チャレンジャー号 の検索結果: 3 件

コロンビア号空中分解事故から15年(哀悼の意)

749px-Crew_of_STS-107_official_photo_2.jpg

Columbia_Memorial.JPG

コロンビア号空中分解事故から15年(哀悼の意)

関連記事

コロンビア号空中分解事故
コロンビア号空中分解事故(コロンビアごうくうちゅうぶんかいじこ)は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し、7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。 コロンビア号事故調査委員会(Columbia Accident Investigation Board, CAIB)はNASAに対し、技術および組織的運営の両面における改善を勧告した。シャトルの飛行計画はこの事故の影響で、チャレンジャー号爆発事故の時と同様に2年間の停滞を余儀なくされた。国際宇宙ステーション(International Space Station, ISS)の建設作業も一時停止され、STS-114で飛行が再開されるまで物資の搬送は29か月間、飛行士の送致はSTS-121が発射されるまで41か月間、完全にロシア連邦宇宙局に頼ることとなった。(コロンビア号空中分解事故 ー Wikipedia

関連サイト

スペースシャトル「コロンビア号」(STS-107)事故調査報告

関連エントリ

宇宙飛行士 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スペースシャトル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

コロンビア号 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

チャレンジャー号爆発事故から32年(哀悼の意)

Challenger_flight_51-l_crew.jpg

450px-Challenger_Memorial1.JPG

チャレンジャー号爆発事故から32年(哀悼の意)

関連記事

宇宙からの警告の日(1月28日)
1986(昭和61)年のこの日、アメリカのスペースシャトル・チャレンジャーが打ち上げられ、発射74秒後に爆発し、乗組員7人全員が死亡した。作家・大江健三郎は『治療塔』の中でこの事故を「宇宙意志からの警告」と表現した。(1月28日 今日は何の日~毎日が記念日~

チャレンジャー号爆発事故
チャレンジャー号爆発事故(チャレンジャーごうばくはつじこ)は、1986年1月28日、アメリカ合衆国のスペースシャトルチャレンジャー号が射ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が死亡した事故である。同オービタは北米東部標準時午前11時39分(16:39UTC、1月29日1:39JST)にアメリカ合衆国フロリダ州中部沖の大西洋上で空中分解した。 弔辞 / 事故の夜、レーガン大統領には例年の一般教書演説を行う予定が入っていた。当初彼は予定どおり演説をすると発表したが、すぐに変更して教書を1週間延期し、代わりにホワイトハウスの大統領執務室からチャレンジャーの事故に対する国家としての弔辞を読み上げることにした。執筆を担当したのはペギー・ヌーナン(Peggy Noonan)で、末尾は以下に述べるジョン・ジレスピー・マギー・Jr.(John Gillespie Magee, Jr.)の「ハイ・フライト(High Flight, 空高く)」という詩の一節を引用して締めくくっていた。「 私たちは、彼らのことを決して忘れない。最後に彼らを見た今日の朝、旅立ちの準備をし、手を振ってさようならを言い、そしてぶっきらぼうな地球の表面からすべり落ち、神様の顔に手を触れたことを。 」 その3日後、レーガンは妻のナンシーとともにジョンソン宇宙センターで行われた追悼式に出席し、以下のように述べた。「 我々は星へと向かう際、時として力及ばず道半ばで果てることがある。しかし我々はその痛みを乗り越え、さらに先へと進まなければならない。 」(Wikipedia ー チャレンジャー号爆発事故

STS-51-L
STS-51Lは、1986年1月28日に行われた、スペースシャトルチャレンジャーのミッションである。スペースシャトルのミッションとしては25回目で、チャレンジャーとしては10回目。ケネディ宇宙センター発射施設39-Bからのシャトルの初打上げであった。 アメリカでは初のアジア系宇宙飛行士である、日系人のエリソン・オニヅカ、初の民間人宇宙飛行士で高校教師クリスタ・マコーリフ、初の黒人宇宙飛行士ロナルド・マクネイアらが搭乗して大きな注目を集めていた。しかし発射から73秒後に空中分解を起こして、乗組員全員が死亡する大惨事となった。(ウィキペディア ー STS-51-L

関連エントリ

宇宙飛行士 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スペースシャトル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

チャレンジャー号 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故 1986年1月28日

800px-Shuttle_profiles.jpg

749px-Crew_of_STS-107_official_photo.jpg

655px-STS-51-L.svg.png

チャレンジャー号爆発事故 (挑战者号航天飞机灾难)(챌린저 우주왕복선 폭발 사고)(Space Shuttle Challenger disaster)
チャレンジャー号爆発事故(チャレンジャーごうばくはつじこ)は、1986年1月28日、アメリカ合衆国のスペース・シャトルチャレンジャー号が射ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が犠牲になった事故である。(Wikipedia

スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故 1986年1月28日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る