サクラ の検索結果: 36 件

2019年(平成31年)3月 イランカラプテの川柳

logo_01.gif

logo_02.gif

2019年(平成31年)3月 イランカラプテの川柳

イランカラプテ (Irankarapte) (こんにちは、はじめまして)、北海道アイヌ民族の言葉です。イ(それ)ラン(思い)カラプ(触れる)テ(させてください)。「あなたの心にそっとふれさせていただきます」の意。 川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。投稿は、こちらです

関連記事

3月(さんがつ March)は、冬と春の境目の季節である。 日本における3月 / 日本では弥生(やよい)の他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もある。 (3月 – Wikipedia)

投稿川柳

北国の サクラ開花は まだ遠し (美幌人)
北国の ひなまつりには 雪だるま (美幌人)
ほのぼのと 桃の香や ひなまつり (美幌人)

関連エントリ

イランカラプテの川柳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌の駒生川に魚道をつくる会 美幌博物館 (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

美幌の駒生川に魚道をつくる会 美幌博物館 (北海道美幌町)

関連記事

“命を上流へ”活動 冊子に 2019/02/11掲載(美幌町/社会) 美幌の駒生川に魚道をつくる会と博物館 / 手づくり魚道の設置や管理を行う住民団体「駒生川に魚道をつくる会」と美幌博物館がこのほど、取り組みをまとめた冊子「よみがえれ!駒生川手作り魚道が生み出す生物多様性」を発行した。 会は博物館などとともに、落差工が魚のそ上を妨げていた駒生川に23、24年の2年間で7基の魚道を設置。材料は地元産の木材や畑から取り除かれた石を使うなど費用を抑えており、設置後は傷んだ魚道の修繕などに取り組んでいる。 博物館の定期的な調査によると、川の上流では魚道設置後、それまで見られなかったサクラマスやイワナなどが見られるようになるなど効果が表れている。 冊子は平成29年に受けた北洋銀行「ほっくー基金」からの寄付金で発行。魚道設置前と設置後の状況、設置の様子などを写真を交えて掲載した。活動への参加も呼び掛けている。 学芸員は「冊子を通じて多くの人に活動を理解してもらえたら」と話している。B5判16ページで、千部作成。希望者には博物館で配布するほか、博物館のホームページからダウンロードもできる。問い合わせは博物館(0152・72・2160)へ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌博物館 / 出版物情報 / 自然学習書 / よみがえれ!駒生川

北海道美幌町の美幌博物館ホームページ

美幌博物館 – フェイスブック

関連エントリ

駒生川に魚道をつくる会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018 クリンソウまつり(北海道津別町)について

img_history60_02.jpg

2018 クリンソウまつり(北海道津別町)について

関連記事

6月16、17日・津別でクリンソウまつり 可憐な花 楽しんで / 第13回クリンソウまつりが6月16日(土)と17日(日)の午前10時半~午後3時、津別町上里のノンノの森(町民の森自然公園)とランプの宿森つべつで開かれる。主催は津別観光協会やNPO法人森のこだまなど4団体。30万株ともいわれるクリンソウが自生する公園の散策と、森の中のさまざまなイベントを楽しむ。2日間、フルート奏者の谷藤万喜子さん、ギタリストの本田優一郎さんのユニット「ホラネロ」などが出演する森の音楽会が開かれるほか、ツリーイング、森のクラフト、森林セラピー、森の香り作りセラピーなどさまざまな体験ができる。「ランプの宿」はランチバイキングを開催する。津別町バスターミナルを午前10時35分、ランプの宿を午後2時半にそれぞれ出発する無料の送迎バスも運行する。詳しくは津別町さんさん館内観光協会事務局(TEL 0152-77-3771)へ。(浩) (2018年5月30日の記事経済の伝書鳩

クリンソウ咲き始める 津別町上里のノンノの森 / 16、17日にクリンソウまつり 四季“いろ撮る” / サクラソウ科のクリンソウの花が、津別町上里のノンノの森(上里町民の森自然公園)で咲き始めた。ノンノの森のクリンソウは、町が国有林を譲り受け、公園として整備したのを機に有志が周囲の笹を刈るなどして地道に増やした。今年は16日(土)と17日(日)に13回目のクリンソウまつりが開かれる予定で、花を中心にさまざまなイベントが予定されている。5月末、散策路の木道沿いから花が開いた。まつりが近づくにつれて気温も上昇し、ピンク色の花が公園のあちこちで見られるようになっている。(浩) (2018年6月2日の記事 経済の伝書鳩

17日・津別で「クリンソウの森を訪ねて」 北見市発のバスで自然観察会 / 北見市発のバスで津別町のノンノの森(町民の森自然公園)へ向かう自然観察会「クリンソウの森を訪ねて」が17日(日)に開かれる。参加無料。当日は午前9時までに北網圏北見文化センター前に集合し、観察会終了後は午後3時帰着予定。昼食持参。定員30人で先着順。申し込みは同センター(TEL 0157-23-6700)へ。(2018年6月8日の記事 経済の伝書鳩

