夜物語』(せんやいちやものがたり、アラビア語: ألف ليلة وليلة‎, ペルシア語: هزار و یک شب‎)は、イスラム世界における説話集。ペルシャの王に妻が毎夜物語を語る形式を採る[2]。枠物語の手法で描かれた代表的な物語の一つとしても知られる。英語版の題名より「アラビアンナイト」の名称でも広く知られている。(千夜一夜物語 – Wikipedia

関連エントリ

リムスキー=コルサコフ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

シェヘラザード の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

千夜一夜物語 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2013年10月2日に受信「イスラエル関連の文化事業の案内」

Bronislaw_Huberman.jpg

300px-Israel_Philharmonic_Orchestra.jpg

東京にあるイスラエル大使館文化部からのメールマガジンです。

イスラエル関連の文化事業の案内
2013年10月2日に配信

2013年10月2日に受信「イスラエル関連の文化事業の案内」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ作曲)

800px-Kumabachi1.jpg

544px-Rimsky-Korsakov_Serow_crop.png

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ(ロシア語: Николай Андреевич Римский-Корсаков, ラテン文字転写: Nikolai Andreyevich Rimsky-Korsakov, 1844年3月18日 – 1908年6月21日)はロシアの作曲家。ロシア五人組の一人で、色彩感あふれる管弦楽曲や民族色豊かなオペラを数多く残す。調性に色を感じる共感覚者であったといわれる。(Wikipedia) 

熊蜂の飛行(くまばちのひこう、ロシア語:Полет шмеля、英語:Flight of the Bumblebee)は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳される。 アレクサンドル・プーシキンの原作に基づき1889年から翌年にかけて作曲された歌劇『サルタン皇帝』(ロシア語:Сказка о царе Салтане)の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲である。(Wikipedia) 

Ikemy(池宮英夫)の新曲Upのお知らせです。日本および世界各国のMP3/ MIDI音楽愛好の皆様にご案内いたします。

熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ作曲) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

びほろ芭歌「ものの哀れを知らずして」

800px-Honnoj.jpg

今日(6月21日)は何の日: 日本の国学者本居宣長(1730)誕生。イタリアの政治思想家ニッコロ・マキャヴェッリ(1527)死去。日本の戦国大名織田信長(1582)死去。ロシアの作曲家ニコライ・リムスキー=コルサコフ(1908)死去。

びほろ芭歌「ものの哀れを知らずして」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る