びほーる の検索結果: 41 件

市民の声 平成の重大ニュース (北海道オホーツク管内)

市民の声 平成の重大ニュース (北海道オホーツク管内)

関連記事

市民の声 「平成」重大ニュース 2019/04/08掲載(網走管内/社会)
新元号が「令和」に決まり「平成」の時代がいよいよ4月末で幕を閉じます。この30年を振り返って思い浮かぶ、あなたにとっての平成の重大ニュースは? 市民の声を集めてみました。
携帯電話の進化に驚き / 携帯電話の登場は昭和ですが、一般に広く普及したのは平成に入ってからだったと思います。そこからの進化は驚くばかりでしたね。 私が最初に手にしたアナログ式の携帯電話は、モノクロ液晶画面にカタカナの名前と電話番号しか表示できず、その少し前に流行った電子手帳より表示能力は劣っていました。でも、エリア内であればどこでも通話ができるのは本当に便利だとよろこんだものです。 それからデジタル化を迎え液晶がカラーになりカメラや音楽再生機能がつくなど進化を遂げ、ついにはスマートフォンが登場。今や生活になくてはならないものになっています。 そんな携帯電話が新元号「令和」の時代に、どんなふうに発展していくのか楽しみで仕方ありません。(北見市・40代・男性)
駒大苫小牧高の甲子園初優勝 / 駒大苫小牧高校が北海道勢として初めて優勝した平成16年夏の甲子園大会が忘れられません。 東北以北の代表の優勝がなかったため、白河の関を越えないとされていた甲子園での大会。私も甲子園を目指していましたが遠い道でした。そんな中、優勝旗が一気に津軽海峡を渡ったのだから感無量でした。 しかも、送りバントでランナーを着実に進める、豪腕投手が打者を凡打に打ち取るというチームではなく、打たれたら打って点を取るチームカラーに衝撃を受けました。 決勝の相手は愛媛県の済美高校。壮絶な打撃戦の末、13-10で栄冠を手にしました。 17年に2連覇を達成。18年は東京の早稲田実業に引き分け再試合で敗れ、3連覇はなりませんでしたが、多くの人に勇気と感動を与えました。(北見市、60代・男性)
旅行中に改元 / 昭和64年に家族旅行に行き、帰宅した時には、平成元年でした。1月7~8日の出来事は今でも鮮明に覚えています。 平成の約30年の間に中学生→高校生→大学生→社会人となったので「平成」は私にとって、激動の“時代”でした。 「令和」の時代は、どうなるのでしょうか? 期待と不安が入り混じっています。(北見市、40代・男性)
ラグビーワールドカップ日本開催決定 / 高校時代にラグビーに打ち込んでいたこともあり、ラグビーのワールドカップが日本で開催されることが決まった時は、衝撃を受けました。 平成を振り返ると、サッカーのワールドカップの日韓開催も、東京オリンピックの開催決定もあり、スポーツの大きいニュースが相次いだなぁと思います。「こんなビッグイベントが自分の世代のうちに開催されるなんて、幸せなことだ」と思うと同時に「日本ってすごい国なんだな」と実感しています。(北見市、40代・男性)
「ばあば」になりました / 「おばあちゃん」になれたことが私のニュースです。30歳を過ぎても実家暮らしだった息子と娘。結婚しないのか…と諦めていましたが3年前に2人立て続けに結婚しました。子ども達の結婚は我が家の大ニュースとなったのですが、娘はその後、出産し、初孫を抱くことができました。 同窓会で顔を合わせる友人達は「孫は目に入れても痛くない。特別よ」と口をそろえて言っていましたが、見るたびに成長していく孫の姿は、まさに友人達の言う通りで、ばあばはメロメロです。 新元号となる新しい時代に、2人目の孫に会えたらうれしいです。(北見市、60代・女性)
インターネットの進化 / 様々な思い出のある平成の30年間ですが、中でもインターネットの進化をリアルタイムで感じられたのは貴重な経験でした。 インターネットが普及し始めた平成初期のモデムは通信速度がやたらと遅く、画像を一枚ダウンロードするだけで何時間もかかったものです。サイト検索機能も発達しておらず、本でアドレスを調べて目当てのホームページにアクセスするという二度手間を強いられていました。 それが今やIoTや5Gの時代です。平成とは、まさに「ネットの時代」と言えるのではないでしょうか。(北見市、50代・男性)
「びほーる」の名付け親に / 私にとっての平成のニュースは、美幌町民会館「びほーる」の名付け親になったことです。当時は札幌に住んでいて、出身地の美幌町のホームページで名付け親募集を知り、応募しました。選ばれた時はとても驚きました。 地元に戻ってきてからの2、3年は、会う人会う人に名付け親のことで声を掛けられ、うれし恥ずかしかったですね。 名付け親としてネームプレートも作っていただきました。一生残っていくものなのでとてもうれしいですし、自分が住んでいる町のことに関われて誇りに思っています。(美幌町、30代・男性) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

