ピアニスト の検索結果: 75 件

日本の総合芸術グループ・芸術家グループ 実験工房

日本の総合芸術グループ・芸術家グループ 実験工房

関連記事

実験工房(じっけんこうぼう)は、詩人の瀧口修造の下にさまざまな分野の若手芸術家約14人が集まって結成された総合芸術グループ。命名は瀧口による。活動期間は1951年から1957年まで。ただし、正式な解散はしていない。第二次世界大戦後の前衛芸術運動にて先駆的な功績を残した。 瀧口を顧問格として、それぞれの友人知人関係が連携して出来上がったグループだが、結果としては皆が反アカデミックで前衛的な気質を持っていた。 活動 / 様々な芸術ジャンルで活動するメンバーによる集団であり、その活動もジャンルを越境したものであった。 最初期の活動として、作曲・装置・衣装を担当した創作バレエ「生きる悦び」の上演が挙げられる。音楽分野では作曲家の武満徹や湯浅譲二らの最初期の作品発表の場としても活動し、またアルノルト・シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」、オリヴィエ・メシアンの「前奏曲集」、「世の終わりのための四重奏曲」、「アーメンの幻影」などの日本初演も手がけた。特にメシアン作品の研究は実験工房の音楽関係メンバーに大きな影響を与えた。 フランス文学に関する関心も深く、瀧口修造がシュルレアリスムの日本における第一人者でありアンドレ・ブルトンと交流があったことをはじめ、秋山邦晴もフランス文学に造詣が深かったため、これらのフランス文学および芸術の研究は特に熱心だった。 1953年にはソニーの前身である東京通信工業から開発されたばかりのテープレコーダーおよびそれとスライドを連動させる教育用装置オートスライドを借りてきて、スライド写真の映像を伴うミュージックコンクレート作品を発表した。1956年にはテープ音楽(ミュージックコンクレート、電子音楽およびオートスライドも含む)のオーディションを主催した。 メンバー / 瀧口修造 詩人。グループのまとめ役。園田高弘 ピアニスト。福島秀子 美術家。福島和夫の姉。武満徹 作曲家。湯浅譲二 作曲家。鈴木博義 作曲家。佐藤慶次郎 作曲家。北代省三 美術家、写真家、造形作家。秋山邦晴 詩人、評論家(主に音楽)。山口勝弘 美術家。現在は環境芸術家を名乗る。駒井哲郎 版画家。福島和夫 作曲家。福島秀子の弟。今井直次 舞台照明、美術家。最も広く使われている集合写真の並び順による。この集合写真には園田高弘の右に夫人で作曲家の園田(西沢)春子も写っているが、実験工房のメンバーでは無かった。 (実験工房 – Wikipedia)

関連エントリ

美幌町の歌 (町歌と校歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

実験工房 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

いなかふぇたんの木倉屋 木倉更一郎 (村松健)

いなかふぇたんの木倉屋 木倉更一郎 (村松健)

関連記事

居心地の良い空間で、癒しのひとときを 2019/08/30掲載(北見市/文化) ピアニスト・村松 健さん / 村松健さんは東京出身で現在は鹿児島県奄美大島在住。北見地方との関わりは深く、1994年に留辺蘂で巨樹の森コンサートを開いた。「森の中で演奏したい」という夢が実現。そのときの縁で北見周辺で毎年コンサートを行っている。 ふらっとライブは8カ月ごとに北見市端野町二区のいなかふぇたんの木倉屋で開催。木倉屋は今年10周年を迎えるがオープン当初から訪れている。ニューアルバム「みずのしま」発売後初のライブとなる。「暮らしと水の関わりを表現。川のせせらぎ、波の音、暮らしの中で感じる物語を聴いてください」という。 10月5日は日暮れ後の凛とした空気感の中でのライブ。6日は秋の収穫を迎えるころの田園風景を眺めながらの演奏となる。村松さんは会場の雰囲気や天候などで曲目を決めるため演奏は違う内容となりそう。木倉屋マスターの木倉更一郎さんのトランペットとのセッションも行われる。 5日のライブ前には8歳までの子どもとそのファミリー対象のミニコンサートを企画した。数年前、未就学児向けのミニコンサートを開催したが「家族で楽しめる内容に」という要望に応えた。「居心地の良い空間で、癒しのひとときを」と来場を誘っている。(成) (村松健 – Wikipedia)

