ラフマニノフ の検索結果: 10 件

ロシアの指揮者 ウラジミール・フェドセーエフについて

Nanakamado_rowanberry.jpg

ロシアの指揮者 ウラジミール・フェドセーエフについて

1999年(平成11年)6月27日 / モスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演 / ウラジーミル・フェドセーエフ指揮 総勢100人 / 札幌キタラ大ホール / 迫力満点です。ショスタコーヴィチ作曲(1937)「交響曲第5番」は感動! キタラが、ゆれました。

1999年6月27日、モスクワ放送交響楽団「チャイコフスキー記念」札幌公演が行われた。ウラジーミル・フェドセーエフ(Федосеев, Владимир Иванович、Vladimir Fedoseyev)指揮による総勢100人の、ショスタコーヴィチ作曲(1937)「交響曲第5番」は迫力満点!札幌コンサートホールKitara大ホールが揺れた。サープリン総領事(在札幌ロシア総領事館)歓迎会に出席していた私は、コンサートの前日に札幌丸井デパートのレストランで食事をしていた。そこに、ヴァイオリンケースを抱えたロシア人の女性が一人でやって来て隣の席に座り「そば定食」をオーダーした。彼女に片言のロシア語で話しかけると、モスクワ放送交響楽団の団員で第二ヴァイオリン奏者だと言う。私は「美幌のギター教師だ」と言ったらコンサートに招待された。そして、ロシアのヴァイオリニストは「そば定食」のワサビの塊を口に入れてしまった・・・ あの時のロシア語「キャー! Woo! Ах, нет!」は、いつも思い出す。(加藤雅夫のあゆみ 50代 1997~ ー 美幌音楽人 加藤雅夫

関連記事

ウラジミール・イヴァノヴィチ・フェドセーエフ(ロシア語: Владимир Иванович Федосеев, ラテン文字転写: Vladimir Ivanovich Fedoseyev, 1932年8月5日 – )は、ソ連時代から国際的に活躍を続けるロシアの指揮者。モスクワ放送交響楽団の音楽監督・首席指揮者をソ連時代から長く務める。経歴 / 1932年レニングラード(現サンクトペテルブルク)生まれ。ムソルグスキー学校、モスクワのグネーシン音楽大学、モスクワ音楽院に学ぶ。1971年にエフゲニー・ムラヴィンスキーの推挙により、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団(現サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の客演指揮者としてデビューする。ロシア放送民族楽器オーケストラの芸術監督を経て、1974年からモスクワ放送交響楽団の音楽監督および首席指揮者に就任し、以来同楽団を今日までロシア有数のオーケストラに育て上げ、今なお良好な関係を保っている。国外では、バイエルン放送交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ハンブルク歌劇場管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、フランス国立管弦楽団などのオーケストラとの共演のほか、イタリア、スイス、イギリス、スカンディナヴィア、アメリカなどに幅広く客演する。その間、東京フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者(1995年 – )、ウィーン交響楽団首席指揮者(1997年 – 2005年)を歴任している。またオペラ指揮者として、キーロフ劇場の他、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、フィレンツェ5月音楽祭、ローマ歌劇場、モスクワ・ボリショイ劇場などのオペラハウスや音楽祭において、自らの演出のもとに指揮を行なっている。受賞歴としてソ連邦人民芸術家、グリンカ賞、モスクワ知事賞、シルヴァー・クロス章、ゴールデン・オルフェウス大賞等がある。音楽活動とその特色 / 個性派ぞろいのロシア系・ソ連系の指揮者の中にあってフェドセーエフは、音楽によって自己主張をするというよりも、音楽に奉仕し、作品そのものによって語らせるタイプの一人である。躍動するリズムや色彩感を強調するよりも、旋律線の流れを重視するタイプでもある。レパートリーは幅広く、ラフマニノフやフレンニコフなどの録音でも作品との相性の良さを示しているが、一般にはチャイコフスキーやボロディン、ショスタコーヴィチの解釈で有名である。またスヴィリードフ、ボリス・チャイコフスキーとも親交が深かった。演奏活動における独自のメッセージ性は常に注目されており、リトアニアで独立運動が高まりをみせていた1989年12月にリトアニアの作曲家のチュルリョーニスの作品をモスクワで録音したり、ソ連崩壊・クーデター直前に団員を説得し、ショスタコーヴィチの『森の歌』を録音するなど、話題には事欠かない。クーデター当日にはショスタコーヴィチの交響曲第5番の第4楽章を、戦車が包囲する放送局の中で録音していた。チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』で第4楽章を「アンダンテ」にする等、自筆譜に基づき数度にわたって演奏・録音を行なう。同じくチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を初版に基づいて録音した。チュルリョーニスの交響詩『海』も、その後も何度か録音・演奏を繰り返している。モスクワ放送交響楽団を率いての来日公演では、正規のプログラムのみならず、アンコールも評判が高いことで知られる。(ウラジーミル・フェドセーエフ – Wikipedia