2018年 平成から次の時代へ – 美幌音楽人 加藤雅夫

団塊の世代について – 美幌音楽人 加藤雅夫

平成の重大ニュース の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アクティブシニアセミナー (北海道美幌町)

Topvoter2.jpg

アクティブシニアセミナー (北海道美幌町)

関連記事

21、28日・60歳以上対象にセミナー 2019/02/15掲載(美幌町/告知) 美幌町民会で / 心と体の「げんき!」引き出そう / 60歳以上の美幌町民を対象にしたアクティブシニアセミナー「心と体の“げんき!”を引き出す2つの秘密」が21日と28日(ともに木)午後1時半から町民会館で開かれる。 21日は浄土宗善立寺住職で美幌町教育委員の加藤哲彦(てつげん)さんが「心の健康」をテーマに講話。28日は「体のげんき!」がテーマで、講師は公益財団法人日本3B体操協会公認指導者の渡邊香織さん。ともに参加無料。定員は15人ほど。申し込みは18日までに主催の町教育委員会社会教育担当(0152・73・4187)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

アクティブシニアセミナー~心と体の元気を引き出す2つの秘密~開催します! | 美幌町ホームページ

美幌町民会館「びほーる」 | 美幌町

北海道バリアフリーマップ 美幌町

関連エントリ

美幌町教育委員会主催のアクテブシニアセミナー初開催 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アクティブシニアセミナー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ピアノのレクチャー&コンサート (北海道 美幌町)

bunka.gif

ピアノのレクチャー&コンサート (北海道 美幌町)

関連記事

ピアノのレクチャー&コンサート(美幌町/告知) 美幌町民会館びほーるで 名曲で綴るスタインウェイの魅力 / 12月15日 / 9月に美幌町民会館びほーるに導入されたピアノのレクチャー&コンサート「名曲で綴るスタインウェイの魅力」が15日(土)午前11時から、びほーるで開かれる。 主催は実行委員会。講師は北見市出身のピアニスト川染雅嗣さん。川染さんはびほーるのピアノ導入に当たり、ピアノの選定を担当した。入場料は一般千円、高校生以下500円。 前日の14日(金)午後3時からは公開レッスンも実施。見学は無料だが整理券が必要。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

美幌町民会館「びほーる」 | 美幌町

関連エントリ

フルコンサートピアノ(美幌町民会館びほーる) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第26回 美幌町吹奏楽フェスティバル

bi_bo.jpg

第26回 美幌町吹奏楽フェスティバル

関連記事

美幌町吹奏楽フェス(美幌町/告知) 町民会館びほーるで / 12月9日 / 第26回美幌町吹奏楽フェスティバルが12月9日(日)午後1時から町民会館びほーるで開かれる。 主催は実行委員会。美幌小学校金管バンド、東陽小学校ブラスバンド部、美幌中学校、美幌北中学校、津別中学校、美幌高校の各吹奏楽部、美幌吹奏楽団の計7団体が出演。出演者全員の合同演奏では客演指揮者を迎え、行進曲「双頭の鷲の旗の下に」(ワーグナー)などを披露する。 入場料は一般千円、小中高生500円。問い合わせは美幌町吹奏楽育成会事務局(TEL 0152-73-2345)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

関連エントリ

美幌町吹奏楽フェスティバル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町 文化功労者 (美幌町文化連盟)

bi_bo.jpg

北海道美幌町 文化功労者 (美幌町文化連盟)