関連サイト

いなかふぇ たんの 木倉屋ホームページ

A Quiet Place(村松健オフィシャルサイト)

関連エントリ

じゃがいも コロッケ定食: 田舎カフェ 木倉屋 (北海道 北見市 端野) – 美幌音楽人 加藤雅夫

震災復興の支援コンサートを企画(山田惠子、西尾朋子) – 美幌音楽人 加藤雅夫

いなかふぇたんの木倉屋 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町出身のホルン演奏者 鈴木謁子

北海道美幌町出身のホルン演奏者 鈴木謁子

関連記事

地元でコンサート出演へ 2019/08/13掲載(美幌町/告知) 美幌出身のホルン奏者 鈴木 謁子さん 古里の子ども達に刺激を / 8月22日 / 美幌町出出身のホルン奏者、鈴木謁子さん(35)が、22日(木)にグリーンビレッジ美幌で開かれるシンガーソングライター、瞬さんのコンサートに出演する。 美幌小学校4年生の時に金管バンドに入り、アルトホルンを担当。美幌北中学校、北見柏陽高校を経て洗足学園音楽大学(神奈川)に進学。さらにドイツに渡り、デトモルト音楽大学、リューベック音楽大学院を修了。2015年まで8年間を過ごした。帰国後は神奈川を拠点に、演奏活動に加え、高校の非常勤講師や中学・高校吹奏楽部の指導に携わっている。 コンサートにはドイツでともに学んだピアニスト、進藤麻美さんも出演。鈴木さんにとって古里での演奏会は、北見での新人演奏会以来になるという。1部は「ヴィラネル」(ポール・デュカス)などクラシック、2部は瞬さんのオリジナル曲に加え、瞬さんが敬愛する玉置浩二さんのカバーも披露する予定。 鈴木さんは高校時代にホルンの練習で札幌まで通ったり、プロの演奏を聞くために遠くまで出かけた自身の経験から「古里で音楽に取り組む子ども達に近い存在でありたい」と願う。「子ども達が音楽を通じて刺激を受けられるようになれば。今回のコンサートをきっかけに、継続していきたい」と思いを語る。 コンサートの料金は1500円。高校生以下無料。予約などは本誌参照のこと。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

瞬 CONCERT TOUR 2019 「Hello to the World 〜あこがれは瞼の先に〜」 – ピアニスト 進藤麻美 Webサイト

みどりの村新興公社 – 美幌町ホームページ

グリーンビレッジ美幌 – 美幌観光物産協会ホームページ

関連エントリ

鈴木謁子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Etsuko Suzuki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツ・ミュンヘン出身の女性ピアニスト アリス=紗良・オット (姉)

250px-LeontopodiumAlpinum-1

ドイツ・ミュンヘン出身の女性ピアニスト アリス=紗良・オット (姉)

関連記事

アリス=紗良・オット(アリス=さら・オット、Alice-Sara Ott、1988年8月1日 – )は、ドイツ・ミュンヘン出身の女性ピアニスト。主にドイツ語圏を中心とした地域のピアノコンクールの優勝経験をもつ。オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学でカール=ハインツ・ケマリンクに師事。 人物・エピソード / 父親がドイツ人、母親が日本人。日本語、ドイツ語、英語を流暢に話せる。日本語はミュンヘンの日本人学校で身につけた。 2017年5月23日放送の「セブンルール」(関西テレビ)では以下の「ルール」が紹介された。 本番前はルービックキューブ。 ステージの上では裸足。 家でクラシックは聴かない(番組の取材時には自室でサザンオールスターズを聴いていた)。 買い物はインターネットで。ウイスキーはストレート。 待ち時間は極力作らない。 練習するより経験する。 2019年2月15日に自身のホームページとSNSで、多発性硬化症と診断されていたことを公表した。 家族 / ピアニストのモナ=飛鳥・オットは実妹。 (アリス=紗良・オット – Wikipedia)

