”Let It Be” の検索結果: 2 件

レット・イット・ビー(Let It Be)について

レット・イット・ビー(Let It Be)について

関連記事

5月8日 歴史 / 1970年 ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月8日 できごと / 1970年 – ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 – Wikipedia

『レット・イット・ビー』(”Let It Be”)は、イギリスにおいて1970年5月8日に発売されたビートルズの13作目にして同バンドが活動中に最後に発表されたオリジナル・アルバムである。また、同名映画のサウンドトラックである。(レット・イット・ビー – Wikipedia

「レット・イット・ビー」(Let It Be)とはビートルズが1970年3月に発売した22枚目のオリジナル・シングル曲かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。また映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲かつイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のタイトル曲。解説 / 名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。(レット・イット・ビー (曲) – Wikipedia

Let It Be is the twelfth and final studio album by the English rock band the Beatles. It was released on 8 May 1970, almost a month after the group’s break-up. Like most of the band’s previous releases, it was a number one album in many countries, including both the US and the UK, and was released in tandem with the motion picture of the same name. (Let It Be – Wikipedia

“Let It Be” is a song by the English rock band the Beatles, released in March 1970 as a single, and (in an alternate mix) as the title track of their album Let It Be. At the time, it had the highest debut on the Billboard Hot 100, beginning its chart run at number 6. It was written and sung by Paul McCartney. (Let It Be (song) – Wikipedia

img_index01.jpg

JohnLennonpeace.jpg

関連サイト

middle_1265988833.jpg

middle_1258902737.jpg

ブログ友達に励まされて | 心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

関連エントリ

レット・イット・ビー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

”Let It Be” の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Life Experience Through Music (音楽を通して人生を考える)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

伊賀音楽療法研究会からのメールマガジンです。(2014.6.12)

JMTSP アメリカ音楽療法だより (97)

Life Experience Through Music (音楽を通して人生を考える) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る