津別・ノンノの森でクリンソウまつり 見ごろ迎えた花とイベント楽しむ / 第13回クリンソウまつり(津別観光協会など主催)が16、17の2日間、津別町上里のノンノの森(町民の森自然公園)などで開かれた。町内外から訪れた人が公園内で見ごろを迎えたクリンソウのピンク色の花や、コンサートなどを楽しんだ。30万株といわれる花を中心にしたイベント。主催者によると、クリンソウは現在六分咲きほど。訪れた人は、公園を歩きながら川沿いなどに咲く花を存分に楽しんだ。公園の入口やランプの宿森つべつなど周辺では、音楽ユニット「ホラネロ」のコンサートや、絵本の読み聞かせ、ランチバイキングなどが行われ、思い思いにまつりを楽しんだ。(浩) (2018年6月21日の記事 経済の伝書鳩)

クリンソウ(九輪草、Japanese Primrose、学名Primula japonica)は、日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年。北海道、本州、四国の山間地の、比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生する。高さ30-90cmほどになり、日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型である。10-20cmほどの鋸歯を持つ葉のロゼットを作り、花季となる4-6月にその中心から花茎が伸びる。花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。花の色は濃い紅紫色(径2-2.5cm)が普通だが、ときにピンクや白、絞り咲きなどの変種も見られる。花が大きく美しいため山野草として人気があり、庭に植えられることも多い。園芸品種はヨーロッパでいくつか作出されたが、普及はしていない。クリンソウの群落地 / ノンノの森(北海道網走郡津別町字上里)。(クリンソウ – Wikipedia

marutakun.JPG

関連サイト

クリンソウまつり – 津別町

関連エントリ

クリンソウまつり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ウメの花 モクレンの花 について

300px-The_Yellow_Handkerchief_at_yubari.JPG

ウメの花 モクレンの花 について

関連記事

1本の木から紅白の梅 北見の男性方で / 縁起良し… 四季“いろ撮る” / 東の風が吹き、北見地方にも梅の便りが届く季節が訪れた。北見市内で長く果樹栽培を手掛ける男性方では、庭に梅の木が十数本ある。このうちの1本が、1つの木に赤と白の花を鮮やかに着けた。園芸の技能を生かし、男性が接ぎ木して十数年来育てる1本。多数ある山桜の花が散り、春を忘れそうになるころに咲き始める。屏風絵を思い起こさせる華やかさ。ご利益がありそうで、めでたし、めでたし。(寒)(2018年5月16日の記事 経済の伝書鳩

ウメ(梅、学名:Prunus mume、英: Japanese apricot[1])は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、モモに比べ、開花時の華やかな印象は薄い。毎年2月から4月に5枚の花弁のある1センチメートルから3センチメートルほどの花を葉に先立って咲かせる。花の色は白、またはピンクから赤。葉は互生で先がとがった卵形で、周囲が鋸歯状。樹木全体と花は主に鑑賞用、実は食用とされ、枝や樹皮は染色に使われる。(ウメ – Wikipedia

40年以上育てたモクレン満開 北見の夫妻宅で / ここ数年で一番の咲きぶり 花だより / 北見市内の男性(89)と女性(87)夫妻が約40年、庭で大切に育てているモクレンが満開になった。ここ数年で「一番の咲きぶりです」と喜んでいる。高さ4~5メートル。庭は道路沿いにあり、この季節になると道行く人も足を止めて花を眺めるそう。例年5月25日の女性の誕生日前後に見ごろとなるが、今年はやや早く満開となった。夫妻は、高齢により外出が難しくなっているが、息子夫婦の付き添いで庭に出て、モクレンのお花見を楽しんだ。大きく育った木を見上げ「きれいに咲いてくれて、本当にありがたいですね」と目を細めていた。以前のように手入れができなくなったが、女性は「モクレンは特別な花です。大事にしたい」と話している。(理)(2018年5月16日の記事 経済の伝書鳩

モクレン(木蓮、木蘭、Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora、中国では紫玉兰と表記するが木兰、辛夷、木笔、望春、女郎花とも呼ばれる)は、モクレン目モクレン科モクレン属の落葉低木。花が紫色であることから、シモクレン(紫木蓮)の別名もある。ハネズ、モクレンゲと呼ばれることもある。昔は「木蘭(もくらん)」と呼ばれていたこともあるが、これは花がランに似ていることに由来する。今日では、ランよりもハスの花に似ているとして「木蓮(もくれん)」と呼ばれるようになった。(モクレン – Wikipedia

関連エントリ

ウメの花 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モクレンの花 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

花だより「チシマザクラ」について

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

花だより「チシマザクラ」について

関連記事

折れた枝からチシマザクラの花咲く 美幌の男性宅で / 花だより / 美幌町在住の男性(89)宅で、チシマザクラの折れた枝から花が咲いた。庭のチシマザクラの枝が数本、雪の影響で折れてしまった。男性が「かわいそうだから」と花びんに差したところ、つぼみが膨らんだ。20輪ほどが咲いている。妻(87)は「花は大好き。気持ちが和みます」と、居間に訪れた一足早い春の風景を眺めている。(浩)(2018年4月19日の記事 経済の伝書鳩