Alice Sara Ott (born August 1, 1988) is a German classical pianist and the elder sister of Mona Asuka Ott. Early life and education / Ott was born in Munich, Germany, in 1988; her Japanese mother had studied piano in Tokyo and her father was a German civil engineer. She says she realised as a child that “music was the language that goes much beyond any words” and that she wanted to communicate and express herself through music. She started piano lessons when she was four, and reached the final stage of the youth competition in Munich at the age of five, playing to a full house in the Hercules Hall. She won the Jugend musiziert competition in Germany when she was seven years old. In 2002 she was the youngest finalist at the Hamamatsu International Piano Academy Competition in Japan where she won the Most Promising Artist award. From the age of twelve, she studied at the Salzburg Mozarteum with Karl-Heinz Kämmerling while continuing her school education in Munich. Ott has won awards at a number of piano competitions, including first prize at the 2004 Pianello Val Tidone Competition. Her sister Mona Asuka Ott is also a professional pianist. In February 2019, Ott announced on Instagram that she had been diagnosed with multiple sclerosis. Career / Ott has made recordings of Franz Liszt’s Transcendental Etudes and Frédéric Chopin’s waltzes for Deutsche Grammophon as well as Wonderland and Nightfall. She performs regularly concert tours in Europe, Japan and the United States. Awards / She won first prize in the 2003 Bach Competition in Köthen, the 2004 Pianello Val Tidone Competition in Italy, and the 4th EPTA (European Piano Teachers Association) International Competition in 2005. (Alice Sara Ott – Wikipedia)

関連エントリ

アリス=紗良・オット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Alice Sara Ott の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツ・ミュンヘン出身の女性ピアニスト モナ=飛鳥・オット (妹)

250px-LeontopodiumAlpinum-1

ドイツ・ミュンヘン出身の女性ピアニスト モナ=飛鳥・オット (妹)

関連記事

モナ=飛鳥・オット(モナ=あすか・オット、Mona-Asuka Ott、1991年 – )は、ドイツ・ミュンヘン出身のピアニスト。コンクール受賞歴や各国の音楽祭への出演が多数ある。カール=ハインツ・ケマリンク及び、ベルント・グレムザーに師事。 姉のアリス=紗良・オットもピアニスト。 来歴・受賞歴 / 父親がドイツ人で母親が日本人のハーフ。2歳からピアノを始めて4歳で初舞台を踏む。 グロートリアン・シュタインヴェーク国際コンクール第1位、EPTA欧州ピアノ教育者連盟国際コンクール第1位並びに特別賞等の受賞歴がある。 2004年リンダウの国際青年ピアノ音楽祭へ招かれてより、ミュンヘンのガスタイクやプリンツレーゲンテン劇場、ウィーンのコンツェルトハウス、アムステルダムのコンセルトヘボウ、ブラウンシュヴァイク・クラシック・フェスティバル、ルール国際ピアノ音楽祭、キッシンゲン夏の音楽祭、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭、メックレンブルク・フォアポメルン音楽祭等のフェスティバルに出演して高い評価を得る。 2009年にはバイロイト音楽祭でリサイタルを行った。同年、2010年と南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団の欧州、日本、2011年ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の日本ツアーのソリストに抜擢される。2012年オーケストラ・アンサンブル金沢の全国公演へ参加する。 ヨーロッパの権威誌「フォノ・フォルム」にて賞賛された。2011年グシュタード音楽祭での優れた演奏に対し、フィリップ・チャイナット賞を授与された。 2000年~2008年カール=ハインツ・ケマリンク及び、2012年現在、ヴュルツブルク国立音楽大学のベルント・グレムザーに師事している。 (モナ=飛鳥・オット – Wikipedia)

Mona Asuka Ott (Mona Asuka, Born 1991 in Munich) is a German pianist and the younger sister of Alice Sara Ott. Early life and education / Mona Asuka Ott was born in Munich in 1991; her Japanese mother had studied piano in Tokyo and her father was a German civil engineer. She gave her first public performance on the piano at the age of four. She was taught, like her sister Alice Sara Ott, by Karl-Heinz Kämmerling at the Mozarteum University of Salzburg. In 1997, at the age of six, she was rated sixth in Group 1 (Under 8) of the International Competition Classica Nova In Memoriam Dmitri Shostakovich (Hanover, 1997). She won first prizes at the Grotrian-Steinweg competition in Brunswick; the Jugend Musiziert and at the EPTA International Piano Competition in Osijek. She made her orchestral debut aged 13. In 2006 she was a finalist at the 11th Hamamatsu International Piano Academy Competition in Hamamatsu (Japan). She also received the audience prize at the Kissinger Piano Olympics at Bad Kissingen. In September 2008 she appeared in the special concert of the “Piano furioso” foundation in the Small Hall of the Laeiszhalle in Hamburg. From 2009 she studied with Bernd Glemser at the University of Music Würzburg. She received several grants, including the Degussa Foundation and the Deutsche Stiftung Musikleben. Career / Mona Asuka Ott joined, among others, the Ruhr Piano Festival, the Festival de La Roque-d’Anthéron, the Festspiele Mecklenburg-Vorpommern, the Kissingen Sommer on Franconian Music Days and the Brunswick Classix Festival. She has conducted orchestral performances with the Philharmonic State Orchestra of Halle – Staatskapelle Halle, the Hofer Symphoniker, the Württemberg Chamber Orchestra, the Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, the Südwestdeutsche Philharmonie Konstanz and the Munich Symphony Orchestra. (Mona Asuka Ott – Wikipedia)