関連記事

2018年 (平成30年) 美幌町文化連盟表彰者

文化功労賞 / 関美惠子 平成13年11月に華道家家元池坊関社中いけはな教室開設以来現在までの17年間にわたり伝統文化の継承及び全町的なボランティア活動としていけはなの指導を行い、文化振興に多大な貢献をした。

特別賞 / 美幌小学校金管バンド・東陽小学校ブラスバンド 平成30年9月22日 苫小牧市総合体育館で開催された第37回北海道小学校バンドフェスティバルにおいて美幌小・東陽小合同バンドとして出場し、4度目の金賞を受賞した。

優秀賞 / 美幌吹奏楽団 15年連続で北見地区代表となり、平成30年9月2日 札幌コンサートホールKirtara大ホールて開催された第63回北海道吹奏楽コンクール職場・一般小編成の部に出場し金賞を受賞した。

優秀賞 / 北中学校吹奏楽部 平成30年8月30日から9月2日に札幌コンサートホールKitara大ホールで開催された第63回北海道吹奏楽コンクール中学校C編成の部に出場し金賞を受賞した。

優秀賞 / 美幌中学校吹奏楽部 平成30年2月17日札幌市民ホールで開催された第49回北海道アンサンブルコンクールに金管8重奏として出場し金賞を受賞した。

美幌で3日間の文化祭(美幌町/行事・文化)展示や芸能発表たん能 / 美幌町の第69回文化祭(美幌町文化連盟など主催)が2日から4日まで美幌町民会館で開かれた。大勢の町民が展示や芸能発表を通じて文化にふれた。 絵画や生け花など30以上のサークルや団体の作品が町民会館やびほーるロビーに並び、訪れた町民らが鑑賞。町民会館には美幌茶道連盟の呈茶席が設けられ、多くの人がゆったりと茶を味わった。 3、4日の午後はキッズダンス、フラダンス、日本舞踊など合わせて28の芸能発表が行われ、子どもからお年寄りまで幅広い世代が訪れた。 3日は文化連盟の表彰が行われ、4団体が特別賞、優秀賞を受賞した。受賞団体は次の通り。 【特別賞】美幌小金管バンド・東陽小ブラスバンド(北海道小学校バンドフェスティバル金賞) 【優秀賞】美幌吹奏楽団(北海道吹奏楽コンクール金賞) 北中吹奏楽部(北海道吹奏楽コンクール金賞) 美幌中吹奏楽部(北海道アンサンブルコンクール金賞)(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌町表彰規則

美幌町文化連盟加盟団体 | 美幌町

美幌町文化連盟ホームページ

関連エントリ

関美惠子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌小学校金管バンド の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

東陽小学校ブラスバンド の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌吹奏楽団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北中学校吹奏楽部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌中学校吹奏楽部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町文化連盟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町文化賞 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭

Taisho_goto.jpg

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭

写真は、1984年 (昭和59年) 第35回美幌町文化祭に初出演の美幌町明和大学大正琴クラブ。美幌ギターマンドリン協会と共演。

関連記事 (プログラムより)

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭 11月2日(金)~11月4日(日) / 展示発表 (美幌町民会館2階・3階中ポール びほーるギャラリー他) 11月2日(金)~11月4日(日) / 芸能発表 1部 (町民会館びほーる) 11月3日(土) 主に邦楽発表 11時30分開場 正午開演 / 芸能発表 2部 (町民会館びほーる) 11月4日(日) 主に洋楽発表 13時30分開場 14時開演 / 第13回道民芸術祭 北見地区芸能祭(舞台部門) 11月3日、4日 舞台発表 / 主催 / 美幌町 美幌町文化連盟 美幌町教育委員会 主管 / 美幌町文化連盟 後援 / 北海道新聞社 美幌新聞社 経済の伝書鳩 / 「びほーる」ご利用のお客様へお願い 「びほーる」内での飲食及び写真、ビデオ撮影は禁止です。ご理解とご協力をお願いいたします。

