コーラス の検索結果: 25 件

北海道北見市の合唱団 北見女声ミントコール創立50周年記念演奏会

90px-Water_drop_on_a_leaf.jpg

北海道北見市の合唱団 北見女声ミントコール創立50周年記念演奏会

関連記事

北見女声ミントコールが50周年 2019/08/23掲載(北見市/告知) 北見芸文ホールで記念演奏会 / 8月25日 / 北見の合唱団「北見女声ミントコール」の創立50周年記念演奏会「五十年(いそとせ)の歩みに感謝をこめて」が25日(日)午後2時半から、北見芸術文化ホールで開かれる。大きな節目を祝い、団員28人が一丸となってハーモニーを響かせる。 同合唱団は1970(昭和45)年、北見公民館成人ママさんコーラスから誕生。宗廣祐詩さんを指揮者に、アダルト女声合唱団の名称で結成した。90(平成2)年に「北見女声ミントコール」に改称。およそ5年ごとにコンサートを開いているほか、北見合唱祭やオホーツク合唱フェスティバルに出演するなど、演奏活動を続けている。 記念演奏会は、永易孝一さん指揮、島野公恵さんピアノで、三部構成で行う。第二部で演奏する女声合唱組曲「秩父のバラード」は、創立35周年記念演奏会で歌った思い出の曲。三井陽子団長は「演奏会後に亡くなった当時の指揮者・大塚千都子先生が魂を込めて指導してくださいました」と話す。 このほか、歌う喜びを表現した「THANK YOU FOR THE MUSIC(映画『マンマミーア』より)」やNHK連続テレビ小説の中で歌われた「いのちの歌」などを合唱する。 三井団長は「団員は仲が良く、長く続けている人が多い。みんなで元気にステージを迎え、美しいハーモニーができれば」と話している。 入場料は700円(小学生以下無料)。問い合わせは三井団長(0157・22・5920)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

創立50周年記念演奏会 2019/08/28掲載(北見市/行事・文化) 北見女声ミントコール / 紡いできたハーモニーを披露 / 北見の合唱団「北見女声ミントコール」の創立50周年記念演奏会が25日、北見芸術文化ホールで開かれた。団員が一丸となって紡いできたハーモニーを披露した。 同合唱団は1970(昭和45)年、北見公民館成人ママさんコーラスとして誕生。今年50年の節目を迎えた。 記念演奏会「五十年(いそとせ)の歩みに感謝を込めて」では、歴史の重みをかみしめながら「恋のフーガ」「いのちの歌」などを合唱。美しい歌声で来場者を魅了した。(成) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北見市

関連エントリ

宗廣祐詩 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大塚千都子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見女声ミントコール の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市出身のガールズバンド Whiteberry ホワイトベリー

北海道北見市出身のガールズバンド Whiteberry ホワイトベリー

関連記事

Whiteberry(ホワイトベリー)は、1999年にメジャー・デビューした日本のガールズバンド。略称・愛称として「ホワベリ」や「白ベリ(しろベリ)」などが用いられる。ソニー・ミュージックエンタテインメント所属。2004年に解散。 メンバー全員が北海道北見市出身。 概説 / 北海道北見市出身の女子によって1994年に結成された。1999年にメジャーデビュー。2000年9月に発売された「夏祭り」(JITTERIN’JINNのカバー曲)はTBS系「ふしぎな話」の主題歌に起用され、オリコンチャート最高位3位を記録する大ヒットとなり、この楽曲で第51回NHK紅白歌合戦に出場した。 メンバー / 前田由紀(まえだ ゆき、1985年10月12日 – )ボーカル担当。5人の内で唯一の途中参加メンバーで、加入前は長谷川がボーカルを務めていた。現在は前田有嬉名義でソロ活動を行っている。2017年2月よりMUTOWN RECORDS所属となる。身長153cm。 稲月彩(いなつき あや、1985年12月16日 – )ギター担当。左利き。ギターは右弾き。稲月がWhiteberryを作った。身長142cm。 長谷川ゆかり(はせがわ ゆかり、1985年10月25日 – ) ベース担当。前田加入前はボーカルを担当していた。身長160cm。 水沢里美(みずさわ りみ、1984年12月25日 – )キーボード、コーラス担当。身長155cm。 川村恵里加(かわむら えりか、1984年5月17日 – )ドラムス担当。身長157cm。 (Whiteberry – ウィキペディア)