関連エントリ

モナ=飛鳥・オット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Mona Asuka Ott の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

G20大阪サミット2019 (金融世界経済に関する首脳会合)

360px-2019_G20_Osaka_summit_logo.svg

G20大阪サミット2019 (金融世界経済に関する首脳会合)

関連記事

第14回20か国・地域首脳会合(だい14かい20かこく・ちいきしゅのうかいごう、別名: G20首脳会合、G20金融サミット、2019年G20サミット首脳会議、G20大阪サミット、英語: 2019 G20 Osaka summit)は、2019年6月28日から6月29日に大阪府大阪市で開催が予定されている「G20」(主要20か国・地域)の首脳会合。正式名称は「金融世界経済に関する首脳会合」(英語: Summit on Financial Markets and the World Economy)。 日本で初めて開催されるG20首脳会合となる。会場は大阪国際見本市会場(インテックス大阪)であった。 参加国・機関 / 37の国と機関が参加した。 招待国 / オランダ シンガポール スペイン(永久招待国) ベトナム タイ(ASEAN議長国) エジプト(AU議長国) チリ(APEC議長国) セネガル(NEPAD議長国) 国際連合 国際通貨基金 世界銀行 世界貿易機関 国際労働機関 金融安定理事会 経済協力開発機構 アジア開発銀行 世界保健機関。 文化行事 / 6月28日夜、大阪迎賓館で開かれた晩餐会と大阪城天守閣を背景とする記念撮影の後、大阪城公園で各国首脳が参加する文化行事が開催された。狂言師・野村萬斎による「三番叟」の演出、ピアニスト・辻井伸行による「花は咲く」「ラ・カンパネッラ」の演奏とオペラ歌手・中丸三千繪による演唱が披露された。 (第14回20か国・地域首脳会合 – Wikipedia)

The 2019 G20 Osaka summit is the fourteenth meeting of Group of Twenty (G20). It will be held on 28–29 June 2019 at the International Exhibition Center in Osaka. It is the first G20 summit to be hosted in Japan. (2019 G20 Osaka summit – Wikipedia)

G20(ジートゥエンティ)は、”Group of Twenty”の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。 構成国・地域は、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中華人民共和国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国、オーストラリア、大韓民国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンである。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域とも言い、日本の放送局であるNHKでは、先進国会合であるG7と区別して、先進国に新興国を加えた主要20か国と表現している。 (G20 – Wikipedia)

関連サイト

よくわかる G20大阪サミット2919 | NHK NEWS WEB

G20サミットのニュース一覧 | NHKニュース

G20大阪サミット公式ホームページ

Official website of the G20

G20(金融世界経済に関する首脳会合) | 外務省ホームページ

G20大阪サミットの開催(日本で初の開催) | 首相官邸ホームページ

関連エントリ

G20大阪サミット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019 G20 Osaka summit の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の指揮者 岩城宏之 (武満徹 ノヴェンバー・ステップス)

466PX-~1.JPG

日本の指揮者 岩城宏之 (武満徹 ノヴェンバー・ステップス)

1998年 (平成10年) 2月20日、武満徹さんの逝去を知った私は、誰もが知らない 武満徹の遺したもの「美幌町町歌」を皆さん(黛敏郎、園田高弘、谷川俊太郎、湯浅譲二、大江健三郎、横山勝也、小澤征爾、立花隆、文仁様、荘村清志など)に伝えた。皆さんは、「へえ!あの武満徹さんが 22才の時に…」と絶句。 美幌町出身で文化人類学の山口昌男さんも「不思議なご縁に驚いた、一昨日、東京の追悼コンサートで浅香夫人と長女の眞樹さんに会ったばかりだ…」と。 私も 札幌での追悼コンサート(岩城宏之 指揮 / 田中之雄 琵琶 / 横山勝也 尺八 / 札幌交響楽団)に行った。武満浅香さん(元・劇団四季女優)と武満眞樹さん(洋画翻訳家)は「町長と皆様から弔電をいただきました ありがとうございます」。私は 「美幌町をご案内すること叶いませんでした…残念です」。武満浅香さんは「町歌作曲の経緯は早坂文雄先生からの依頼だった ようです」。美幌町や美幌町民は、一度でも武満徹さんを地元に招待すべきだった。 (美幌の歌 / 町歌と校歌)