関連エントリ

ロシアの指揮者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ウラジミール・フェドセーエフの検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ラフマニノフの歌曲 ヴォカリーズについて

380px-Rachmaninoff_and_daughter.jpg

ラフマニノフの歌曲 ヴォカリーズについて

関連記事

セルゲイ・ラフマニノフの歌曲《ヴォカリーズ》 嬰ハ短調は、1912年6月に作曲されて1913年に出版されたソプラノまたはテノールのための《14の歌曲集》作品34の終曲のことである。より正確には、1913年出版時は13曲までしか含まれず、1915年に完成された第14曲は同年末の出版である。最初の草稿は13曲に先立つ1912年春で、この時点ではピアノ伴奏だったが、補筆・改訂を重ねる間に自ら管弦楽編曲を行い、1916年1月初演はクーセヴィツキー指揮による管弦楽版だった。初演者のソプラノ歌手アントニーナ・ネジダーノヴァに献呈されている。母音「アー」で歌われる溜め息のような旋律と、淡々と和音と対旋律とを奏でていくピアノの伴奏が印象的である。ヴォカリーズの性質上、歌詞はない。ロシア語の制約を受けないためもあって、ラフマニノフの数多ある歌曲の中でも、最もよく知られた曲となっている。また、さまざまな編成による器楽曲としても広く演奏されている。概要 / ロシア音楽に共通の愁いを含んだ調べは、この作品においては、バロック音楽の特色である「紡ぎ出し動機」の手法によっており、短い動機の畳み掛けによって息の長い旋律が導き出されている。鍵盤楽器による伴奏が、もっぱら和音の連打に徹しながら、時おり対旋律を奏でて、瞬間的なポリフォニーをつくり出しているのも、初期バロックのモノディ様式を思わせる。旋律の紡ぎ出し部分は、ラフマニノフが愛したグレゴリオ聖歌《怒りの日》の歌い出し部分の借用にほかならない。また、拍子の変更こそ散見されるものの、(ロシア五人組の特徴である)不協和音や旋法の多用を斥けて、古典的な明晰な調性感によっている。西欧的な手法や素材を用いながらも民族的な表現を可能たらしめているところに、ラフマニノフの面目躍如を見て取ることが出来る。(ヴォカリーズ (ラフマニノフ) – Wikipedia

関連エントリ

ラフマニノフ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヴォカリーズ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

344px-El_pelele.jpg

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

その昔、北海道の北見市民会館で、アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏を聴きました。横田先生、ありがとうございました。

関連記事

アリシア・デ・ラローチャ・デ・ラカジェ(Alicia de Larrocha de la Calle, 1923年5月23日 – 2009年9月25日)は、スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。人物 / バルセロナに生まれ、地元でグラナドスの愛弟子であるフランク・マーシャルに師事。5歳で初舞台を踏んでから、世界各地で演奏活動や録音活動に活躍した。アルベニスやグラナドス、ファリャ、モンポウ、モンサルバーチェといった、19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名だが、手が小さく8度しか届かない中で美しく照り輝く音色と正確な演奏技巧、音楽の自然な呼吸と安定感ある曲の運びによって、モーツァルトやショパン、シューベルト、シューマン、ラフマニノフにも優れた解釈を示した。独奏曲だけでなく、モーツァルトのピアノ協奏曲を得意として録音もしており、カーネギー・ホールでの引退コンサートでも、室内楽版を演奏した。2009年9月25日、バルセロナの病院で死去。(アリシア・デ・ラローチャ – Wikipedia

Alicia de Larrocha y de la Calle (23 May 1923 – 25 September 2009) was a Spanish pianist and composer. She was considered one of the great piano legends of the 20th century. Reuters called her “the greatest Spanish pianist in history”, Time “one of the world’s most outstanding pianists” and The Guardian “the leading Spanish pianist of her time”. She won multiple Grammy Awards and a Prince of Asturias Award for the Arts. She is credited with bringing greater popularity to the compositions of Isaac Albéniz and Enrique Granados. In 1995, she became the first Spanish artist to win the UNESCO Prize. (Alicia de Larrocha – Wikipedia

