みんなのうた の検索結果: 15 件

日本の童謡 ちいさい秋みつけた (合唱・ギター・マンドリン)

日本の童謡 ちいさい秋みつけた (合唱・ギター・マンドリン)

関連記事

「ちいさい秋みつけた」(ちいさいあきみつけた)は、サトウハチロー作詞・中田喜直作曲による日本の童謡。 概要 / 1955年にNHKの特別番組『秋の祭典』の楽曲の1つとして作曲され、伴久美子がソロで歌った。番組内限定の曲であり、当初はレコード化されなかったが、1962年にキングレコードのディレクター長田暁二が合唱に最適な曲として見い出した。ボニージャックスの歌唱でレコーディングされ、LP『サトウハチロー童謡集』(品番:KH-53 / SKH-8)に収録された。同年末の『第4回日本レコード大賞』で童謡賞を受賞した。JASRACに登録されている正題と『サトウハチロー童謡集』での表記は「ちいさい秋みつけた」だが、一部のレコード・CDでは「小さい秋みつけた」と表記される場合がある。 後に文部省認定曲として小学校の音楽の教科書に掲載された。 みんなのうた版 / NHKの『みんなのうた』では、1962年10月-11月にボニージャックスの歌で初登場。映像は藤城清治制作の影絵。『みんなのうた』での放送後、視聴者からの楽譜の希望が多かった曲の一つである。 (ちいさい秋みつけた – Wikipedia

関連エントリ

ちいさい秋みつけた の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

サトウハチロー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中田喜直 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

令和元年5月5日 こどもの日・みんなのうた (日本の国民の祝日)

ET_Moon.jpg

令和元年5月5日 こどもの日・みんなのうた (日本の国民の祝日)

関連記事

5月5日 こどもの日(Children’s Day) / こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する国民の祝日。 1948(昭和23)年7月公布・施行の祝日法によって制定された。
端午の節句,菖蒲の節句 / 邪気を払う為、菖蒲や蓬を軒に挿し、粽や柏餅を食べる。「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、「午」は「五」に通じることから、元々「端午」は月の始めのの五の日のことだった。その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになった。日本ではこの日、男性は戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じ蘢って田植えの前に身を清める神聖な儀式の日だった。しかし、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、鎌倉時代ごろから男の子の節句とされ、甲胄・武者人形等を飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになった。
児童憲章制定記念日 / 1951(昭和26)年のこの日、子供の権利に関する宣言「児童憲章」が制定された。 (5月5日 今日は何の日~毎日が記念日~)

こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されている。 祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。 (こどもの日 – Wikipedia)

みんなのうた

日本の楽曲 / たんぽぽ – 門倉訣(門倉さとし)・作詞、堀越浄・作曲の歌曲。1976年発表。日立製鉄所の労働闘争歌でもあった。

「手のひらを太陽に」(てのひらをたいように)は、日本の童謡。作詞はやなせたかし、作曲はいずみたく。1961年に制作され、翌1962年にNHK『みんなのうた』で放送された。 (手のひらを太陽に – Wikipedia)

関連サイト

たんぽぽ / うたごえサークルおけら

手のひらを太陽に / うたごえサークルおけら

美幌こども食堂 プロジェクト

関連エントリ

美幌こども食堂のニュース (北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道網走郡美幌町内の 美幌こども食堂 – 美幌音楽人 加藤雅夫

こどもの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

みんなのうた の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の絵本作家 葉祥明 (Shomei Yoh)

img_history_index03-375x500_2.jpg

日本の絵本作家 葉祥明 (Shomei Yoh)

