お盆 の検索結果: 18 件

8月11日 山の日 (国民の祝日 日本)

800px-Red_Fuji_southern_wind_clear_morning.jpg

8月11日 山の日 (国民の祝日 日本)

関連記事

記念日 8月11日 / 山の日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する国民の祝日。2014年に「山の日」を制定する祝日法改正法が可決され、2016年から施行される。「海の日もあるなら山の日も」ということで制定運動が起こった。お盆前の8月12日とする予定だったが、日航123便墜落事故と同じ日であるとして反対され、8月11日とした。8月11日という日附に特に意味はない。 (8月11日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月11日 記念日・年中行事 / 山の日(日本) 2014年5月23日に改正祝日法が可決され、2016年より制定された祝日。趣旨は、山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。日本で8月の祝日制定はこれが初めてとなる。 (8月11日 – Wikipedia)

山の日は、2014年(平成26年)に制定された。祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第43号)」が2016年1月1日に施行され、8月11日は同年より国民の祝日「山の日」となった。2007年には「みどりの日」が5月4日に移動したことで4月29日は「昭和の日」に改称されたが、祝日の新設は1996年の「海の日」以来、20年ぶりとなる。この祝日が制定されたことで、祝日の制定がない月は6月のみとなった。なお、2020年は東京オリンピックの閉会式の翌日に当たる8月10日(月曜日)に変更される。 (山の日- Wikipedia)

関連エントリ

山の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

七月七日 七夕 (Tanabata)

Haniwa2.jpg

七月七日 七夕 (Tanabata)

関連記事

7月7日 記念日 / 七夕,七夕の節句 / 旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられた。これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされた。 (7月7日 今日は何の日~毎日が記念日~)

七夕(たなばた)は、中国、日本、韓国、台湾、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。歴史 / 日本 / 日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネが来た折に詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)又は『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」また、お盆の精霊棚とその幡から棚幡という。また、『萬葉集』卷10春雜歌2080(「織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長」)たなばたの今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年は長けむ など七夕に纏わる歌が存在する。そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある。日本では、雑令によって7月7日が節日と定められ、相撲御覧(相撲節会)、七夕の詩賦、乞巧奠などが奈良時代以来行われていた。またその後、平城天皇が7月7日に亡くなると、826年(天長3年)相撲御覧が別の日に移され、行事は分化して星合と乞巧奠が盛んになった。 (七夕 – Wikipedia)

Tanabata (Japanese: たなばた or 七夕, meaning “Evening of the seventh”), also known as the Star Festival, is a Japanese festival originating from the Chinese Qixi Festival. It celebrates the meeting of the deities Orihime and Hikoboshi (represented by the stars Vega and Altair respectively). According to legend, the Milky Way separates these lovers, and they are allowed to meet only once a year on the seventh day of the seventh lunar month of the lunisolar calendar. The date of Tanabata varies by region of the country, but the first festivities begin on 7 July of the Gregorian calendar. The celebration is held at various days between July and August. (Tanabata – Wikipedia)

関連エントリ

七夕 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tanabataの検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

サウジアラビア のサンドアートパフォーマンス

サウジアラビア のサンドアートパフォーマンス

関連記事

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

サウジアラビア サンドアートパフォーマンス Saudi Arabia sandart〜Friendship〜 by Karin ito – YouTube

関連サイト

伊藤花りん – YouTube

サンドアート Sandart | サンドアーティスト伊藤花りん公式ホームページ

サンドアーティスト伊藤花りん公式ブログ

伊藤花りん (@karin_ito) | Twitter

伊藤 花りん | Facebook

関連エントリ

日本とサウジアラビア – 外交関係樹立60周年記念 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ウクライナのサンドアートパフォーマンス

c

ウクライナのサンドアートパフォーマンス

関連記事

クセニア・シモノヴァ(Kseniya Simonova, ウクライナ語: Ксенія Симонова, 1985年4月22日 – ) は、ウクライナ・イェウパトーリヤ出身のサンドアーティスト。クセーニャ・シモノヴァと発音表記されることもある。 来歴 / 2008年、世界金融危機の影響で職を失ったことをきっかけに、砂で絵を描き始める。それから1年も経たない2009年、母国ウクライナのテレビ番組『ゴット・タレント (Україна має талант)』に出演。第二次世界大戦の間のナチス・ドイツに対するソ連の大祖国戦争の中の人生をサンドアートでパフォーマンスを行い、番組で優勝。賞金として100万フリヴニャ(12万5千米ドル)を獲得した。YouTubeにアップロードされたこのパフォーマンス映像は、全世界で5,000万以上のヒットを受けた。これらの功績によって、サンドアートパフォーマンスという芸術の存在が、広く世界に知られることとなった。サンドアートパフォーマンスそのものは、1996年にフェレンク・カーコの手によってはじまった芸術分野である。 日本においても、音楽家の坂本龍一がTwitterにおいて高く評価したことや、2010年に歌手の阿部芙蓉美の楽曲「空に舞う」のPVに出演したことや、様々なTV番組で「ゴット・タレント」の映像が紹介されたことによって知られている。2012年1月に来日し、いくつかのイベントに出演もした。その際に、日本をテーマとした作品を披露。その映像はシモノヴァの公式YouTubeチャンネルで配信されている。(クセニア・シモノヴァ – Wikipedia

