エコーセンター2000 の検索結果: 23 件

エコーセンター2000で、「オホーツク網走映画祭」(2013)

Abashiri_Prison_-gate.jpg

Abashiri_Prison_02.jpg

The_Yellow_Handkerchief.jpg

第6回(2013)
オホーツク網走フィルムフェスティバル(映画祭)

エコーセンター2000で、「オホーツク網走映画祭」(2013) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

10月のイベント案内 | オホーツクの文化交流センター(網走市)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

オホーツク・文化交流施設は北海道網走市にある多目的ホールエコーホールをコア施設とする文化交流施設・コンベンションセンター。オホーツク・文化交流センターとも呼ばれる。愛称は公募により決定されたエコーセンター2000。網走市民の生涯学習の促進および芸術文化振興を目的として建設され、2000年(平成12年)にオープンした。
ja.wikipedia.org/wiki/オホーツク・文化交流施設

10月のイベント案内
オホーツク文化交流センター(網走市)

10月のイベント案内 | オホーツクの文化交流センター(網走市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「星野道夫 Alaska 星のような物語」(網走で上映会)

hoshino3s.jpg

Flag_of_Alaska.svg.png

星野 道夫(ほしの みちお、1952年9月27日 – 1996年8月8日)は、写真家、探検家、詩人。 2006年7月24日、NHKハイビジョン特集『アラスカ 星のような物語〜写真家・星野道夫 大地との対話〜』が放映された。
ja.wikipedia.org/wiki/星野道夫

「星野道夫 Alaska 星のような物語」(網走で上映会)

「星野道夫 Alaska 星のような物語」(網走で上映会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「中国伝統芸術の世界」(Special live in Abashiri)

Bianlian.JPG

Sichuan_Opera.jpg

雑技
雑技(ざつぎ)は、世界的な公演芸術であるサーカスであり、中国での歴史はもっとも悠久なだけでなく民族的特色も持っている。 また、中国において、曲芸や奇術など様々な芸能を雑技という。 日本では、各地の雑技団の公演や、日本で設立された雑技団など中国雑技を見ることができる。

川劇
川劇 (せんげき)とは、中国四川省の伝統芸能。 京劇と似た様式で行われる演劇であるが、変臉(へんれん)と呼ばれる、瞬時に瞼譜(隈取)を変える技巧で有名。

川劇、変面、柔術、超絶雑技!
「中国伝統芸術の世界」(Special live in Abashiri)

「中国伝統芸術の世界」(Special live in Abashiri) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「シルバー合唱団交流演奏会」(あばしりのシルバーコーラスから)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

合唱
合唱(がっしょう)は、複数の人が複数の声部に分かれて各々のパートを複数で歌う音楽の演奏形態のこと。各々のパートがひとりずつとなるものを重唱と呼んで区別するほか、複数人が同一の旋律を歌うことも斉唱といい、区別される(広義では斉唱も合唱に含まれる)。無論、ひとりで歌う独唱とも区別される。 「合唱」は、器楽の「合奏」の対語でもある。クワイア(choir)、コーラス(chorus)とも呼ばれる。 合唱の種類: パート数により、二部合唱、三部合唱、四部合唱等と呼ぶ。曲によっては六部、八部合唱などもある。 女声による合唱を女声合唱、男声によるものを男声合唱といい、変声前の声によるものを児童合唱(または童声合唱、少年合唱、少年少女合唱など。主に童声合唱)と呼ぶ。男女の声によるものを混声合唱という。
http://ja.wikipedia.org/wiki/合唱

コーラス (ポピュラー音楽)
コーラス(英: chorus)は、合唱を意味する音楽用語である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/コーラス (ポピュラー音楽)