関連記事

『ノヴェンバー・ステップス』(英: November Steps )は、武満徹が1967年に作曲した、琵琶、尺八とオーケストラのための音楽作品。ニューヨーク・フィルハーモニックによって初演され、作曲者が国際的な名声を獲得するきっかけとなった。 作曲の経緯 / 武満にとって邦楽器の使用は1962年の映画『切腹』(監督:小林正樹)に端を発する。映画『暗殺』(1964年松竹映画、監督:篠田正浩)、さらに映画『怪談』(1965年 監督:小林正樹)、そしてNHK大河ドラマ『源義経』(1966年)の音楽を担当。それぞれ琵琶の鶴田錦史、尺八の横山勝也と共同作業で音楽制作をする。この経験を元に現代音楽純音楽作品として、琵琶と尺八のための『エクリプス』を作曲。武満にとって邦楽器のみの初の純音楽作品となる。また琵琶と尺八という組み合わせは邦楽の歴史ではそれまで見られないものであった。 この『エクリプス』の録音を、武満と親しくニューヨーク・フィルハーモニックの副指揮者を務めたことのある小澤征爾が同フィル音楽監督のレナード・バーンスタインに聴かせたところ、バーンスタインが非常に気に入り、これら日本の楽器とオーケストラとの協奏曲を書いて欲しいと武満に依頼することになる。そしてニューヨーク・フィルハーモニック125周年記念委嘱作品としてこの『ノヴェンバー・ステップス』が作曲され、1967年11月9日、ニューヨーク・リンカーン・センターにおいて、鶴田錦史と横山勝也のソロ、小澤の指揮でニューヨーク・フィルハーモニックにより初演された。なお、ニューヨーク・フィルハーモニック125周年記念の委嘱作品が『ノヴェンバー・ステップス』のみであるかのような記述が世に散見されるが、委嘱は他の多くの作曲家にも依頼されており、武満のこの作品はそれらの中の一つである。 (ノヴェンバー・ステップス – Wikipedia)

岩城 宏之(いわき ひろゆき Hiroyuki Iwaki、1932年9月6日 – 2006年6月13日)は、日本の指揮者・打楽器奏者。指揮法を渡邉暁雄と齋藤秀雄に師事。 人物・生涯 / 晩年の顕著な活動としては、2004年12月31日の昼から翌2005年1月1日の未明にかけて、東京文化会館でベートーヴェンの全交響曲を1人で指揮したことが知られている(ベートーヴェンは凄い! 全交響曲連続演奏会)。同様の公演は、翌2005年12月31日にも東京芸術劇場で行われた。なお、2回目の公演では、岩城の健康面に配慮し、途中1時間の休憩時間を設けたり、日野原重明医師を聴衆として立ち会わせ、休憩時間に体調チェックを行ってプログラムを消化していった。この演奏会はインターネットでもストリーミング中継された。 1987年、指揮者の職業病ともいうべき頸椎後縦靭帯骨化症を患ったのを皮切りに、1989年胃がん、2001年喉頭腫瘍、2005年には肺がんと立て続けに病魔に襲われたものの、その度に復活し、力強い指揮姿を披露した。しかし、2006年5月24日、東京・紀尾井ホールで東京混声合唱団の指揮後、体調を崩して入院。同年6月13日午前0時20分、心不全のため都内の病院にて没した。73歳没。 岩城は「初演魔」として知られ、特に岩城自身が音楽監督を務めるオーケストラ・アンサンブル金沢では、コンポーザー・イン・レジデンス(専属作曲家)制を敷き、委嘱曲を世界初演することに意欲を燃やした。また、黛敏郎の作品を精力的に指揮した。 名古屋フィルハーモニー交響楽団初代音楽総監督、NHK交響楽団正指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、東京混声合唱団音楽監督、京都市交響楽団首席客演指揮者、札幌交響楽団桂冠指揮者、メルボルン交響楽団終身桂冠指揮者を務めた。ピアニストの木村かをりは妻。指揮活動のほかにも、打楽器奏者としての演奏活動、テレビ・ラジオへの出演、プロデューサー、音楽アドバイザー、執筆など多彩な活動を行った。また、東京藝術大学指揮科客員教授として後進の育成にも当たった。 (岩城宏之 – Wikipedia)