北見市 日本の北海道の市 / 北見市(きたみし)は、北海道オホーツク総合振興局にある市。オホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110キロメートル (km) に広がっている。北海道(ただし、北方領土である択捉島などを除いた場合)で一番広い地方公共団体(日本国内では高山市、浜松市、日光市に続く4番目の広さ)である。 人物 / 出身人物 / 芸能・マスコミ / Whiteberry(ガールズバンド) 稲月彩 川村恵里加 長谷川ゆかり 前田由紀(yukki) 水沢里美 (北見市 – Wikipedia)

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 50代 1997〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ホワイトベリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Whiteberry の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

全日本おかあさんコーラス大会 (北海道網走市 女声コーラス コール・ドルチェ)

全日本おかあさんコーラス大会 (北海道網走市 女声コーラス コール・ドルチェ)

関連記事

全日本おかあさんコーラス 2019/08/07掲載(網走市/社会・行事) 網走「女声コーラス コール・ドルチェ」 5年ぶり2度目の大舞台へ 力まず、楽しく / 網走市の「女声コーラス コール・ドルチェ」が、第42回全日本おかあさんコーラス北海道支部大会(7月、札幌市=全日本合唱連盟北海道支部、朝日新聞社主催)で北海道代表に選ばれ、8月24、25日に石川県金沢市で開催される全国大会への切符を手にした。全国出場は、5年ぶり2度目となる。 いざ全国へ / 北海道支部大会には、33団体が出場。コール・ドルチェは20人編成で臨み、規定の8分以内で「きこえるかしら」「いつかの木から」を披露した。審査の結果、道代表として4団体が選ばれ、オホーツク管内からはコール・ドルチェのみだった。 コール・ドルチェは2000(平成12)年に結成。現在のメンバーは60代から80代の26人で、週2回の練習に励んでいる。市外から通うメンバーもいるが、「みんなで支え合って楽しく歌っています」(中心メンバーの1人)。 道支部大会でのステージに上がる前、指導者であり指揮者の男性はメンバーに向けて「緊張せず、いつもと同じように歌ってほしい」と声を掛けたという。ソプラノを担当するメンバーは「このステージが一番うまく歌えたような気がします」と振り返る。 発表曲「いつかの木から」は、少女が抱いた夢を軸に展開する。自然の移ろいをからめながら、少女から大人へと成長する過程を清潔感のあるメロディーで表現した作品だ。様々な人生を重ねてきたシニア世代を中心としたコール・ドルチェという女声合唱団には、しっくりと馴染む曲だったようだ。 全国大会を控え、代表の女性は「しっかり健康管理をして、本番では力まずに楽しく、元気に歌ってきたいです」と張り切っている。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

全日本おかあさんコーラス大会(ぜんにっぽんおかあさんコーラスたいかい、JCA Mothers’ Chorus Festival )は、毎年8月に開催される、「おかあさんコーラス」を対象とした日本の合唱大会である。全日本合唱連盟と朝日新聞社が主催して、現在はキユーピー株式会社が協賛している。2018年までに41回の開催を続けている。 第1日の終了後に全国から集まる出演者を歓迎する交流パーティー(1日開催の時代は前夜祭)、閉会式の際に出演者全員による「夏の思い出」の合同合唱が恒例となっている。 (全日本おかあさんコーラス大会 – Wikipedia)