音楽動画

フランツ・リストのピアノ曲『ラ・カンパネッラ』(La Campanella)ピアノ演奏 / アリシア・デ・ラローチャ。

関連エントリ

アリシア・デ・ラローチャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2014年1月10日に受信 「イスラエル関連の文化事業の案内」

375px-Barenboim_Vienna.jpg

375px-Musikverein_Vienna_June_2006_484.jpg

東京にあるイスラエル大使館文化部からのメールマガジンです。

イスラエル関連の文化事業の案内
2014年1月10日に配信

2014年1月10日に受信 「イスラエル関連の文化事業の案内」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

花ふらりのミニミニコンサート (in 2013 Fall)

300px-Rachmaninov_peinture.jpg

Sergej_Diaghilev_1872-1929_ritratto_da_Valentin_Aleksandrovich_Serov.jpg

Saint-Sans_later_years.jpg

2013年秋のコンサート便りは、宿・花ふらりオーナーの藤原多美から送られてきました。(北海道弟子屈町の屈斜路から)

花ふらりのミニミニコンサート (in 2013 Fall) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外山啓介出演コンサート TV放送決定!office ONEから

Piano-keyboard.jpg

外山 啓介(Keisuke Toyama、1984年2月15日 – )は日本のピアニスト。北海道札幌市出身。2006年東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。現在は同大学大学院修士課程在学中。2004年の第73回日本音楽コンクールピアノ部門の覇者である。(Wikipedia

札幌にあるオフィス・ワン(office ONE)から最新情報のメールが送られてきました。

外山啓介出演コンサート TV放送決定!office ONEから の全文を読む

このページの先頭へ戻る

チケット発売情報(東京オペラシティ)

360px-Tokyo_Opera_City_cropped.jpg

395px-Japanese_dragon_Chinese_school_19th_Century.jpg

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921年3月11日 – 1992年7月4日)はアルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者。タンゴを元にクラシック、ジャズの要素を融合させた独自の演奏形態を産み出した。1992年ブエノスアイレスの病院にて死去。71歳。(Wikipedia)

東京オペラシティ についてのニュースブログ記事(Google)

チケット発売情報(東京オペラシティ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2010年最後の音楽療法メールマガジン(伊賀音楽療法研究会)

Weihnachtsmann.jpg

450px-ZygmuntDzwon.JPG

380px-Rachmaninoff_and_daughter.jpg

伊賀音楽療法研究会(事務局:伊賀市社会福祉協議会)から、2010年最後の音楽療法メールマガジン(MT伊賀メールマガジン12月号)が送られてきました。本当にありがとうございました。 (美幌音楽人 加藤雅夫)

写真:サンタクロース、教会の鐘、ラフマニノフと長女イリーナ(1913年)

2010年最後の音楽療法メールマガジン(伊賀音楽療法研究会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本ユーラシア協会の楽しい国際交流

550px-Eurasia_orthographic_projection_svg.jpg

858_Z_5896542.jpg

日本とユーラシア諸国民との友好と親善を図ることを目的とする「日本ユーラシア協会札幌支部」の楽しい国際交流行事案内です。

写真: 「ユーラシア」と、モスクワ(ロシア)のバラライカ四重奏「SKAZ

ユーラシア大陸(Eurasia・たいりく)は、その語源がユーロ (Euro) + アジア (Asia) にあることからもわかるように、ヨーロッパとアジアとを合わせた地形的に独立した地域を指す。アジアとヨーロッパの境界は人為的なものなので明確でないが、ウラル山脈、カスピ海、大コーカサス山脈、黒海などを境にする説が主流である。六大陸の中で一番大きい大陸である。 (Wikipedia)

日本ユーラシア協会の楽しい国際交流 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2010年2月 美幌町の配食(宅配弁当)サービス

300px-Vancouver_2010_logo_svg.jpg

800px-2009-0605-Ilanaaq-2010Oly-Whistler.jpg

美幌町の配食サービス事業は16年前から美幌町社会福祉協議会(社会福祉法人)が実施している。委託者は美幌町。高齢者、身障者、自力で調理のできない方などに食生活の充実(食の自立支援)と安否確認が目的です。

2010年2月 美幌町の配食(宅配弁当)サービス の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る