関連記事

葉 祥明(よう しょうめい、Shomei Yoh、1946年7月7日 – )は、日本の絵本作家。本名、葉山祥明。祖父の代に日本へ渡来した中国人の家系に出自を持つ。自身は30代で日本国籍となった。実兄の葉祥栄は建築家。実弟の葉山祥鼎は作家・写真家。熊本県熊本市出身。九州学院高等学校、立教大学経済学部、セツ・モードセミナー卒業後、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグに留学、油絵を学ぶ。経歴 / 1972年 絵本「ぼくのべんちにしろいとり」でデビュー。イギリス、フランス、スウェーデンで発刊。1990年 絵本「風とひょう」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。英国アン王女に原画を献呈する。1991年 神奈川県鎌倉市に葉祥明美術館を開館。郵政省「かもめーる」に挿絵が使用される。ニューヨークにて個展を開催。1992年 郵政省、ふみの日記念切手にメインキャラクターの “JAKE” が採用される。1996年 創作絵本「イルカの星」が第31回造本装幀コンクール展入賞。オーストリア・ウィーンにて展覧会。1997年 絵本「地雷ではなく花をください」日本絵本賞読者賞受賞。創作絵本「イルカの星」第7回けんぶち絵本の里大賞。創作絵本「ひかりの世界」第32回造本装幀コンクール展入賞。TBS「いのちの響」に出演。1998年 カナダ・モントリオールにて個展。郵政省、わたしの愛唱歌シリーズ「この道」記念切手制作。1999年 郵政省「はあとめーる」に挿絵が使用される。2000年 長崎原爆絵本「あの夏の日」第6回平和協同ジャーナリスト基金賞奨励賞。2002年 熊本県阿蘇郡長陽村(現在の南阿蘇村)に葉祥明阿蘇高原絵本美術館を開館。2005年 リリー・フランキーの大ベストセラー小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』に自作の詩、《母親というものは》が引用される。2006年 《母親というものは》を収録した詩集「母親というものは」を発表。2007年 ルー大柴&仁井山征弘「MOTTAINAI〜もったいない〜」(NHKみんなのうた)の衣装として、メインキャラクター “JAKE” がプリントされたTシャツが着用されている。 (葉祥明 – Wikipedia)

関連サイト

葉祥明オフィシャルサイト (葉祥明美術館)

葉祥明オフィシャルブログ

葉祥明さんの「癒しの絵」 | 心はいつも青春している/「なりひら」と「猫たち」

関連エントリ

葉祥明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

葉山祥明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shomei Yoh の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shomei Hayama の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

金子 みすゞの忌日と金子みすゞの小惑星について

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

金子 みすゞの忌日と金子みすゞの小惑星について

関連記事

金子みすゞ忌 / 童謡詩人、金子みすゞの1930(昭和5)年の忌日。西条八十から「若き童謡詩人中の巨星」と称えられたが、結婚後夫から詩作を禁じられ、夫から病をうつされた末、自ら命を絶った。(3月10日 今日は何の日~毎日が記念日~

金子 みすゞ(かねこ みすず Misuzu Kaneko、1903年(明治36年)4月11日 – 1930年(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。本名、金子 テル(かねこ テル)。大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴ったとされる。1923年(大正12年)9月に『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載され、西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された。 作品 / 代表作には「私と小鳥と鈴と」や「大漁」などがある。仙崎は古くから捕鯨で成り立っていた漁師の村であった。鯨に対する畏敬の念から鯨墓が存在する。金子みすゞは鯨の供養のために、鯨法会をする地域の慣わしに感銘し「鯨法会」という作品を書いている。自然とともに生き、小さないのちを慈しむ思い、いのちなきものへの優しいまなざしが、金子みすゞの詩集の原点とも言われ、「お魚」「大漁」などに繋がっている。 音楽化と詩の広まり / みすゞの詩は元々曲をつけられることを想定したものではなかったが、詩作への評価の広まりと共に、童謡・歌曲・合唱曲として中田喜直、池辺晋一郎、吉岡しげ美、 李政美、沢知恵、野田淳子、石若雅弥を初めとする作曲家や歌手によって広く作曲されている。西村直記、大西進のように、全ての詩に付曲した者もいる。2006年12月には「私と小鳥と鈴と」の詩に、作曲家の杉本竜一が曲を作り、テノール歌手新垣勉がアルバム「日本を歌う」内で発表している。この楽曲は、その年のNHK「みんなのうた」でも放送された。みすゞと同郷の歌手ちひろは、金子みすゞの詩の50編近くに作曲し歌っており、2004年から2010年の間に、1stCDアルバム『わたしと小鳥とすずと』、2nd『星とたんぽぽ』、3rd『大漁』、4th『花のたましい』、ベストアルバム『私と小鳥と鈴と』と『明るいほうへ』をリリースしている。(金子みすゞ – Wikipedia