関連エントリ

女声コーラス コール・ドルチェ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

全日本おかあさんコーラス大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町の配食サービス会食会「まんぷくの集い」に参加しました

IMG_20190627_124124

美幌町の配食サービス会食会「まんぷくの集い」に参加しました

2019年(令和元年)6月27日(木)12:00~13:30 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」1階 集団検診ホールで開催された 配食サービスの利用者さんとボランティア・運転スタッフとの昼食会「まんぷくのつどい」に参加しました。参加費は無料でした。 当日の献立は、「まぜご飯・汁物・おかず」でした。

内容は、ボランティア手作りの食事と、コーラス観賞 、美幌町の女性合唱グループ 指揮・鈴木章夫 女声コーラス「虹」の皆さん。リクエストは、365日の紙飛行機。 みんなで昼食を食べて、みんなで笑って、おなかも心も「まんぷく」になりました。ありがとうございました。

IMG_20190627_115711

関連サイト

しゃきっとプラザ | 美幌町ホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

あさが来た~ピアソン記念館 (北海道北見市) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道美幌町の 配食サービス会食会「まんぷくの集い」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

まんぷくの集い の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の 配食サービス会食会「まんぷくの集い」

IMG_20190608_010315

北海道美幌町の 配食サービス会食会「まんぷくの集い」

関連記事

配食サービスの利用者さんとボランティア・運転スタッフとの昼食会 まんぷくのつどい 開催のご案内 みなさんのご参加をお日時待ちしています。参加費は無料です。当日の献立は、「まぜご飯・汁物・おかず」です。
[日時]令和元年6月27日(木)12:00~13:30
[会場]しゃきっとプラザ 1階 集団検診ホール
[内容]ボランティア手作りの食事と、コーラス観賞 (女声コーラス 虹)
みんなで昼食を食べて、みんなで笑って、おなかも心も「まんぷく」になりましょう!! 参加される方は、別紙の「参加申し込み用紙」をボランティアさんに渡して下さい。締め切りは、6月21日(金)です。 お申し込み・お問い合わせ先 美幌町社会福祉協議会 電話0152-72-1165 美幌町字東3条北2丁目 しゃきっとプラザ2階 (まんぷくの集いチラシ)

関連動画

まんぷく – YouTube

関連サイト

しゃきっとプラザ | 美幌町ホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

まんぷくの集い の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

三町高齢者大学交歓会 (美幌町明和大学 津別町寿大学 大空町ことぶき大学)

三町高齢者大学交歓会 (美幌町明和大学 津別町寿大学 大空町ことぶき大学)

1984年 (昭和59年) 美幌町明和大学 大正琴クラブを創立・指導した。三町高齢者大学交歓会に参加・出演した。 当時は、大空町の 女満別ギター同好会を指導していた。 この頃は、美幌町の 美幌ギターマンドリン協会が活動していた。 津別町の 津別マンドリンクラブ 津別ギター同好会も活動していた。 この事は、昨日のことのように思い出します。

関連記事

三町高齢者大学交歓会 (美幌町・津別町・大空町/社会) 大空町教育文化会館で / 大空、美幌、津別 芸能、展示作品発表し合う / 美幌、津別、大空の「三町高齢者大学交歓会」が5日、大空町教育文化会館で開かれ、芸能や展示作品などを発表し合った。 3町の教育委員会が持ち回りで毎年開催。美幌町明和大学、津別町寿大学、大空町ことぶき大学から合わせて約250人が参加した。 芸能発表では大正琴やフラダンス、コーラスなど各町のクラブが代わるがわるステージに出演。日ごろの活動の成果を披露し、大勢の学生が拍手を送った。ロビーには絵手紙やパッチワーク、書道作品などが並び、学生達が互いの作品を眺め合っていた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

img_history30_03.jpg

関連エントリ

美幌町明和大学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

津別町寿大学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大空町ことぶき大学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北の国から(遥かなる大地より さだまさし)について