芸能 第1部 11月3日 町民会館びほーる 正午~午4後時 / 出演者/ 大正琴 アンダンテ / 民謡 明治大学民謡クラブ・民謡声友会 / 民謡 民謡声友会 / フラダンス レイ・アロハ・フラ美幌 / 吟詠 吟舞 日本國風流詩吟吟舞会美幌第一支部 / 剣詩舞 聖月流日本吟剣詩舞道会美幌支部 / 日本舞踊 藤間勘喜美会 / 日本舞踊 藤間作智社中 / 歌謡曲 美幌カラオケ連合会 / 歌謡曲 美幌歌謡連合会 / 歌謡曲 はまなす歌謡クラブ / 表彰式 / 挨拶 美幌町文化連盟会長 美幌町長 / 休憩 / 民謡 美幌三絃孝泉会 / フラダンス レイ・アロハ・フラ北見 (道民芸術祭・北見市) / 民舞 中山流民俗舞踊 中山せきれい会 / 日本舞踊 藤間流 芳美代会 / 日本舞踊 藤間流 藤光会 / オリジナルダンス ガールズコレクション2018 / 和太鼓演奏 美幌峠太鼓保存会 / キッズジャズ・バレエ バレエキッズジャズサークル FACE (ファス) / 第2部 11月4日(日) 町民会館びほーる 午後2時~午後5時 / 琴演奏 創明音楽会 芳游会美幌 / 混声合唱 合唱団アダージョ / うた・ピアノ演奏 ドルチェの会 / 女性合唱 女性コーラス虹 / 男性合唱 男性合唱団美幌グリー / 合唱 おけとコーラスサークルそよかぜ (置戸) / オカリナ 音楽愛好会きずなオ カリナポポロン (津別) / チアダンス TFAチアダンス / 吹奏楽 美幌吹奏楽団

展示 11月2日(金)~11月4日(日) 美幌町民会館2階会議室・3階中ポール びほーるギャラリー他 午前9時~午後7時(4日は午後5時まで) 呈茶席 11月3日(土) 午前9時~午後3時 美幌茶道連盟のみなさま / 展示出品者 / 木工おもちゃクラブ / 木工さわやかクラブ / ステンドグラスサークル / ロマンドールサークル / 手作りの会 WAKU WAKU / 明和大学手芸クラブ / バルーンパーティ / 絵手紙ぴぽろ / 明和大学絵手紙クラブ / 明和友の会絵手紙クラブ / クレヨン散歩 / 絵画サークルスペクトル / びほろ動物絵同好会 / 美幌高等学校美術部 / 佐藤せつ和紙ちぎり絵 / 押し花サークル / 深雪アートフラワー / 明和大学書道クラブ / 美幌臨書研究会 / 美幌書道連盟 / 明和大学写真クラブ / シルバー写真クラブ / 美幌フォトクラブ「峠」 / 北海道美幌高等学校写真部 / 明和OB華道クラブ / 草月流いけ花芸術グループ / 華道家元池坊関社中美峰会 / MOA美術館光輪花クラブ / 美幌地域訪問看護ステーション / 新町・あさひシルバーハウジング利用者一同 / すろー・らいふ美幌入居者・利用者一同 / アサヒディサービスセンター利用者一同 / ディサービスセンターみんと美幌利用者一同 / 児童センター利用者一同 / 明和大学園芸クラブ / 個人出展 / 美幌小学校児童 / 東陽小学校児童/ 旭小学校児童 / 美幌中学校生徒 / 北中学校生徒 / 美幌高等学校生徒 / 明るい家庭づくり絵画コンクール入賞作品

平成30年 美幌町文化連盟表彰者 / 文化功労賞 関美惠子 / 特別賞 美幌小学校金管バンド・東陽小学校ブラスバンド / 優秀賞 / 美幌吹奏楽団 北中学校吹奏楽部 美幌中学校吹奏楽部

美幌で3日間の文化祭(美幌町/行事・文化)展示や芸能発表たん能 / 美幌町の第69回文化祭(美幌町文化連盟など主催)が2日から4日まで美幌町民会館で開かれた。大勢の町民が展示や芸能発表を通じて文化にふれた。 絵画や生け花など30以上のサークルや団体の作品が町民会館やびほーるロビーに並び、訪れた町民らが鑑賞。町民会館には美幌茶道連盟の呈茶席が設けられ、多くの人がゆったりと茶を味わった。 3、4日の午後はキッズダンス、フラダンス、日本舞踊など合わせて28の芸能発表が行われ、子どもからお年寄りまで幅広い世代が訪れた。 3日は文化連盟の表彰が行われ、4団体が特別賞、優秀賞を受賞した。受賞団体は次の通り。 【特別賞】美幌小金管バンド・東陽小ブラスバンド(北海道小学校バンドフェスティバル金賞) 【優秀賞】美幌吹奏楽団(北海道吹奏楽コンクール金賞) 北中吹奏楽部(北海道吹奏楽コンクール金賞) 美幌中吹奏楽部(北海道アンサンブルコンクール金賞)(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