金子みすゞ(かねこみすず、100309 Misuzukaneko)は小惑星帯の小惑星。愛媛県久万高原町の久万高原天体観測館で中村彰正が発見した。大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人金子みすゞから命名された。(金子みすゞ (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

金子みすゞ記念館 – 長門市ホームページ

関連エントリ

金子 みすゞ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫:

小惑星 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

「キッチン木の実」(置戸町障害者活動拠点施設)

1200px-Nara_Park01bns3200.jpg

「キッチン木の実」(置戸町障害者活動拠点施設)

「置戸町くらしサポートたちつてと」(NPO法人)

楽しく、助け合い
地域のみなさんとの
つながりを大切に
手作り、安心にこだわり
ともに暮らしを支える町づくりをめざします

「キッチン木の実」(置戸町障害者活動拠点施設) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

メールマガジン第337号(北海道から)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第337号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

メールマガジン第337号(北海道から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1 2 3 いろいろの数え歌

51ILfK5tQjL__SL500_AA240_.jpg

池田綾子のブログ: 本日10月1日、NHKみんなのうたで「数え歌」の放送が始まりました! 丸い世界に言葉や国を超えて、みんなで生きている今日を感じてもらえたらとても嬉しいです。(2008/10/01)
美幌音楽人のコメント: イランカラプテ! 池田綾子/数え歌(みんなのうた)本当に綺麗な声ですね。世界中の人に聴いていただきたいなあと思いました。(2008/10/20

いち、に、さん(日本語) 数えるだけで歌になる
ワン、トゥー、スリー(英語) あなたの声が歌になる
 「世界中にある数を 一緒に歌えたらいいね」
イー、アル、サン(中国語) あなたの国の数え歌
アインス、ツヴァイ、ドライ(ドイツ語) 世界歌えばほら、笑顔になる

1 2 3 いろいろの数え歌 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

森繁さんありがとう さようなら森繁さん

F0763.jpg

2009-11-16-0.jpg

Keisatsu_nikki_poster.jpg

11月20日、森繁久弥さん(俳優96歳、10日死去)の葬儀告別式ファンによるお別れの会が東京青山葬儀所で行われた。会場では森繁さんの元気な歌声「知床旅情」が流れ、祭壇には天皇陛下から贈られた祭祀料や文化勲章が掲げられた。

森繁さんありがとう さようなら森繁さん の全文を読む

このページの先頭へ戻る

♪♪ たんじょうび ♪♪ おめでとう ♪♪

誕生日おめでとう!世界中のよい子に、お誕生日プレゼントをおくります。音楽のプレゼントです。世界中のよい子が安心して幸せに暮らすことができますように!ハッピーバースデートゥーユー(Happy Birthday to You)

♪♪ たんじょうび ♪♪ おめでとう ♪♪ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌高校+美幌農業高校=團伊玖磨

美幌町の美幌高校と美幌農業高校は平成23年4月に新設校としてスタートする。校歌(團伊玖磨作曲)と校章は美幌農高、校訓は美幌高のものを採用する。新制服と校名は検討中です。美幌農業高校校舎を使って統合する。

美幌農業高校校歌:川上忠雄作詞、團伊玖磨作曲
美幌農業高校校訓:「流汗悟道」(北海道家庭学校の創始者・留岡幸助
美幌高校校歌:高畑栄市作詞、加藤愃三作曲
美幌高校校訓:「汝自身を知れ」(ソクラテス) 

美幌高校+美幌農業高校=團伊玖磨 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る