チシマザクラ(千島桜、学名: Cerasus nipponica var. kurilensis (Miyabe) H.Ohba)はバラ科サクラ属の植物。特徴 / 千島列島南部、北海道から中部地方以北に分布。名は千島地方に自生することより因んだ。亜高山帯の林内に生える落葉広葉樹で低木。高さは0.5-5mほど。タカネザクラの変種で、タカネザクラとの違いは葉柄、花柄、萼筒に毛がある点。花期は5-7月。淡紅色から白色で、直径2-2.5cmほどの花を1-3個ほど散形状につける。葉は卵状楕円形。北海道根室市では、桜の開花予想に用いられる標本木に採用されている。(チシマザクラ – Wikipedia

関連エントリ

チシマザクラ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

3月27日 さくらの日(日本)

Haniwa2.jpg

3月27日 さくらの日(日本)

関連記事

3月27日 さくらの日 / 日本さくらの会が1992(平成4)年に制定。3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから。日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める日。(3月27日 今日は何の日~毎日が記念日~

3月27日 さくらの日(日本)日本さくらの会が1992年に制定。3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることから。(3月27日 – Wikipedia

サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。サクラは日本文化に馴染みの深い植物である。また、日本において観賞用として植えられているサクラの多くはソメイヨシノという品種である。英語では桜の花のことをCherry blossomと呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から、sakuraと呼ばれることも多くなってきている。現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布している。サクラの果実はサクランボまたはチェリーと呼ばれ、世界中で広く食用とされる。サクラ全般の花言葉は「精神の美」「優美な女性」西洋では「優れた教育」も追加される。日本人とサクラ / 日本を象徴する花 / 桜では開花のみならず、散って行く儚さや潔さも、愛玩の対象となっている。古くから桜は、諸行無常といった感覚にたとえられており、ぱっと咲き、さっと散る姿ははかない人生を投影する対象である。人気 / 桜は春を象徴する花として日本人にはなじみが深く、春本番を告げる役割を果たす。桜の開花予報、開花速報はメディアを賑わすなど、話題・関心の対象としては他の植物を圧倒する。入学式を演出する春の花として多くの学校に植えられている。利用 / 日本では国花が法定されておらず天皇や皇室の象徴する花は菊であるが、サクラは多くの公的機関でシンボルとして用いられており、『事実上の国花』のような扱いを受けている。桜と日本文化 / 桜は春の象徴、花の代名詞として和歌、俳句をはじめ文学全般において非常に良く使われており、現代でも多くの音楽、文化作品が生み出されている。(サクラ – Wikipedia

日本さくら名所100選(にほんさくらめいしょひゃくせん)は、1990年に公益財団法人日本さくらの会の創立25周年記念として選定、建設省、運輸省、環境庁、林野庁、全国知事会、財団法人国際花と緑の博覧会協会の後援によって行われたものである。各都道府県から最低1か所を選ぶなど、9つの選定基準によって選ばれた。(日本さくら名所100選 – Wikipedia

関連サイト

日本さくらの会

関連エントリ

600px-Cherry_Stella444.jpg

サクラ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

さくら の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

桜 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

さくらの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本海のさかな サクラマスを増やすため。(竹内 勝巳)

1125px-Topographic90deg_N0E90.png

799px-Biwa_TroutLake_Biwa-JP_2.jpg

Tacuinum_Sanitatis-fishing_lamprey.jpg

北海道からのメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第434号)が送られてきました。 日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。(一部転載)

日本海のさかな サクラマスを増やすため。(竹内 勝巳)
In order to increase the fish masu salmon of the Sea of ​​Japan. (Katsumi Takeuchi)

日本海のさかな サクラマスを増やすため。(竹内 勝巳) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌川の支流で、「駒生川 ワークショップ」

bi_bo.jpg

ワークショップ
ワークショップ (workshop) とは、日本では「体験型講座」を指す用語。

美幌川の支流で、「駒生川 ワークショップ」
Tributaries of Bihoro River, “Komaoi River Workshop”

美幌川の支流で、「駒生川 ワークショップ」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「イスラエル関連文化事業案内」 (2014年 7月11日)

image013.jpg

東京にあるイスラエル大使館文化部からのメールマガジンです。

「イスラエル関連文化事業案内」 (2014年 7月11日)
“Israel-related culture Business Guide” (July 11, 2014)

「イスラエル関連文化事業案内」 (2014年 7月11日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JMTSP アメリカ音楽療法だより(91)

290px<br />
Guitar_headstock_front.jpg

Map_of_USA_CAsvg.png

伊賀音楽療法研究会から世界音楽療法の最新情報が送られてきた。

JMTSP アメリカ音楽療法だより(91) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る