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

Kseniya Simonova – Sand Animation (Україна має талант / Ukraine’s Got Talent)

関連サイト

Kseniya Simonova – Facebook

関連エントリ

Kseniya Simonova の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

クセニア・シモノヴァ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の(七夕の)サンドアートパフォーマンス

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

中国の(七夕の)サンドアートパフォーマンス

関連記事

The Qixi Festival (Chinese: 七夕节), also known as the Qiqiao Festival (乞巧节), is a Chinese festival that celebrates the annual meeting of the cowherd and weaver girl in Chinese mythology. It falls on the 7th day of the 7th month on the Chinese calendar. It is sometimes called the Double Seventh Festival, the Chinese Valentine’s Day,[5] the Night of Sevens,[6] or the Magpie Festival. The festival originated from the romantic legend of two lovers, Zhinü and Niulang, who were the weaver maid and the cowherd, respectively. The tale of the Cowherd and the Weaver Girl has been celebrated in the Qixi Festival since the Han Dynasty. The earliest-known reference to this famous myth dates back to over 2600 years ago, which was told in a poem from the Classic of Poetry. The Qixi festival inspired the Tanabata festival in Japan and Chilseok festival in Korea. (Qixi Festival – Wikipedia

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

Sand Art Depicting Chinese Valentine’s Day – Qixi – YouTube

関連エントリ

沙画 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Sand art performance サンドアートパフォーマンス

1209969133.jpg

Sand art performance サンドアートパフォーマンス

関連記事

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(サンドアート – Wikipedia

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(サンドパフォーマンス – Wikipedia

関連動画


サウジアラビア サンドアートパフォーマンス Saudi Arabia sandart〜Friendship〜 by Karin ito – YouTube


Kseniya Simonova – Sand Animation (Україна має талант / Ukraine’s Got Talent)


Sand Art Depicting Chinese Valentine’s Day – Qixi – YouTube

Mother’s Day sand drawing / 沙画 母親節

関連エントリ

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の(母の日の)サンドアートパフォーマンス

1209969133.jpg

中国の(母の日の)サンドアートパフォーマンス

関連記事

沙画是一种由泼洒有颜色的沙以及其他粉状颜料到作品表面上形成固定或者不固定的图案的艺术。常见的材料还包括矿石,晶石以及其他天然或者人工合成的材料。不固定的沙画在世界各地的文化历史中有着悠久的传统,很多时候是仪式性的活动的,常常带着宗教或者治疗目的。(沙画- 维基百科,自由的百科全书

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

Mother’s Day sand drawing / 沙画 母親節

関連エントリ

沙画 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

どんど焼き(北海道 美幌神社)

10005_2.jpg

どんど焼き(北海道 美幌神社)

関連記事

どんど焼き 美幌神社で15日に
美幌神社で15日、「どんど焼き」が行われます。旧年中の縁起物などを焼いてその煙を浴びることで1年間の無病息災を願う小正月(15日)の火祭り行事です。 神社駐車場で午前9時から火入れを行い、正午ごろまで燃やす予定です。 どんど焼きできるのは、お札、お守り、神棚、門松、しめ縄などです。付属するビニールなどは家庭で処分してください。 ほかに、鏡餅、みかん、年賀状、盆提灯などか持ち込まれるケースがありますが、これらは環境保全の面からも、自宅での処分をすすめています。 詳しくは美幌神社(電話0152・73・2318)に問い合わせてください。(フリーペーパーみつめて 2018年(平成30年)1月11日の記事

左義長
左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる(後述)。日本全国で広く見られる習俗で。 内容 / 1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。 民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。お盆にも火を燃やす習俗があるが、こちらは先祖の霊を迎えたり、そののち送り出す民間習俗が仏教と混合したものと考えられている。 とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも言われるが、歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域ではそう呼ばれ、出雲方面の風習が発祥であろうと考えられている。とんどを爆竹と当てて記述する文献もある。これは燃やす際に青竹が爆ぜることからつけられた当て字であろう。 子供の祭りとされ、注連飾りなどの回収や組み立てなどを子供が行う。またそれは、小学校などでの子供会(町内会に相当)の行事として、地区ごとに開催される。 地方によって焼かれるものの違いがある。(Wikipedia ー 左義長

関連サイト

美幌神社 www.hokkaidojinjacho.jp

美幌神社 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌神社 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

「月遅れの 地蔵盆」 (8月24日、日本)

330px-Jizobon01.jpg

「月遅れの 地蔵盆」 (8月24日、日本)

“Jizo Bon of lag” (August 24, Japan)

「月遅れの 地蔵盆」 (8月24日、日本) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「あの頃の あばしり」 (網走市立図書館 企画展)

375px-Setsuko_Hara_in_Meshi.jpg

Portable_78_rpm_record_player.jpg

「あの頃の あばしり」 (網走市立図書館 企画展)
“Abashiri of those days” (Abashiri City Library Exhibition)

「あの頃の あばしり」 (網走市立図書館 企画展) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る