04jagaimo.jpg

北の国から(遥かなる大地より さだまさし)について

関連記事

「北の国から〜遥かなる大地より〜」(きたのくにから はるかなるだいちより、Kitanokunikara)は、さだまさしが作曲した楽曲で、テレビドラマ『北の国から』の主題歌である。単に「北の国から」あるいは「遥かなる大地より(遙かなる大地より)」とも表記される。楽曲の概要 / 作曲・編曲ともさだまさし自身による楽曲で基本は歌詞のないインストゥルメンタルであるが、さだと白鳥座によるコーラスが入る。また、さだまさしのレコードによるオリジナルバージョンでは、「遥かなる大地より」に引き続いて「螢のテーマ」が演奏されるためにタイトル表記は、「北の国から 遥かなる大地より〜螢のテーマ」となる。なお、ドラマ『北の国から』にて使用されているものと同じ音源は、レコード・CD化されていない。作曲の経緯 / さだまさしは、北海道の広大な台地をイメージしたメロディーラインを「♪ああーあああああーあ(語尾下げて)」と発したところ、倉本が「それいいね。で、その続きは?」と言い、「♪ああーあああああー(語尾上げて)」と発した。さらに倉本の「続けて」に対して、さだは「♪んんーんんんんんーん、んんん、んんんんんー」と呼応。これを聞いた倉本が「いいね。これでいこう」とそのまま決定。メロディーラインを即興で考え発しただけのつもりが、イントロのギターからAメロ・Bメロと、その時の即興メロディー案がそのまま採用され、わずか10分ほどで基本が出来上がったという。以降、さだまさし自身がインタビュー取材やコンサートのトークで「僕が作った曲の中で一番素晴らしいのは『北の国から〜遥かなる大地より〜』です。なにしろ、すべての詩が『あ』と『ん』だけで表現されてますから! こんなに楽で完成度の高い曲はもう一生書けないでしょうね」としばしば自虐ネタとして披露する。(北の国から〜遥かなる大地より〜 – Wikipedia

さだ まさし(Masashi Sada、本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年4月10日 – )は、日本のシンガーソングライター、タレント、小説家。ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。身長は165cm。血液型はA型。既婚。(さだまさし – Wikipedia

関連エントリ

さだまさし の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北の国から の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

遥かなる大地より の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

新年度学生募集 – 高齢者生涯学習教室 (美幌町明和大学)

800px-Its_all_about_love.jpg

新年度学生募集 – 高齢者生涯学習教室 (美幌町明和大学)
New year student recruitment – Elderly lifelong learning classroom (Bihoro Meiwa University)

新年度学生募集 – 高齢者生涯学習教室 (美幌町明和大学) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の音楽療法の情報 (2014.12.10)

2009.02.01.jpg

伊賀音楽療法研究会からのメールマガジンです。(2014.12.10)

「日本の音楽療法の情報」 (2014年 12月10日)
“Information of music therapy in Japan” (December 10, 2014)

日本の音楽療法の情報 (2014.12.10) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道179市町村ツアー (オホーツク) – The Ton-Up Motors

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道179市町村ツアー (オホーツク) – The Ton-Up Motors
Hokkaido 179 municipalities tour (Okhotsk) – The Ton-Up Motors

Hokkaido_Abashiri_Br_16cl.png

オホーツク総合振興局の自治体
1.北見市 / 2. 網走市 / 3. 紋別市 / 4,5. 大空町 / 6. 美幌町 / 7. 津別町 / 8. 斜里町 / 9. 清里町 / 10. 小清水町 / 12. 訓子府町 / 13. 置戸町 / 15. 佐呂間町 / 17. 遠軽町 / 18. 湧別町(上湧別地区) / 19. 湧別町(湧別地区) / 20. 滝上町 / 21. 興部町 / 22. 西興部村 / 23. 雄武町

北海道179市町村ツアー (オホーツク) – The Ton-Up Motors の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る