第1回美幌高校マラソン大会(峠チャレンジマラソン)

f24bca8084f75602f0f873ba09a761ce.jpg

今日(10月10日)は、体育の日。天下絶景の美幌峠で1日、美幌高校マラソン大会「峠チャレンジマラソン」が行われた。

美幌高の学校歌は、團伊玖磨が作曲されました(昭和27年[1952年]制定)。

音楽動画は、美幌峠 夏(jun1130bihoro)。

美幌高で「峠チャレンジマラソン」

統合後初、354人が力走
男子50キロ 女子38キロ

美幌高校のマラソン大会「峠チャレンジマラソン」が1日、町内で開かれ、男子183人、女子171人が、美幌峠を折り返してゴールの高校を目指す長い道のりに挑戦した。

統合後初めてのマラソン大会ということで、生徒達に大会名を募集し、前年度までの「強歩遠足」から改称した。男子が午前7時に峠の湯びほろを出発する50キロ、女子が午前8時に古梅の国道243号沿い駐車場を出発する38キロのコースに挑んだ。

峠の頂上に向かう長い上り坂では、多くの生徒が苦しんだが、先に峠を折り返した生徒と声を掛け合い、ハイタッチを交わすなどして励まし合っていた。

男子は2年の生徒が4時間2分37秒、女子は2年の生徒が3時間35分33秒で優勝した。(浩)

伝書鳩 2011/10/04掲載(美幌町/行事・教育) http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=55985

関連エントリー:
北海道美幌高等学校校歌
http://masaokato.jp/bihoro/binou

團伊玖磨没後10年に寄せて(びほろのコマキスト)
http://masaokato.jp/2011/05/17/004116
2011年春、美幌町に新しい高校が誕生します!
http://masaokato.jp/2011/01/11/011114

ソーシャルビジネスを考える散歩 in 美農ショップ
http://masaokato.jp/2011/02/23/190906
美農ショップの「美農牛乳」(美高ショップ)
http://masaokato.jp/2010/02/20/151137

汝自身を知れ(ギリシア哲学ソクラテス)
http://masaokato.jp/2011/04/27/083135
オホーツクの自然を守れ(美幌高校生)
http://masaokato.jp/2011/07/20/173049

ツイッター:

bihorokato_icon4.jpg

加藤 雅夫@bihorokato 北海道美幌町: みなさま、イランカラプテ!日本と世界の人々と共に“平和心”を大切に育てる事が私の願いです。Guitar Mandolin Music 美幌の音楽人 http://masaokato.jp

加藤 雅夫(bihorokato) on Twitter http://twitter.com/bihorokato

このページの先頭へ戻る

4 件のコメント

  1. 5f3c86d2-ce51-4ed2-8e89-98fe7638cb0c.jpg

    TKSS_1st Takaki Kobayashi

    デイリー TK 紙が更新されました! bit.ly/f5oLj8 ▸ 本日トップニュースを提供してくれたみなさん: @bihorokato

    bihorokato 加藤雅夫 より 2011 年 10 月 10 日 12:53

  2. 美幌峠の歌:

    歌のまち美幌町で、「美幌峠記念切手」が生まれた!
    http://masaokato.jp/2010/08/04/104243

    志賀貢作品集「美幌峠」「幻の美幌峠」の誕生秘話
    http://masaokato.jp/2011/01/29/133643

    2011 美幌峠まつり(北海道美幌町)
    http://masaokato.jp/2011/05/19/151538

    美幌音楽人 加藤雅夫 より 2011 年 10 月 10 日 22:50

  3. おまけ: 神秘の摩周湖

    加藤 雅夫 より 2011 年 10 月 10 日 23:15

  4. 美幌高生が「美幌豚とんとん焼丼」開発

    11月に「ごはんDE笑顔プロジェクト」出場へ
     「美幌豚」の飼育に取り組む美幌高校の生徒達が、この豚を活用するメニュー「美幌豚とんとん焼丼」を開発した。13日から期間限定で町内の店舗で提供される。
     開発したのは畜産班原料研究部会に所属する2、3年生計6人。多くの町民に美幌豚を味わってもらいたいと9月からメニューづくりを進めてきた。
     道内の郷土料理「ちゃんちゃん焼」を参考に、町内産の野菜をはじめサケの代わりに美幌豚を使い、同高校で生産・販売する「白樺味噌」をからめて丼に仕上げた。13日〜20日の期間限定で中華料理店「天上天」(町東1北2)で提供される。
     一方、この研究は8月20日に福島県で開かれた「ごはんDE笑顔プロジェクト」北海道・東北大会でみごと優勝した。地域を元気にする食べ物のアイデアやプロセスを競う大会で、この後さらに「全国高校生対抗!ごはんDE笑顔プロジェクト」大会ではこの丼を実際に発表し、試食も行うという。
     天上天の店主(43)は「よい仕上がり。全国大会でもいけるはず」とエールを送っている。 (浩)

    伝書鳩 2011/10/12掲載(美幌町/話題・教育・経済)
    http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=56232

    加藤 雅夫 より 2011 年 10 月 12 日 17:08

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る