第20回
道東都市「シルバー合唱団」交流演奏会
釧路市シルバーコーラス「心の窓に灯を」「森へ」「見上げてごらん夜の星を」「高原列車は行く」「時代」
北見シルバー混声合唱団「モルダウ」「黒い瞳のナタリー」「夏の思い出」「風が」「雨ニモマケズ」
帯広シルバーコーロアミーチ「見上げてごらん夜の星を」「ともだち」「魅惑の宵」
根室コール・スワン「地上の星」「涙そうそう」「この空を飛べたら」「昴(すばる)」
あばしりシルバーコーラス「翼をください」「混声合唱曲集 空とぶうさぎ」「足指でおセンタク」「お母さん」
合同合唱「埴生の宿」「花は咲く」「さようなら」

「シルバー合唱団交流演奏会」(あばしりのシルバーコーラスから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

吉田瑳矩果(よしだ さくら)ハープコンサート in 網走

800px-Okhotsk_Cultural_Exchange_Center01s3.jpg

オホーツク・文化交流施設
オホーツク・文化交流施設(オホーツク・ぶんかこうりゅうしせつ)は北海道網走市にある多目的ホールエコーホールをコア施設とする文化交流施設・コンベンションセンター。オホーツク・文化交流センターとも呼ばれる。愛称は公募により決定されたエコーセンター2000。
http://ja.wikipedia.org/wiki/オホーツク・文化交流施設

アトリウムロビーコンサート 2013 in 網走
吉田 瑳矩果(Sakura Yoshida)ハープコンサート

吉田瑳矩果(よしだ さくら)ハープコンサート in 網走 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走管内の「年末年始の各機関ガイド」と「新春ガイド2013」

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

448px-Noah_mosaic.jpg

網走支庁
網走支庁(あばしりしちょう)は、かつて北海道に存在した支庁のひとつ。支庁名は北見国網走郡に由来する。支庁所在地は網走市。2010年(平成22年)4月1日、オホーツク総合振興局に改組。(Wikipedia

オホーツク総合振興局(鄂霍次克綜合振興局、오호츠크 종합진흥국、Okhotsk Subprefecture)
オホーツク総合振興局(オホーツクそうごうしんこうきょく)は、北海道の総合振興局のひとつ。振興局所在地は網走市。2010年(平成22年)4月1日、網走支庁に代わって発足した。(Wikipedia

網走管内の「年末年始の各機関ガイド」と「新春ガイド2013」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

世界共通のシンボルマークです(網走市)

550px-Wheelchair_symbol_mailto_02.svg.png

2.jpg

障害者権利条約
障害者権利条約(しょうがいしゃけんりじょうやく、Convention on the Rights of Persons with Disabilities)は、あらゆる障害(身体障害、精神障害及び知的障害等)のある人の尊厳と権利を保障するための人権条約。日本では障害者の権利に関する条約(しょうがいしゃのけんりにかんするじょうやく)と政府によって仮訳されている。(Wikipedia

アクセシビリティ
アクセシビリティ(英: accessibility)とは、高齢者・障害者を含む誰もが、さまざまな製品や建物やサービスなどを支障なく利用できるかどうか、あるいはその度合いをいう。(Wikipedia

世界共通のシンボルマークです(網走市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

新しい家族の「タンチョウ」交流、北海道と台湾

a_bare03.jpg

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第282号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道と台湾 についてのニュースブログ記事(Google)

新しい家族の「タンチョウ」交流、北海道と台湾 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

市民クリスマスチャリティー・コンサート(網走)

Weihnachtsmann.jpg

49654.jpg

49870.jpg

02_3.jpg

2010-0304-1955_0.jpg

市民クリスマスチャリティー・コンサートが18日(土)午後2時から、網走市のエコーセンター2000で開かれる。ホザンナ聖歌隊が「ジングルベル」、網走桂陽高校吹奏楽部が賛助出演。主催は、キリスト兄弟団網走教会。

写真は、オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000)
Okhotsk Cultural Exchange Center(Echo Center 2000)
冬には、オホーツク海の流氷が見られます。

市民クリスマスチャリティー・コンサート(網走) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る