美幌町文化連盟加盟団体 | 美幌町

美幌町文化連盟ホームページ

関連エントリ

美幌文化協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町文化連盟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町文化祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年の9月~10月 美幌町で開催される文化事業 (びほーる文化情報)

bunka.gif

2018年の9月~10月 美幌町で開催される文化事業 (びほーる文化情報)

関連記事

びほーる文化情報 / 美幌町で開催される文化事業 / 9月1日(土) -美幌町民会館オープン記念事業- 北守一生・西尾貴浩 ふるさとサックスコンサート / 9月11日(火) 手塚健旨(ギター)&高木洋子(ピアノ) ジョイントコンサート / 9月19日(水) -美幌町民会館オープン記念事業- 土田英順チャリティコンサート ~被災地へ届けチェロの響き~ / 10月23日(火) ケロポンズ ファミリーコンサー / ト10月25日(水) -スタインウェイピアノ導入記念- 清塚信也ピアノリサイタル (びほーる文化情報 | 美幌町)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

美幌町民会館「びほーる」 | 美幌町

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

フルコンサートピアノ(美幌町民会館びほーる) – 美幌音楽人 加藤雅夫

びほーる文化情報 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年9月1日(土) 改築オープン (北海道 美幌町民会館)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

平成30年9月1日(土) 改築オープン (北海道 美幌町民会館)

関連記事

美幌町民会館 9月1日オープン 新設で会館機能充実、災害に強い施設に / 新しい美幌町民会館が9月1日(土)にオープンする。小・中のホールや会議室など会館機能の充実に加え、自家発電設備、受水槽を設け、災害に強い施設に生まれ変わった。9月1日、19日(水)はオープン記念事業として美幌町芸術文化鑑賞事業実行委員会などによるコンサートが企画され、8月21日(月)には町民見学会も開かれる。1日、19日に記念コンサート 8月21日には町民見学会も / 町民会館は昭和44年の建設から46年が過ぎて老朽化。平成23年に実施した耐震診断では、耐震改修をしてもあと何年使用できるか分からないという結果が出たため、平成28年9月から全面改築工事を行ってきた。総事業費は13億1674万円で、過疎債で9割近くを占めている。工事は30年7月に完了。建物は鉄骨造地下1階地上3階建で延床面積2576平方メートル。約90人収容の小ホール、200人規模の中ホールをはじめ、会議室8室、配膳室、プレイルームなどで構成される。照明は全てLEDを使用。全館がバリアフリー構造で、エレベーターは2基設けた。防災面では自動火災報知設備と自家発電設備、受水槽に加え、毛布やジェットヒーター、石油ストーブ、投光器なども備える。9月1日は午前9時からオープニングセレモニー。午後6時半から小ホールで美幌町出身のサックス奏者の北守一生さん、西尾貴浩さんのコンサートを開く。前売券は一般2千円、高校生以下千円。町民会館など町内5カ所で扱っている。9月19日は午後6時半から中ホールでチェロ奏者の土田英順さんのチャリティコンサートを開催。入場無料だが整理券が必要。8月21日の町民見学会は午前10時、午後2時、6時半からの全3回。各40分ほどで、希望者は開始時刻の10分前に町民会館へ。問い合わせは町民会館(TEL 0152-73-4187)へ。(浩) (2018年8月16日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

美幌町民会館「びほーる」美幌町ホームページ

関連エントリ

フルコンサートピアノ(美幌町民会館びほーる) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町民会館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 おこと三絃教室 芳游会 (遊佐加津代)

Haniwa2.jpg

2018年 おこと三絃教室 芳游会 (遊佐加津代)