関連エントリ

岩城宏之 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ノヴェンバー・ステップス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

bunka.gif

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

関連記事

美幌町芸術文化振興事業町民会館スタインウェイピアノ導入記念 清塚信也ピアノリサイタル / 若き天才ピアニスト清塚信也氏による待望のスタインウェイピアノお披露目コンサートです。超一流の奏者による最高峰のピアノ演奏をお楽しみ下さい。 (びほーる文化情報 | マイ広報紙)

コンサートグランドピアノ納品 美幌町民会館びほーるに 寄付や協賛金で導入費用の大半賄い / 10月の清塚 信也さんリサイタルでお披露目 / コンサートグランドピアノが3日、美幌町民会館びほーるに納品された。今後、調律、弾き込みなどが行われ、10月に開かれるピアニストの清塚信也さんのリサイタルが一般へのお披露目の場になる。ピアノは名門・スタインウェイ&サンズ社製で、奥行き2.74メートル、幅1.57メートル、高さ1.02メートル、重量480キロ。音色や音量に影響するとされる奥行きは、びほーるにあるこれまでのピアノに比べ20センチほど長い。導入費用は約2400万円。美幌町出身で東京都在住の会社経営者と匿名の各1千万円の寄付をはじめ、導入を求める町民有志の団体が集めた協賛金で大半を賄った。リサイタルは美幌町芸術文化公演実行委員会が主催。10月25日(木)午後7時からで、前売券3千円。8月11日午前9時から町民会館で町民に先行発売、13日午前9時から町民会館と沖田香露園で一般に発売する。(浩) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

グランドピアノお披露目(美幌町/社会・話題)美幌町びほーる 清塚信也さんリサイタルで / 繊細かつ重厚な音色響く / 美幌町が町民会館びほーるに導入したコンサートグランドピアノが10月25日、ピアニストの清塚信也さんのリサイタルでお披露目された。 ピアノは、町民有志の団体が導入を求めて協賛金の募集や署名活動を実施。協賛金148万円余りと1100人以上の署名を集めた。その後、美幌町出身で東京都在住の会社経営者と、匿名で各1千万円の寄付があったことから町が導入を決定。8月に納品され、弾き込みなどを経てこの日のお披露目を迎えた。 ピアノはスタインウェイ&サンズ社製。音色や音量に影響を与えるとされる奥行きは2.74メートルで、びほーるで使われてきた従来のピアノよりも20センチほど長い。 清塚さんのリサイタルには満員の約500人の聴衆が来場。「月の光」(ドビュッシー)などの曲を通じ、ピアノの繊細かつ重厚な音色を存分に楽しんだ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

清塚 信也(きよづか しんや、Shinya Kiyozuka、1982年11月13日 – )は、日本のピアニスト。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサル ミュージック。コンサート、テレビドラマや映画での吹き替え演奏といった活動を経て、2007年にアルバム・デビュー。コンピューターミュージックでアレンジされたクラシック曲や自身が作曲したオリジナル楽曲など、クラシックだけに偏らない幅広い活動をしている。演奏活動だけでなく、TVや雑誌等で多数紹介されている。略歴 / 2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介を演じ俳優デビューとなる。 (清塚信也 – Wikipedia)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

清塚信也オフィシャルサイト

関連エントリ

フルコンサートピアノ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清塚信也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shinya Kiyozuka の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ハンガリーのピアニスト・作曲家 フランツ・リスト (Franz Liszt)

800px-Franz-Liszt-Tafel01.JPG

Liszt-vanity-fair.jpg

ハンガリーのピアニスト・作曲家 フランツ・リスト (Franz Liszt)

関連記事

7月31日 忌日 / 1886年 フランツ・リスト (ハンガリー:ピアニスト,作曲家『ハンガリー狂詩曲』) <74歳> Franz Liszt(Ferenc Liszt) (7月31日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月31日 忌日 / 1886年 – フランツ・リスト、作曲家、ピアニスト。 (7月31日 – Wikipedia)

フランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt、ハンガリー語: Liszt Ferenc、1811年10月22日 – 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。 (フランツ・リストWikipedia)

Franz Liszt (German; Hungarian: Liszt Ferencz, in modern usage Liszt Ferenc [ˈlist ˈfɛrɛnt͡s]; 22 October 1811 – 31 July 1886) was a prolific 19th-century Hungarian composer, virtuoso pianist, conductor, music teacher, arranger, organist, philanthropist, author, nationalist and a Franciscan tertiary during the Romantic era. (Franz Liszt – Wikipedia)

関連エントリ

フランツ・リスト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Franz Liszt の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツの作曲家 ロベルト・シューマン (Robert Schumann)

450px-Robert-Schumann-Haus.JPG

Robert_Schumann.jpg

ドイツの作曲家 ロベルト・シューマン (Robert Schumann)

関連記事

7月29日 忌日 / 1856年 ロベルト・シューマン (独:作曲家) <46歳> Robert Alexander Schumann (7月29日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月29日 忌日 / 1856年 – ロベルト・シューマン、作曲家。 (7月29日 – Wikipedia)

ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 – 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。ドイツ語発音: [ˈroːbɛrt]に基づきローベルト・シューマンと表記されることもある。ベートーヴェンやシューベルトの音楽のロマン的後継者として位置づけられ、交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残した。 とくにピアノ曲と歌曲において評価が高い。ツヴィッカウの裕福な家庭に生まれ、ライプツィヒ大学の法科に進むも、ピアニストをめざしてフリードリヒ・ヴィーク(1785年 – 1873年)に師事する。しかし、指の故障によりピアニストを断念、作曲家となる。ヴィークの娘でピアニストのクララ(1819年 – 1896年)との恋愛と結婚はシューマンの創作活動に多大な影響を及ぼした。文学への造詣も深く、1834年に「新音楽時報」の創刊に携わり、以後10年間にわたって音楽評論活動を行う。このころから精神障害の症状に悩まされるようになる。1844年にライプツィヒからドレスデンへ、1850年にデュッセルドルフへと移住して指揮者としても活動する。この間、子供向けのピアノ曲を作曲するなど教育分野での貢献も残した。1853年にヨハネス・ブラームス(1833年 – 1897年)と出会い、「新しい道」と題する論文で若き天才として紹介するが、翌1854年にライン川に投身自殺を図る。救助されたシューマンはボン近郊のエンデニヒの療養所に収容され、2年後の1856年に46歳で死去した。 (ロベルト・シューマンWikipedia)

Robert Schumann (German: [ˈʃuːman]; 8 June 1810 – 29 July 1856) was a German composer and influential music critic. He is widely regarded as one of the greatest composers of the Romantic era. Schumann left the study of law, intending to pursue a career as a virtuoso pianist. He had been assured by his teacher Friedrich Wieck, a German pianist, that he could become the finest pianist in Europe, but a hand injury ended this dream. Schumann then focused his musical energies on composing. Schumann’s published compositions were written exclusively for the piano until 1840; he later composed works for piano and orchestra; many Lieder (songs for voice and piano); four symphonies; one opera; and other orchestral, choral, and chamber works. Works such as Carnaval, Symphonic Studies, Kinderszenen, Kreisleriana, and the Fantasie in C are among his most famous. His writings about music appeared mostly in the Neue Zeitschrift für Musik (New Journal for Music), a Leipzig-based publication which he jointly founded. In 1840, Schumann married Friedrich Wieck’s daughter Clara, against the wishes of her father, following a long and acrimonious legal battle, which found in favor of Clara and Robert. Clara also composed music and had a considerable concert career as a pianist, the earnings from which, before her marriage, formed a substantial part of her father’s fortune. Schumann suffered from a mental disorder, first manifesting itself in 1833 as a severe melancholic depressive episode, which recurred several times alternating with phases of “exaltation” and increasingly also delusional ideas of being poisoned or threatened with metallic items. After a suicide attempt in 1854, Schumann was admitted to a mental asylum, at his own request, in Endenich near Bonn. Diagnosed with “psychotic melancholia”, Schumann died two years later in 1856 at the age of 46 without having recovered from his mental illness. (Robert Schumann – Wikipedia)

関連エントリ

シューマン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ロベルト・シューマン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Robert Schumann の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る