関連記事

芳游会箏の調べ inびほろ 9月8日 びほーる / 入場券を販売中 / 琴・三味線教室「芳游会」(遊佐加津代会主)=札幌市=の第4回「芳游会箏のしらべinびほろ」が9、月8日午後1時半(1時開場)から町民会館びほーるで開かれます。日本の伝統楽器の琴、尺八、三味線の素晴らしい音色が聴衆を魅了します。「芳游会」は昭和63年6月に札幌市に設立し、札幌市内で定期演奏会を開いています。平成27年の美幌町内および周辺地域の芳游会メンバーとびほーるで「箏のしらべコンサート」を初開催。以来毎年コンサートを開き、今年で4年目なります。今回は元STVアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの和久井薫さんをゲスト司会に迎え、「北海民謡調」「祭の太鼓」「春の海」などを演奏します。入場料は前売り、当日とも500円。高校生以下は無料。前売りチケットは町民会館、観照寺(美幌町)、遊佐さん(電話73-1233)で販売しています。 (2018.08.02 みつめて – 美幌新聞会社)

関連エントリ

芳游会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

遊佐加津代 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

bunka.gif

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

関連記事

美幌町芸術文化振興事業町民会館スタインウェイピアノ導入記念 清塚信也ピアノリサイタル / 若き天才ピアニスト清塚信也氏による待望のスタインウェイピアノお披露目コンサートです。超一流の奏者による最高峰のピアノ演奏をお楽しみ下さい。 (びほーる文化情報 | マイ広報紙)

コンサートグランドピアノ納品 美幌町民会館びほーるに 寄付や協賛金で導入費用の大半賄い / 10月の清塚 信也さんリサイタルでお披露目 / コンサートグランドピアノが3日、美幌町民会館びほーるに納品された。今後、調律、弾き込みなどが行われ、10月に開かれるピアニストの清塚信也さんのリサイタルが一般へのお披露目の場になる。ピアノは名門・スタインウェイ&サンズ社製で、奥行き2.74メートル、幅1.57メートル、高さ1.02メートル、重量480キロ。音色や音量に影響するとされる奥行きは、びほーるにあるこれまでのピアノに比べ20センチほど長い。導入費用は約2400万円。美幌町出身で東京都在住の会社経営者と匿名の各1千万円の寄付をはじめ、導入を求める町民有志の団体が集めた協賛金で大半を賄った。リサイタルは美幌町芸術文化公演実行委員会が主催。10月25日(木)午後7時からで、前売券3千円。8月11日午前9時から町民会館で町民に先行発売、13日午前9時から町民会館と沖田香露園で一般に発売する。(浩) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

グランドピアノお披露目(美幌町/社会・話題)美幌町びほーる 清塚信也さんリサイタルで / 繊細かつ重厚な音色響く / 美幌町が町民会館びほーるに導入したコンサートグランドピアノが10月25日、ピアニストの清塚信也さんのリサイタルでお披露目された。 ピアノは、町民有志の団体が導入を求めて協賛金の募集や署名活動を実施。協賛金148万円余りと1100人以上の署名を集めた。その後、美幌町出身で東京都在住の会社経営者と、匿名で各1千万円の寄付があったことから町が導入を決定。8月に納品され、弾き込みなどを経てこの日のお披露目を迎えた。 ピアノはスタインウェイ&サンズ社製。音色や音量に影響を与えるとされる奥行きは2.74メートルで、びほーるで使われてきた従来のピアノよりも20センチほど長い。 清塚さんのリサイタルには満員の約500人の聴衆が来場。「月の光」(ドビュッシー)などの曲を通じ、ピアノの繊細かつ重厚な音色を存分に楽しんだ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

清塚 信也(きよづか しんや、Shinya Kiyozuka、1982年11月13日 – )は、日本のピアニスト。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサル ミュージック。コンサート、テレビドラマや映画での吹き替え演奏といった活動を経て、2007年にアルバム・デビュー。コンピューターミュージックでアレンジされたクラシック曲や自身が作曲したオリジナル楽曲など、クラシックだけに偏らない幅広い活動をしている。演奏活動だけでなく、TVや雑誌等で多数紹介されている。略歴 / 2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介を演じ俳優デビューとなる。 (清塚信也 – Wikipedia)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

清塚信也オフィシャルサイト

関連エントリ

フルコンサートピアノ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清塚信也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shinya Kiyozuka の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る